アナウンサーブログ

市脇 康平

市脇 康平Kohei Ichiwaki

詳しいプロフィール

プロフィール

生年月日
1975年6月24日
出身地
愛知県豊田市出身
入社年月日
2000年10月入社

担当番組

「ちかくナルナル なるちか!」(土 午後5:00~)
「らぶちゅちゅ」(木 深夜0:20~)
「交通安全ココワンTube♪」(木 午後6:55~)
「高校野球実況」ほか

軒下で見つけた秋2006年11月28日

きょうも自転車で通勤した市脇です。以前よりも少し暖かかったため、案外心地よいですね。
でも朝早かったり、夜遅いときはヒンヤリするため、愛媛FCオリジナル手袋の出番です(笑)。

先日、自転車を社内の駐輪場に置く時、いや、その前に。この駐輪場が飽和状態なんですわ。
私みたいに、急に思いついて自転車で通う奴がいるんで、出社が遅いと置くところがないっ!

隙間をつめたり、様々な工夫はしていますが、それでも満車状態なんで、たまに駐輪場の奥、
空いたスペースを見つけ、自転車を止めるようにしています(随分、出し入れが窮屈なのね)。

かなり遠回りをしましたが、そうそう、その駐輪場が一杯で、奥のスペースに入れる際、ふと
隣の敷地に建つ民家の軒下に、少し赤らんだ果実がぶら下がっているのを見つけたんです。

それは「干し柿」。まだ暖かいため、干し柿としての完成には程遠いのですが、それでも私は、
黒ずみカチカチの状態よりも、それに至るまで、つまり柿をつまむと、中がフニャとするくらいが
大好きです。しかも中を割ると、それはそれは艶やかな飴色をした果実が見えるのも素敵…。

実家で父親や母親が渋柿の皮むきをして、軒下に吊るした干し柿をちょいちょい「味見」と称し、
つまみ食いしていた頃を思い出しました。でも…わたしゃ、昔から食いしん坊やったんやなぁ。

ちょいと衝動買い気味2006年11月27日

CDショップで米米クラブのCDを買ったという話を先日しましたが、じゃぁその他はどうなの?
ってなわけで話を進めますが…もう本題ね。また明日とか言っておいて2日後ですしねぇ…。

まずはあの話題作、ビートルズの「LOVE」。これはオンタイムで知っている人にとってはホント、
賛否両論。私としては出るだけでも有難いと思うんですが、賛成も反対も気持ちは分かります。
ただ、今回はまだ全部聞いていないので、感想は機会があればということでお許し下さいな。

続いては、ゴズペラーズのニューアルバム。…あかん、タイトル忘れました。ちゅうか、只今、
私のポータブルCDプレーヤーに入っていまして…ちょいとお待ちくださいね。あ、これこれ。
「Be as One」です。いつ聴いてもいいね~ゴスペラーズは!カラオケで歌うのは無理だけど。

そしてキリンジ、久しぶりの新譜「DODECAGON」。ただショックなこともあり、新譜を買った日に、
なんと松山でのライブがあったんですねぇ~。他の用事があったために行けなかったのですが、
たまたま足を運んだ時に「11月24日ライブ!」なんてポップが貼り出されていて動揺しました。
7~8年前に名古屋で見て以来だったので、あの心地よいサウンドに乗ってみたかったですな。

その他1枚を買い、気がつけば福沢諭吉さんのブロマイド1枚などが財布から消えました(苦笑)。
でも、手元に残って、自分の気持ちを後押ししてくれたり、気分を高めてくれるわけですからね。
すべて自分への投資ですよ、投資です…って、言い聞かせています。

ロッソ昇格がほぼ消滅2006年11月25日

愛媛FCも残すところ、あと1試合となりました。次の試合は来月2日、三ツ沢で横浜FC戦です。
Jリーグも佳境ですが、JFLも大詰めを迎えております。今週末と来週末でシーズン終了です。

