アナウンサーブログ

市脇 康平

市脇 康平Kohei Ichiwaki

詳しいプロフィール

プロフィール

生年月日
1975年6月24日
出身地
愛知県豊田市出身
入社年月日
2000年10月入社

担当番組

「ちかくナルナル なるちか!」(土 午後5:00~)
「らぶちゅちゅ」(木 深夜0:20~)
「交通安全ココワンTube♪」(木 午後6:55~)
「高校野球実況」ほか

年明けからまたも…2007年1月28日

私の2006年は年末にかけて災難続きでしたが、今度はついに個人パソコンが故障…。
会社のパソコンは快調なんですが、2001年秋に購入して、5年ちょっとで。あわわ。

ネットとメールしか使っていないので、酷使したとは思わないけどね。
そういえば、パソコンに限らず、そろそろウチの電化製品も見てもらった方がいいのかな?

今年2007年は32歳を迎え、女性は厄年といわれている年齢に差し掛かっていますが、
ひょっとしたら、おいらこそ厄払いが必要なのかいな?

味覚が記憶を呼び覚ます?2007年1月25日

お休みを使って近所を愛車(もちろん自転車)でフラフラしていたら、パスタ屋が目に入りました。
そのお店は何年も行っていなかったけど、ランチタイムサービス中だったので立ち寄ることに…。

「じゃぁ日替わりランチで…」

パスタとスープ、ミニサラダにドリンクが付くお得なセットでした。ボリュームもそこそこあったかな。
でも、本当に立ち寄ったのは、別の理由でした。

「その店がどんなパスタを出していたか?」

<アルデンテ>をイメージしていましたが、実際に出されたものをいただくと、ちょっと柔らかい…。
火が少し通り過ぎている感じでした。しばらく食べていると、あることを思い出しました。

「そういえば、以前柔らか過ぎたから<もうここには来ない>って決めたんじゃなかったっけ?」

食べてから気がつく愚かさ。でも味付けは嫌いじゃないから、また忘れた頃に立ち寄ってみよ~。

久しぶりのスキー2007年1月24日

先日スキーに行きました。まぁ何年ぶりだろうか…う~んっ、何年ぶりなんだろうかぁ(苦笑)。
それくらい久しぶりにスキーに行きました、私の場合はスノーボードでなくスキーなんですね。

そんでもって、最初は平坦なところで歩いてみました。…おっ、意外と覚えているもんじゃん!
そんでもって、続いてはかなり緩やかなところを滑ってみました。…おっ、これもいいかも?!
そんでもって、50メートルくらい坂を歩いて上り、滑ってみました。…結構いけるもんですね。

…こんな調子なんでリフトに乗るまで2時間かかりました。久々だったんで慎重だったんです。
それでもリフトは8回乗り、急な坂は八の字で(←レベルが低い!)山を降りてきましたよ~。

そういえば、我が母校(高校)の修学旅行は長野の斑尾高原スキー場でのスキー合宿でした。
その前は高校3年の夏登山だったらしいんですが、私たちは幸いにも2年冬でスキーデビュー。

全学年およそ480人がお揃いのゼッケンつきのレンタルウェアを着て、板を履くわけなんですね。
今思えば凄い集団だ!おかげで恥ずかしさなんて全く無かったから、ガンガンチャレンジしたな。

昔取った杵柄じゃないけど、今でも初級者コースならパラレルっぽい滑りが可能です、辛うじて。
それが証明できた(…でも証明してくれる人がいない…)何年かぶりの久々のスキーでしたぁ。
あぁ最後まで何年ぶりか分からなかったよ~ん。

愛知県で宇和海…2007年1月22日

地元に帰ったとき、以前から気になるお店があったので、家族で出かけて見ました。
その店の名前は…「宇和海」といいます。愛知県で、宇和海ってね。これいかに?

場所は国道1号線沿い、我がホームタウンの豊田市のお隣、知立市内にあります。
幹線道路沿いということもあり、店舗前にはかなりの広さの駐車スペースを備えています。

暖簾をくぐり、メニューを見ると、じゃこ天や鯛めし(やはり南予風で刺身を乗っける方ね)、
新鮮な海の幸をはじめ、四国の美味しいお酒もあり、見ているだけで時間が経ちます(笑)。

で、気になるお味は…う、旨いです。いや、んぅまいです(←よくわからん表現だが…)。
それもそのはず、お店の中にはデッカイ<生簀>があるから、それはもう納得ですね。

まさか地元に戻って、宇和海に出会うとはね。ちなみに、店長は西予市三瓶町の出身でした。

必勝祈願2007年1月21日

愛媛FCが毎年恒例の必勝祈願を松山市内の神社で行いました。
すると、地元中学生や園児らでごった返す盛況ぶり、14日のキックオフフェスタも凄かったけど!

