アナウンサーブログ

市脇 康平

市脇 康平Kohei Ichiwaki

詳しいプロフィール

プロフィール

生年月日
1975年6月24日
出身地
愛知県豊田市出身
入社年月日
2000年10月入社

担当番組

「ちかくナルナル なるちか!」(土 午後5:00~)
「らぶちゅちゅ」(木 深夜0:20~)
「交通安全ココワンTube♪」(木 午後6:55~)
「高校野球実況」ほか

行く10月、来る11月2007年10月31日

大リーグは松坂や岡島が1年目からの活躍もあり、レッドソックスが世界チャンピオンに就き、
ますます日本人プレーヤーが注目されるきっかけにもなったかなぁ~と感じる今日この頃…。

今度は日本のポストシーズンが熱い!我がドラゴンズが、きょうファイターズを4対2で勝ち、
通算成績は3勝1敗!そうです、53年ぶりの悲願の日本一まで、あと1勝に迫りましたよ!

53年ぶりってね、簡単に言いますけど、私はもちろん生まれてないし、よく冗談で言うのは、
「次、日本一になる時はこの世にいないかもね~」ってこと。いやいや、ここからドラゴンズの
黄金時代がスタートするのです!…あぁ、まだ日本一になっていなかった。あすの第5戦は、
ファイターズがダルビッシュで来るだろうし、敗れたら北海道に戻るし、絶対に負けられない。

去年の悔しさを乗り越えて、リベンジの時を果たそうかと言うのですが、どうも愛媛にいると、
温度差を感じます。ま、別に悪い事をした訳じゃないから堂々としていればいいんでしょうが、
つい試合の事を口にしようものなら、ヒソヒソ話になってしまいます(涙)。

あ、明日の帰り。誰も話しかけないでね。まっすぐ家に帰って歓喜の瞬間を見たいから(笑)。

それでは10月に別れを告げて…来る11月が良きものとなりますように、合掌。

月曜日から喉がイタタタ…2007年10月24日

月曜日の朝、喉がチクッとするような感覚に襲われて目が覚めました。いかんですね、これは。
とりあえず、適度に湿度を保ちながら、少し汗を流すことにいたしました。そう、ウォーキングで。

大澤先輩は100メートルをあのタイムで走っていましたが、私は高校時代14秒もかかったで!
今なら…いや、この話は仮定するだけでも恐ろしい!よって、この話はここまでっ!ジャーン!

それで歩くこと1時間強、その後はゴルフの打ちっ放しも1時間半やって…これで少しくらいは、
体にキレが出てきたかな?え?切れてな~い?ま、所詮、始めて間もないから仕方ないっす。

今朝はいくらか喉の痛みは癒えたものの、今度はひどい鼻づまり。時折、水っぱなも出るっす。
だから、天気予報に例えれば「今日の鼻は全般的に詰まっていますが、時々水っぱなも…」。
いやいや、お食事中の方、大変失礼致しました。

さて、きょうは愛媛FCがアウェーで京都サンガ戦です(←おっと!強引に話を変えやがった)。
前節は草津に…といいますか、草津ホームスタジアムのキメの粗いピッチに苦しみましたが、
今夜はどうなか?さてさて、上位いじめと参りますか!

追伸:昨夕、市内で映画「エディット・ピアフ」観ました。シャンソン歌手の波乱万丈の人生が
綴られているわけですが、これを見ていたら、ジェーミー・フォックスが主演した映画「レイ」を
思い出してしまいました(見てない人は、DVDが先月発売されていますので、見てみよう)。

フランス映画ってあんまり見たことないんですが、ジャンルが音楽(…シャンソンはあんまり、
聴かない方なんですが…苦笑)だったので、軽い気持ちで見に行ったら見入っちゃいました。
レイのジェーミーも凄かったけど、このエディット・ピアフ役のマリオン・コティヤールも凄いな。

引き込まれちゃいましたね、音楽を奏でる体に幾つも刻まれた悲しい思い出。だからこそ、
聞く側は涙して、そして勇気をもらうんだろうなと。でも、あの人の人生は真似できません。
公式ホームページには彼女の年表もあるので、予習しておくと良いかと思われますぞ~。

さぁリベンジの時だ2007年10月22日

プロ野球セリーグ・クライマックスシリーズセカンドステージは我らがドラゴンズがジャイアンツを
3試合で退けて2年連続の日本シリーズ出場を決めました。リーグ制覇を逃した悔しさを晴らす
素晴らしい戦いでした。これでファイターズとの対戦が決まり、リベンジの時がやってきました。

それにしても、落合監督になってからの日本シリーズ出場する回数が増えましたね、それだけ
ドラゴンズが強豪として力を維持しているということなんでしょうね。能力があっても、ケガしたら
何にもならないし、力を発揮できない状態のままチームを去る選手だっているとは思うんですが
考えてみると、ホント凄いことですね。