Jリーグ入りを目指すロッソ熊本は前節、Jリーグ昇格条件となる2位との勝ち点差が8でした。
佐川印刷に勝利を収めるものの、上位2チームも順当に勝ち星を重ねたため、3位以下が確定。
残念ながら、来シーズンからのJリーグ参加は、かなりの確率で難しくなってしまいました…。

JFLには通常、地域リーグ決勝大会の上位2チームしか参加できませんが、愛媛FCがJリーグへ
昇格したために、ロッソは空席を埋めるための3つ目の枠に滑り込んだ形で今シーズンがスタート。
ですから本来は想像以上に苦戦するのではないかと、個人的には考えておりました。しかし、
補強を進め、組織も整え、順調に前半戦を通過したと思ったのですが…。甘くなかったようですね。

そして、ロッソが通過した地域リーグ決勝大会1次ラウンドがきょうからスタート。熱心な愛媛FCの
サポーターのブログを見ると、「静岡対びわこ」の速報も。愛媛の10番、バズーカ砲の金子選手が
いるところじゃないですか!相手は東海リーグの古参ですからね、最後まで目が離せませんよぉ。
さらにはVファーレン(読み方「ヴィ・ファーレン」)長崎に移籍中の加藤選手も頑張ってちょうだい!

米米クラブ2006年11月25日

今年、米米クラブが復活しましたね。ライブは発売直後にソールドアウトって言うんですから、
まだまだ影響力はあるんですよね。私も行こうかと思ったんですが、売り切れてしまってはね。

私がまだ中学生の頃から聞き始めまして、当時はレンタルCDショップでCDを1泊2日で借りて、
同じ敷地内の電気屋で買った46分のカセットテープにダビングして、ラジカセで聞いていました。

何だかこの流れもそうですが、使っている電化製品も懐かしいですね。我が家ではナショナルの
「コロカセ」という赤くて四角いラジカセが活躍していました。一人暮らしを始めてからは、AIWAの
ダブルカセットデッキでCDプレーヤー付きを買いました。現在は電源の接触が悪くなったほか、
再生専用のデッキも動かなくなりました。今やMDも通過して、ハードディスクの時代だもんねぇ。

それはさておき、米米クラブ。私だけでなく、幼なじみの林くんもよく聴いていましたね。しかも、
林くんのお母さんも一緒にライブに出掛けるほどで、世代を問わず、受け入れられていましたね。
確か高校の文化祭で、米米クラブの曲も演奏したような気がします、何かは忘れましたが(苦笑)。

それから暫く聴いてなかったんですが、活動再開というニュースも聞きつつ、ライブに行けない…。
そんなところで、きょうCDショップに行ったら、過去のシングル集が並んでいたのを見つけ、つい、
買ってしまいました。すでに去年秋にリリースされていた「米~Best Of Best~」という2枚組。

中学から高校までの思い出が一気に蘇り、時間を忘れて半身浴してたらのぼせそうになりました。
まぁそんな内容です。最近CD買ってなくて自転車通勤で物足りなさを感じていたので、来週は、
このCDをヘビーローテーションさせていこうかなと思うとりますぅ。

追伸:実はきょう、そのほかにもCDを4枚衝動買いしてしまいましたが、続きはまた明日~♪

こんなんでましたけど2006年11月24日

広島に足を運んだときのこと、時間があったので、ちょいと雑貨店をのぞいてみることにしました。
松山も雑貨店はいくつかあるので、休みの日に自転車でぶらりと出掛けたりするんですけどね。

私が立ち寄ったのは広島駅からすぐ近く、少し前までは問屋街だった一角に建つ小さな雑貨店。
「私が店を開くまでは、別の方が商売をされていたようですね」とは、やや小柄な女性オーナー。

店内には皮細工やアクセサリー、ポストカードなど、地元作家が直接持ち込んでいるものも多く、
小さな店ではありますが、バラエティー豊かなアイテムが並び、見るだけでも楽しいものです。