私はお休みをいただいていたので、自宅から自転車で出かけました。サイクリングがてらで…。
ただし朝から寝坊したため、案の定、遅刻しましたが(涙)それでも来たことですでに満足(笑)。

「しょっちゅう来てました。ホント近いんでね」唯一徒歩で神社にやってきたのは大木選手でした。
お父さんにもお会いして挨拶させていただきましたが、地元中学生も注目のストライカーが帰郷。
「期待されているのはよく分かっているので、それに応えられるようにしたい」と語っていました。

「いやぁ多いですね。キックオフフェスタの時も多くてビックリしましたが、サポーターのためにも
頑張らなきゃね」とは新キャプテンの金守選手。「目指すは8位以内です」と気を引き締めました。

「去年は(Jリーグ昇格1年目で)緊張しましたが、今年は少しリラックスできたかな」と亀井社長。
昨シーズンの9位は我々の予想を上回りましたが、他チームも強化しているから、それに負けず
走るサッカーを目指して頑張りたい」と言いながら、全員がケガなく勝てるように祈っていました。

練習もさることながら様々なイベントを通して、開幕への道を辿っていることを感じさせてくれます。
望月監督もお守りを身につけて、シーズンに向けて1歩1歩進んでいく感覚を感じていたようです。

さぁ来週はいよいよ1次キャンプがスタート。
今年は去年より仕上げるピッチが早いと聞いていますから、置いていかれないようにしなきゃね!

強化育成部普及担当課長?2007年1月18日

つい先ほどまで県総合運動公園の多目的広場にいました。陽は差しますが、風が冷たいですね。
グラウンドにいたら、携帯メールが入りました。差出人は…加藤毅さんです、そう「カトゥー」でした。

C級ライセンス取得のため、静岡つま恋で5泊6日の合宿だったそうで、これがまた豪華メンバー。
三浦淳宏選手や柳沢敦選手ら元代表を含む35人で、実技や座学で大忙しだったそうですよ…。

「南宇和高校OBの吉村圭司さんと同部屋になったんで、愛媛の話ができて随分助かりましたよ。
自分の年齢は下から2番目だったと思うんですけど、凄いメンバーで。も~結構キツかったっす!」

でも、その甲斐あって、見事C級に合格したらしいですよ。まずは指導者の夢に一歩前進ですね。
加藤さんは今季から愛媛FCの強化育成部普及担当として、サッカー教室などに出向くそうです。

9時半からの午前練習にあわせてグラウンドにやってきたらしいのですが、少し遅れてきたため、
選手やスタッフからは「遅刻は罰金やで」なんていった声も飛んでいました。選手を辞めた今でも
突っ込まれキャラは健在だ!きょうもわざわざ挨拶しにきただけなのに、こんな手荒い祝福(笑)。

JFLや地域リーグといった他チームからのオファーがあったことも明らかにしながら、加藤さんは
「愛媛で成長させてもらったから恩返しがしたかった」と語りました。ホント、あんたカッコいいよ。
強化育成部普及担当は1人しかいないから、それじゃぁ私が課長に任命しましょう…なんてね。
たぶんクラブが認めないけど(苦笑)。

ノリさんが来てくれたら…2007年1月17日

プロ野球・オリックスの中村紀洋選手が着るであろう次のユニフォームがまだ決まりません。
本人はどこでも構わないと、強く現役続行を希望しているのですが、果たしてどうなるのか?