そのチームを支える1人、我が母校の偉大なる先輩である岩瀬仁紀投手が今年も鉄腕ぶりを
発揮しています。以前専門誌で「ランナーだしてピンチを迎えながら抑えた翌日の新聞記事に
<ヒヤヒヤのリリーフ>とか書かれると、腹が立つんですよね」といった主旨のインタビューが
掲載されていました。

確かにバッターボックスに立つ打者は、3ボールカウントまで出塁させることはないし、走者が
すべての塁を埋めたとしても得点としては認められません。今年は敗戦投手となることもあり、
周囲が「今年は岩瀬の調子が今ひとつ」との評価を与えていても、岩瀬投手本人の頭の中は
いたって冷静なんだなぁと感じました。

ファイターズの投手陣は手ごわいですけれど、去年はたったの1勝止まりだったんですけれど、
少なくても最低2勝は…いやいや、CS5連勝の勢いでもって4勝を挙げて、昭和29年以来の
悲願の日本一になってほしいっす。

シンジテマシタ~2007年10月19日

プロ野球クライマックスシリーズセカンドステージ、パ・リーグは北海道日本ハムが連続制覇!
トレイ・ヒルマン監督はお立ち台で「シンジテマシタ~」ってでっかい声で叫んでいましたねぇ。
中継で見ていたら、あの質問に対する「シンジテマシタ~」って、噴出しそうになりましたが…。

あのチームがこんなに強くなるなんて誰が思ったんでしょうか?新庄が抜けてちょっと寂しい
チーム状態だったにもかかわらず、やっぱり去年蓄えたチーム力といいますか、それ以上に
守りの野球が定着しましたよね。

ダルビッシュはもちろん、武田やマイケルなどの投手陣も羨ましい出来ですよ…。東京から
移転して、本当に生まれ変わったんですね。故・近藤貞夫さんが率いていた頃から思えば、
この快進撃は未だに「シンジラレナ~イ」んですけどね(笑)。

その裏で我らが中日ドラゴンズは東京ドームで読売ジャイアンツと対戦。大方の予想を裏切る
先発・小笠原の好投、谷繁のタイムリー、シリーズ前に「半分の力でホームランね」と豪語した
ウッズも一発を放ち、最後はイニングをまたぎながら、鉄腕・岩瀬の好リリーフで締めくくるっと。

この調子で行けば去年のリベンジに向けて、着々と舞台が整いつつあるわけで嬉しいですね。
(そんなことよりも、昨夜はあのテレビ局の系列で我れらがドラゴンズの勝利、それから谷繁の
ヒーローインタビューを最後まで放映してくれたのも嬉しかったなぁ~)

そして第2戦はなんと!このテレビ朝日系列での生中継!あぁプレイボールまで待てません!

田村の謎2007年10月18日

先日、のびサタで松山市三津地区を訪ねた時、商店街にある料理店「田村」でお話を伺いました。
親父さんにかつての賑わいなどを紹介してもらって、三津のことについて勉強させてもらいました。

それはさておき…。実は料理店であるにもかかわらず、そこで紹介したのは夏季限定のカキ氷!
9月も終わりに差し掛かり、ギリギリのタイミングで、スライディングセーフでご紹介させてもらった
ソフトクリームがけを1ついただきました。今年は残暑が厳しかったから美味しさも一際でしたねぇ。

それはさておき…。この店の食事はとってもリーズナブル。定食もそこそこ充実しているんですが、
「やさいいため(上)700円」(上)って、どの辺が(上)なんでしょ。その他にも気になるメニューが
目白押しですが、その中に一際光るメニューがこちら!ズバリ「たむら丼」。店名と同じ丼っすよ!

そんでもって、ある休日。謎を解き明かすために、徹子さんがゲストの発言を遮って喋る昼下がり、
再び「田村」へ。すると、お母さんがお食事中でした(笑)。それでも収録の事を覚えていてくれて、
さっそく「たむら丼」のオーダーに応えてくれました。♪たむら丼~、たむら丼~、たむら丼~っ!