そこで見つけたもの…。それは「1975年、広島カープが初優勝した時の陶器5点セット」でした。
店には、飲料メーカーの名前がプリントされた70年代~80年代の懐かしいコップもありましたが、
この一品については、それとはまた別の<異彩>を放っていました。

オーナーは「次の優勝の時、日本シリーズも行きましたよ」と語るほど、根っからのカープファン。
「他の荷物を買い付けに行った時、あと少ししかセットがなかったから全部買い占めました」とか。

私が<ドラゴンズファン>であることを正直に明かしたんですが、それでも快く譲ってくれました。
「いいですねぇ~ドラゴンズはしょっちゅう優勝できますからぁ」と軽いジャブをくらいながら(苦笑)。

ここまで引っ張ってきましたが、きっと皆さんが気になるのは「5点セット」の中身…ですよねぇ?
いずれもピッチングやバッティングなどのプレー写真とその選手のサインがプリントされています。

大皿に山本浩二、シチュー皿は衣笠祥雄、ご飯茶碗が外木場善郎、大下剛史のコーヒーカップ、
そして、湯飲みには古葉竹職監督が!球団承認マークあり!ど~ですか、お客さ~んっ!!

この5点で2800円(消費税込み)。隣の放送局のあの人、確か広島カープファンだったよな…。

カニ&カマ2006年11月23日

きょうは愛媛FCのホーム最終戦のため、昼前から県総合運動公園陸上競技場にいました。
冷たい雨粒が強風に乗って打ち付けるため、私をはじめスタッフは寒さに震え上がってました。

まるで去年のJFL最終戦のようで…。確かあの時は隣接する県立とべ動物園では雪が舞い、
私たちがいた陸上競技場ではひょうが降っていました。「俺が来ると嵐が来るぜ」と口にする
他局の先輩もいましたが(苦笑)。選手の皆さん、サポーターの皆さん、ホントお疲れ様でした。

そんなスタジアムでの昼食には、スタジアム近くの物産市へ。じゃこカツバーガーや新鮮野菜、
さらにはFC応援弁当なども並んでいますが、私はここで「巻き寿司」をチョイス!(280円ね)。

その蓋を開けようとした時、パッケージに貼られていた原材料に、ふと目がいってしまいました。
「へぇ~カニが入っているんだぁ。えっ…カ、カニ?でも280円だしなぁ…」と戸惑った次の瞬間、
次の行に目を移すと「カマ」の文字が。そう!これ「カニカマ」なのねぇ~って1人で驚いちゃって、
あまりにショックだったため、隣の座席に座っていた水口アナに、つい愚痴こぼしちゃっいました。

でも、「カニカマ」入りの巻き寿司、ボリュームがあって、旨かったです。

久しぶりの再会2006年11月22日

先週末から久しぶりの再会が相次ぎました。

16日夜は、大阪にいる大先輩と食事をしました。同じ業種でありながらも言葉を扱う立場として、
様々な調査や研究もされている方で学ぶことが多く、松山へ来られるのであれば~ということで、
さっそく瀬戸内の魚をツマミに耳を傾けておりました。楽しい時はあっという間に過ぎるのですねぇ。

翌日昼は、弊社の元・タイムキーパーと「ランチ+お茶」していました。同い年ですが2児の母です。
2000年入社ですが、私よりも半年早く入っていたこともあったんですが、とってもしっかりモノで、
私なんかよりもしっかりと。私の幼なじみに似ていたのも影響してか、すぐに親近感が沸いたなぁ。
会社のかつての同僚の話とか、思い出を聞いているだけで、また時間はあっと過ぎるのでした…。

さらに、翌日は、これまた名古屋にいる私の先輩が広島に来る!ということで、ご一緒することに。
「秋の宮島」観光に始まり、カキだの、つけ麺だの、お好み焼きだの、もみじ饅頭だのって、結局は
「食い道楽」になりました。美味しいものを食べていると、またまた時間はあっという間に過ぎますぅ。