そんな中、四国アイランドリーグの石毛宏典さんが、ラブコールを送っていたことが明らかに…。
「四国ILは再チャレンジの場でもある。ノリがウチに来たいと考えているなら、ウエルカムだ」と。

お~いいですね。まだ決まったわけじゃないけど、あのフルスイングが見られるのであれば、
スタジアムに絶対、足を運びますね。まだまだ錆び付く選手じゃないし、そうなったらいいねぇ。

中村選手の株も必ず上がりますし、四国アイランドリーグの連中も刺激を受けること間違いなし。
集客も倍以上はあるでしょう…でも、いったいどこに所属すればいいの?愛媛ならいいけどねぇ。

うっ!でも、この話。ほとんど空想の世界でした(笑)。正夢ならいいけど。

ある担当者の思い2007年1月16日

ある日、サッカーを取材している担当者がこんなことを考えていました。
「愛媛FCに地元選手がいないから、これからどうやって応援したらいいんじゃろか」と言われて。

郷土のプロサッカーチームを支えるモチベーションの1つに挙げられるのが地元選手の存在です。
身近な存在ながらプロで活躍する姿に対し、損得勘定ナシに一喜一憂するのは分かりますよね。
できれば地元に縁がある選手が1人でも多く、愛媛で活躍するに越したことは間違いありません。
選手の側にとっても、投げかけられる声援は間違いなくパフォーマンスにつながることでしょう…。

ただ、プロとして結果を残さなければいけない状況では、なかなかそうもいかないのが現実です。
プロ野球を引退した新庄剛志さんは周囲から「スタンドプレートだ」と揶揄されながらも、めげずに
スタンドを沸かせようとする中で「結果が伴わなければダメ」と無理が利かない体を酷使していた
のを聞いたことがあります。ファンを大切にする気持ちは、出身地なんてものに縛られないんです。

ましてや、愛媛では若い世代が県外に流出する現状があります。やむを得ず愛媛を離れる人が
ほとんどなんです。環境さえ整えば、地元で仕事して、馴染みの友達とバカ話をして盛り上がり、
ちゃんと家族を養いながら、生まれた故郷とずっと一緒に結び付いていたいものだと思います…。

一方、サッカーという縁で、今年も愛媛にやってきた選手やスタッフがいます。彼らも自らの夢を
実現しようと、故郷を離れてやってきました。中には、高校卒業したばかりの若い選手もいます。
もちろん、彼らには自ら決断した道を貫いてもらうべく、愛媛で尽くしてもらいたいと思うのですが、
来てくれたわけですから、愛媛の人間として、できる限り温かく見守ってほしいなぁと思うのです。

「愛媛で育てて」選手を世界レベルへ送り出すのもいいですよね、高萩選手や菅沼選手のように。
「あいつらもさぁ、愛媛でやっていたんだよ」って言えるようになったら、いいなぁと思うんですがね。
その前に環境面や経営面、選手のセカンドキャリア等やらなきゃいけないこともあるんですけど…。

愛媛だけでなく、他県からも、世界からも支持される県民クラブになってもらえたらなと思うのです。

2007愛媛FCスタート2007年1月15日

昨日のキックオフフェスタに続き、いよいよ2007シーズンの愛媛FCが本格的に始動しました!

場所は県総合運動公園補助競技場。見慣れた場所ですが、やはりシーズン初めは緊張…?
緊張している選手はそんなにいなかったかな?多少硬い表情の選手もいたようですが(笑)。

「いや、あれは選手用の氷を作ろうと思って。別にね、走りたくなくなったとか疲れたじゃないの」
照れ笑いされていたのは、トレーナーの島崎勝行さんです。今年はマジらしいです(って何が?)
今年からはもう1人、新たにトレーナーを招いたので、マジになってもいいです!(って何が??)

それはさておき(←無責任な展開ねっ!)今日の初練習は1000メートルを8セットですわ!
そりゃ島崎さんも…って別に逃げ出したわけじゃないですもんね、仕事がありますからね、彼は。

走るだけの練習なんて結構退屈だし、かといって手を抜こうものなら性格がでちゃいますからね。
逆に「よし!」と思う選手はそれなりににじみ出ますからね、走るだけっていうのは撤回しなきゃ。

練習を終えた金守キャプテン…そうなんです。金守「新」キャプテン、井上「副」キャプテン体制に。
ちょいと心配するんですけど、川井光一「新」広報担当は「あいつは影響力ありますからね~」と
フォローを入れてきました。さすが、こうちゃん。ナイスフォローだっ!でもヒデトはどうなんかなぁ?