(しばし、徹子さんがゲストの発言を遮ってまくし立てて喋る様子をご想像しながらお待ち下さい)

き、きたー!お、ゆでエビ2尾がトッピングされています。そして、これは卵とじですね?なるほど、
お野菜と海の幸が卵とじされているのであります!ふんわり和風の味付けがお母さんの優しさと
オーバーラップして匂いも美味い!箸が止まらず、具がまと割りついたご飯をリードしていきます。

うん、ごちそうさまでした。今回も写真がなくて、ごめんなさい。気になる方は「田村」へどうぞ~。

追伸:きょうは健康診断で、バリウムを飲みました。バリウムを飲んだことよりも、飲んだ直後に、
診察台でグルグル回されるのが一番きつかった(涙)。健康維持のためだから、仕方ないけどね。

汚名返上?2007年10月17日

久しぶりにボーリングにチャレンジしました。かつて、このブログで89とか116とかいう数字が
掲載されたのを覚えていますか?…私はいつ書いたのか忘れましたけど「それ読みたいっ!」
という方がいましたら…すいません、ご自由にバックナンバーを気長に探してみてください(笑)

そんでもって、結論から言いますと、3ゲーム行いまして「126、162、117」という内容でした。
えっ、普通でつまらない?いやいや頑張りました、自分で言うのもなんですけど。2ゲーム目は
第3フレームまでスペアで拾いまくり、第4・第5フレームは連続ストライク。第8・第9フレームで
ミスが響いたものの、最終フレームでストライクとスペアで締め括り、ジャーン、160点超えだ!

ちょっと興奮したような文章書いてみましたが、今までがひどすぎたなぁ~(涙)まともにやれば
それくらいできるっちゅうことですね、はい。ただ、貸し靴が400円で、1ゲームが650円ってさ、
随分値段が上がったもんですなぁ(またまた涙)。4人くらいでワイワイやれたらいいんですけど、
なにせ1人で投げたもんだから30分で終わりました。意外と出費がかさんでしまい、残念っす。

追伸:今日の夕陽は昨日の夕陽よりも赤みが強く、映画で見るような、絵画で表現されるような、
そんな秋の夕暮れでした。夏の晴れた日とはまた一味違って、いいですね。明日も晴れかな?

大学OBとの出会い2007年10月15日

現在松山市のいよてつ高島屋で荒木淳一さんの個展が開催中です。荒木さんは千葉県出身の
洋画家で、イタリアなどを取材しながら作品づくりを行い、全国を巡回して個展を開いています。

土曜日の番組終了後、リサイクルに役立ててもらおうと、不要なスーツを持参した際に、6階の
美術画廊を訪ねました。実は荒木さん、私と同じ大学の卒業生。つまり大学の先輩なのです。
(年齢はちょいと離れているんですけど)

松山での個展は2年ぶり、会場にはヨーロッパの風を感じさせる作品が並んでいます。私自身
ベネチアとかフィレンツェが好きで、強い日差しを受けて鮮明に映し出される風景は見ていても
飽きないですね。最近は版画も始めたそうでして、会場の入口にはその作品も並んでいました。

さらに、このところはネクタイや小物などのデザインも依頼されるそうですが「これだけたくさんの
巡回展をする画家は私くらいかも」と言うほど、巡回展はもちろん、その機会に併せて、自らが
画商と共にファンのところへ出向いたり、それと平行して作品作りをしているため、1年中忙しい
とのこと。画家って、もっと優雅な、のんびりした生活かと思っていたので、ちょいと驚きました。

そんな中でも、最近始めたシリーズが「黒猫シリーズ」。ヨーロッパの街角に黒猫が佇む風景が
描かれています。見せてもらったのは、建物の上で満月に手を伸ばそうとしている黒猫を描いた
作品でした。これはフィクションではありますが、意外とありそうな風景に思わず顔が緩みます。

これまで風景画が多い中で、なぜ猫をモチーフにしたか訪ねたら面白い答えが返ってきました。
「実は今年の夏、暑かったでしょ。うちで猫を飼ってるんですけど、どうやらスイカが好きでして。
スイカをやると、これが美味しそうにペロペロなめるんです。別の日、たまたま冷やしたスイカを
置いていたら、そのスイカを切ってくれっていう仕草をしたんですよ。これがヒントになりまして…」

なるほど。確かにアトリエで猫がスイカを叩くようにご主人様に要求している様子をまとめても、
なかなか「絵になりません」よね。荒木さんらしいアレンジがなされているわけなんですね~。

荒木さんの個展は16日までなので、興味のある方は是非お急ぎお立ち寄りください。

初の3連勝!2007年10月14日

J2第45節、愛媛FC対モンテディオ山形が14日、県陸上競技場でありました。試合開始後も
雨が降るなどしたため、芝が水を少し含んだコンディション。ちょいと気がかりでしたけれども…。

「3連勝は最初から望んでいなかった。まずは試合が壊れないようにしたかったんですよ」とは、
試合後の望月監督のコメント。今シーズン、ケガ人が多いのはもちろん、この試合に関しては、
森脇選手や内村選手がカード累積で欠場。連携面で不安も残しての試合だったんですよねぇ。

内村に代わりFWで先発した三木は裏を狙う動きを頻繁に繰り返して、その間も守備を粘り強く、
シュートは0でしたが、献身的な動きが印象的でした。そして、前半33分、2トップを組んでいた
ジョジマールが相手トラップミスを突いての先制ゴール。後半もスペースへ飛び出したボールを
かっさらい、得意の左でミドルシュート。今季7得点ですでにチーム得点王ですよ、凄いですね。

その6分後には左CKから関根に変わって右SBに入った高杉がJ初ゴール!頭で決めました。
「5月23日の京都サンガ戦で大きなミスをしてから怖がっていたこともあったけれど、監督から
<思い切ってやってこい>と送り出されました」と語る表情は嬉しさに加えて(あまり慣れない
試合後の報道陣の囲み取材で)少しだけ強張っていたかな?