さらにさらに、翌日は広島の地でアナウンサー仲間2人と再会。これまたお茶を飲んでいるだけで、
あっという間に時間は過ぎていくのでした…。活躍の場は離れても、あぁ仲間って素敵やわぁ(笑)。

以前このブログに書いたように、現在でも夜9時以降は食事を摂ることを控えております。
ただ、お客様を迎えたり、仲間と再会する場面で「食事控えてます」って言えませんよね。
相手によっては言った場合もありますが、上記の出来事ゆえに、しっかり食べました、ハイ。

もちろん、その分ウォーキングしたり、半身浴を繰り返したりと自分で言うのもなんですが、これ、
結構頑張りました。掟を破ったけど、1週間の体重はイーブン。元の体重はナイショですけどね…。

理想は何も気にせずガンガン飲んで食べて喋ることなんですが、気がつけば忘年会シーズンか。

何でしたっけ?2006年11月15日

早いもので今年もあと1ヵ月半となりました。こういう話の切り口も徐々に増えていくんでしょうね。
ただ今年の目標は一体何だっけなぁ?あんまり覚えてないというか、それより目標決めたっけ?

…たぶん決めてないなぁ。去年は月に2回映画を見るとか決めていたけど覚えないもん(苦笑)

みなさんの目標は何でしたか?その達成具合はいかがですか?

89と116…だったっけ2006年11月14日

これがゴルフのスコアなら大したもんですよね?いや、89なんて言ったら王監督もビックリだ!
(←背番号つながりなだけじゃん!)まぁ~そのスコアが何かというと、やはりゴルフじゃない。

「ボーリング、2ゲームのスコア」

…っておい!大学時代、これでもボーリング場でアルバイトしてたんだけどなぁ。半年くらいね。
しかも深夜営業の時はアルバイトの勤務時間が終わってからでも投げるくらい元気だったし、
そのころはダブルやターキーは当たり前だったのですよ!ノーミスなんてこともよくあったね!

…ってゆうても、事実が事実ならばですよ、ホント先ほどのコメントはみんな嘆きですわ、これ。
3年ぶりくらいにボーリングをつい先日したのですが、この出来のひどさに絶句しちゃいました。

それでも「…昔ボーリング場でバイトをしてたんだけど…」って言いかけたら周りが気を遣って、
「それ以上言わんでいいから」って慰められる始末(笑)。あったかい、ありがたい仲間やねぇ。

スコアはともかく久しぶりのボーリングの感覚って良かったですね。2ゲームしっかり投げて、
しっかり汗をかいてリフレッシュできた感じがしますよ。でも次が3年後だったらスコア半分か?

札幌戦での後半の猛攻2006年11月13日

J2の愛媛FCは先週末、札幌ドームで今季の対戦成績が2勝1敗のコンサドーレと対戦しました。
試合は後半17分、1点ビハインドから田中の同点弾が生まれましたが、その連携は見事でした。

左サイドでゆっくりボールを回していた愛媛、最終ラインの金守が前を向いてボールを持ったとき、
ボランチの石丸が縦に突進、最終ライン手前までダッシュしました。石丸をマークしていた選手は、
目前のボールに吸い寄せられた上、右SBの森脇も前を伺ったため、札幌の守りが乱れました。

金守からのパスを受けた石丸はゴールを背にしながら胸でトラップ。スペースへ走りこむ赤井に
パスを送り(正確には赤井が走り込むスペースに、ボールを置くような感じだったでしょうか?)、
赤井はDFとGKの間を通る低くて速いクロスを上げ、田中がドンピシャのタイミングで押し込む…。

文章で書くとややこしいのですが、それがとても綺麗な流れだったので何回も見てしまいました。
石丸選手もチーム最高齢ですけど(←あんまり言うと嫌われるのですが)、
前半も自らスペースへ飛び出したりして、元気なところを見せました。
あの姿を見せられると、若い選手もやらなきゃっていう気持ちになるんでしょうね。

特別背が高いわけでなく、他の選手に比べたら若さもないけれど、石丸選手のこのポストプレーは
華麗であり、パワーではない巧さも感じました。さすがベテランですね(←ここも突っ込まれるか?)