金守新キャプテンは、練習後の会見で「いつもは走るの嫌なんですけど、きょうは清々しいね」と。
ここんところ、彼がずっと何も言わず、チームの先頭に立ってストレッチとか始めるのを見ていると、
こうちゃん…失礼、川井広報のフォローも納得ですね。

「個人的には46試合出ましたが、あと2試合。全部出られるようになりたいです。チームとしては、
(1年目の9位を上回る)8位以上を狙いたいし、1年目にできなかったことを新しい選手と一緒に、
課題をクリアしていきたいですね」と何だか2年目が楽しみになっちゃう発言の数々でしたよぉ。

「2年目を迎えられて嬉しいです」と喜びを表したのは、3シーズン目の指揮となる望月監督です。
「去年は0からのスタートでしたが、今年は1から始められます。上積みを生かしながら、今年は、
去年より早く仕上げます。より主導権を握れるよう、ハードに練習します」と意気込みは十分です。

朝は冷え込みが厳しかったものの、日中は快晴。グラウンドの上空もずっと澄み切ったブルーに。
2007年、Jリーグ2年目の愛媛FCは、快調に滑り出しました。

オバ、ありがとう!2007年1月11日

昨日、愛媛FCからのプレスリリースがありました。
「小原光城選手 現役引退および湘南ベルマーレ強化部主務への就任のお知らせ」

「四国リーグ」時代からJリーグ昇格まで主に右サイドバックで戦ってきた小原選手が現役引退。
そして、地元・神奈川県に戻って、同じJ2に所属する湘南の強化部就任が決まったのです。

2000年から7年間、それこそサンパークの土の上(寒い季節はこれが凍って痛い!)から、
これまでチームを支えてくれたベテランです。また現在のようにプロ化されていないJFL時代は、
国体の成年男子サッカーで宮城国体準優勝などにも貢献。「愛媛の力」となってくれていました。

JFL時代、なかなか上がれそうで上がれなかった時、あの苦しい時代を知っているメンバーです。
だからこそ、愛媛のために頑張ってくれた。尽くしてくれた。今は感謝の気持ちでいっぱいです。

Jのピッチに立つことはありませんでしたが、いつも真面目に練習に取り組む姿勢がありました。
年下のプレーヤーからも冗談が絶えないくらいの会話が飛び交い、慕われている存在でした。

プロ化されて「プレーとしての結果」が求められる要素が強くなるほど、メンバーの入れ替えは
当然あります、地元プロチームの存続が第一ですから。でも、それだけじゃいけないわけです。

プロだから選手辞めたら次がないなんてことになれば、愛媛での存在意義が全くないのです。
それこそ「サッカーやっている間だけの付き合い」なんて、得られるものは少ないと思いますよ。

その意味では小原選手が次のステップに向けて踏み出せたことは1つ評価できると思いますし、
愛媛を離れるにしても、この土地を好きでいてくれると思うんですよね。多少お人好しでいいから
地域に支持されるクラブであってほしい、愛されるクラブでいてほしいなと改めて感じました。

小原選手、いや強化部主務は同じJ2湘南に所属です。ともに切磋琢磨できるのを期待しましょう!

通常営業再開しました2007年1月 8日

2007年も残すところ357日、早いもので今年も8日が過ぎました。いかがお過ごしでしょうか?
旧年中はホントいろんな方にお世話になりまして…また今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

年末年始は帰省しておりまして、31日夜には実家で「年越し蕎麦」をいただいておりました。
紅白を見ながらと言いたいですが、すっかり飲みすぎて、紅白のあのシーンを見逃しちゃった!
…いやいや、年越しは相棒に始まり、愛エプ、マグロなど、ちゃんと見てましたよ。うちの系列も。

そう考えると、地元でこれだけのんびりしたのも久しぶり。いや初めてかもしれませんね…。
おかげで?年末にかけて落とした体重は昨日の時点で2キロ増えてました(←誤差の範囲?)。

ただ、川越さんも随分と北海道で「食い道楽」だったらしいじゃない…お土産有難うございました。
非日常の時間と空間に身を委ねると、居心地が良すぎて。結構、社会復帰するまで大変ですね。

とりあえず当面の目標は「正月休みで増えた2キロを減らすこと」。今年もよろしくお願いします(笑)

アナウンサールーム

アナウンサー
坂口 愛美

■坂口 愛美

吉井 万結

■吉井 万結

大堀 結衣

■大堀 結衣

長廻 雅美

■長廻 雅美

矢端 名結

■矢端 名結

大沢 寧工

■大澤 寧工

市脇 康平

■市脇 康平

村上 健太郎

■村上 健太郎

戸谷 勇斗

■戸谷 勇斗

月別ブログ

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • eatみんながカメラマン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • JA共済Presents えひめ農産品だより
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です