高萩選手が2試合欠場という中、次の湘南戦に向けて好材料となったのではないでしょうか。
気がつけば、残り3試合じゃないか~っ!(第51節はお休みのため)

冬といえば雪そして2006年11月 8日

けさは随分冷えましたね、昨夜一枚毛布を出しておいて正解でした。それでも寒かったけど(苦笑)。
そろそろ布団のぬくもりから抜け出すのに、勇気と時間が必要な頃になってきたように思います…。

冬といえば、やはり「雪」を思い出します。大学時代には夜行バスに揺られてスキーに行ったっけ。
小学生の時は親戚の家でデッカイ雪だるまを作り、高校時代は自転車で転倒しながら通いました。
(←雪に慣れていなかっただけ?!)

転倒は痛かったけど、幼い頃を中心に雪が降ると、それはそれは大いに喜んだものでした。
手袋を外してでも、その白いものに手を当て、投げたり、丸めたり…、あかぎれもやむなしですわ。

愛媛も6年目になり、以前より雪に接することは少なくなりましたが、今年はスキーでも行きたいな。

天皇杯サッカー4回戦2006年11月 6日

国内最古のトーナメント・天皇杯サッカーは4回戦が行われています(ジェフとアントラーズは8日)。

愛媛FCはJ1・横浜Fマリノスと対戦。選手たちは強豪を倒し、旋風を巻き起こすべく戦いました。
私も横浜に駆けつけ、激闘を目の当たりにしましたが、とても素晴らしいファイトだったと思います。

オシム代表監督も視察に訪れたこの試合、愛媛の選手が登場。そのままピッチ上練習に移らず
何とセンターサークルで、ホームのゴール裏へ一礼。すかさずブーイングは拍手に変わりました。

試合は立ち上がりから、金守選手がインターセプトをきっかけに、前線へ駆け上がるかと思えば、
相手との駆け引きで何度かオフサイドを奪い、田中選手や江後選手、菅沼選手の飛び出しから、
決定的なシーンを作り出していきました。高萩選手のコントロールも冴えていたように感じます。
南選手も頭からの出血にもめげず、井上選手もDFラインをフォローしながらボールをつないだし、
森脇選手も中へ切れ込む得意のドリブルからチャンスメイク…ここでは全てを書ききれませんっ。

初の4回戦となった愛媛は90分間スコアレスで延長戦へ、1分1秒が新たな歴史となります。
延長前半ロスタイムになってから、セットプレーで途中出場のマルケスに得点を許すまで0失点。
惜しくも敗れましたが、戦いぶりには感動すら覚えると敵将・水沼貴史監督は語ってくれました。

そういえば前半35分、コンパクトな布陣と前線からのプレスもあり、マリノスは組み立てができず
バックパスを選択すると、ゴール裏に控えているサポーターから叱咤するブーイングが鳴り響き、
困った挙句、中盤を省略して前線へフィードするものの、オフサイドトラップにかかる展開に…。

全員でしっかり守って、ボールを奪ったら素早く仕掛ける「いつものサッカー」ができていました。

しかし…眠いですゎ。それもそのはず、マリノスとの対戦に興奮していた私は、この試合の前夜、
なかなか寝付けず、睡眠に入ったのは午前4時。わずかに2時間しか寝ていなかったからです。
案の定、帰りの飛行機では、ちょっぴりいびきをかきながらの移動となっていたようです(苦笑)。

追伸:きのうのニュースで「ホントよく頑張りましたよね」ってな発言をしたのですが、本当ならば、
こう言いたかったんです。「実は前日、練習最後に全員でPK練習を一通りしていた。だからこそ、
PK対決までもつれ込んで、結果はどうあれ、さらなる歴史も作ってもよかったのでは?」とね…。
私は取材で走り回るくらいでいいのですが、選手はヘトヘトになるくらい頑張ってました、拍手っ!

ポール・モーリアさん死去2006年11月 4日

今から何年も前の話になりますが、我が家には白色のカローラがありました。ドライブには必ず
ラジオと音楽があったように感じます。思い出すのは、毎週日曜午前10時から放送されていた
「バックグラウンドミュージック」。そして、カセットデッキにいつもセットされていた白いテープ…。

父親がハンドルを握る隣、助手席に座って再生ボタンを押すと、車は「動く音の玉手箱」に変身。
「オリーブの首飾り」「エーゲ海の真珠」「涙のトッカータ」など珠玉の名曲が次々に流れました。

指揮者で作曲家のポール・モーリアさんが、母国のフランスで亡くなりました。81歳でした。
中でも「恋はみずいろ」をはじめとして、様々な名曲を世に送り出したことで有名な方でした。

大変な親日家で毎年のように来日していましたが、実は私が最初に出掛けたコンサートは、
ポール・モーリアさん。当時小学校高学年だった市脇少年ら、家族みんなで耳を傾けました。

オーケストラ=クラッシック音楽というイメージがあり、取っ付きにくい部分があったのですが、
彼の指揮するナンバーはクラッシックでありながらもポップであり、受け入れやすかったですね。
洋楽でありながら、メロディーを大事にしたアレンジが日本人に良かったんだろうなと思います。

今でも思い出すのは、舞台から流暢な日本語で挨拶をしていた物腰の柔らかいオッチャン。
それから、リズムに乗って体を揺らして指揮棒を振る「ノリのよさ」が目に焼きついています。

でも、あれから確かに時間が過ぎたなぁと感じました。ちょっぴり寂しい気持ちになりましたが、
彼が残した名曲の数々は永遠に生き続けるのです。また機会を見つけて聴いてみましょうか。

朝晩冷えてきました2006年11月 2日

朝晩めっきり冷え込んでまいりました。先月は全国的に日中の気温が2度ほど高かったのに。
さすがに半袖半ズボンで寝起きするには無理が来たようです…なんと見事に風邪引きました。

最近いただくメールなどには「朝晩冷えますのでお体をご自愛下さいね」なんて書くものの、
そんな私が喉をはじめ、節々に痛みを感じるようになりました。熱も出て会社の廊下をフラフラ。

それでも顔が焼けていたこともあり、幸か不幸か私の不調に気がつく方はごくわずかでして…。
川越アナやNデスクらのご配慮により、水・木の両日午前中は自宅で養生させてもらいました。

「あ~ぁ、あ、あ」昨日あたりからは節々の痛みは取れたのですが、それでも残る喉の痛みぃ。
痛くて痛くて飲み物を通すのもやっとですが、ただ食べないと倒れてしまうので食べます(笑)。

でも確かに減ったな、食べる量。最近軽量してみたら、この2週間で3.5キロ減っていました。
ただ以前から午後9時以降の食事を控え、先週まで必死に自転車通勤をしていたこともあり、
この減量の原因は風邪のせいなのか?それとも…?風邪からの完全復帰で分かるはずです!

アナウンサールーム

アナウンサー
坂口 愛美

■坂口 愛美

吉井 万結

■吉井 万結

大堀 結衣

■大堀 結衣

長廻 雅美

■長廻 雅美

大沢 寧工

■大沢 寧工

市脇 康平

■市脇 康平

村上 健太郎

■村上 健太郎

戸谷 勇斗

■戸谷 勇斗

月別ブログ

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • eatみんながカメラマン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • JA共済Presents えひめ農産品だより
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です