残念ながら終盤、山形にセットプレーから失点しましたが、去年からの対戦で初の山形戦勝利。
そしてJリーグ昇格後初の3連勝。「まだ歴史のないチームで、この試合は自信になるでしょう。
この勝利は大きいですね」と望月監督の試合後の会見はとても饒舌でした…。

次節は20日アウェーでの温泉ダービー、11位のザスパ草津戦です。4連勝なるか!

追伸:ホームゲームでの試合後記者会見は、愛媛FC事務局のJさんが進行役を行っています。
記者が挙手して順番に質問しますが、終了間際たまたまJさんと目が合った直後、突然の指名。

「はい、市脇さん。質問ないですかぁ~?」…おいおい、これまで指名ってあったっけ?あまりの
突然の出来事に動揺してしまい、「え?市脇さん、質問ないですか?」と望月監督まで(苦笑)。
場が和むほど茶目っ気たっぷりに言いましたが、まさかの展開で私の方が機転が利かず(涙)。

ですので、え~この場を借りまして。3連勝おめでとうございます!

あの餅もですか…2007年10月12日

製造日改ざんがここでもかという感じです。三重県の老舗和菓子メーカーで見つかった問題。
その事実でも愕然とするんですが、かなりの割合で行われていたことは相当ショックでした。

私も幼い頃から食べていましたし、またお土産としても持参することが多かったんですけどね。
夏場になれば宇治抹茶味のカキ氷に入った特別メニューもあったりして、本店だけじゃなくて
名古屋駅近くの店舗でも食べられるようになった時は喜んで友達と足を運んでいたものです。

以前、地元の方に伺ったんですけど、お店の中では製造も接客も躾が厳しかったこともあり、
あのお店のお嬢さんをお嫁にもらえるなんて幸せですねと言われることもあったと聞きます。

伊勢神宮前のお店が大きくなっていき、いつしか目の前の利益に走ろうとしてしまったのは、
1つの大企業病というか、組織が大きくなってしまった弊害なのかもしれませんね。ちょっと
裏切られた気持ちで残念ですが、1日も早く信頼を回復してもらえればなと思います。

秋が深まりつつあるのか?2007年10月11日

秋ですね、朝晩は随分と涼しくなってきまして通勤通学での長袖姿は当たり前。夜の帰宅時にも
1枚上着羽織ってという感じに…。ヒンヤリした風に、思わず肩をすぼめて「オータム!」なんてね。
あ、オータムって書いても判りづらい?おーたむ、いや?オー寒い。うん?このネタが寒いってか!

そんな中、じ、実は私。初めて「ソーセージ」作りにチャンレジしました!(…番組とは全く異なって
これまたプライベートでんがな!)。材料は知ってましたが、使う道具が初めて見るものばかりで、
気持ちと体がまるでリンクしない!あぁこのまま行くと、ソーセージはどうなってしまうのかっーー!

大体、日常生活でミンチした肉を羊の腸に詰めることなんてしないでしょ?え?だから体験教室に
行ったんじゃないかって?…はい、そうでした。ここが一番難しくて、それでも慣れたら楽しくてね、
「え!もう材料使い切っちゃったの」というのが詰め終わった感想でした。

肉を詰めた後、ちょうど半分のところで折り目を付けたら、2度3度腸を巻いて閉じ込めて2つ折り、
それをまた繰り返して…何とか形になりましたよ!店頭で見るのと比べると、随分と空気が中に
入ってしまいましたが(笑)すぐにボイルして出来立てもいただいちゃいました!

食べたらもう…「うまい」なんてもんじゃないです。「っんまい」です(←このトーンが表記できね~)。
ソーセージを見るたびに、あの感動を思い出す2007年秋です。(…って、おいおい話がデカイな)。

ぬわ~ん2007年10月 6日

今日も何とか「のびサタ」を終えました。ああ見えて結構緊張しぃなんで、汗もかきます(苦笑)。

「市脇さんはいつも見るけど、普段も変わらないんですねぇ」…先日、サッカー取材の記者席で
そんな声をかけてもらいました。確かに普段も変わらないというか、変えられないといいますか、
…自分、不器用っすから!

でも冬場は手や足の先が冷えるので…というか自分の中で「どっちやねん」て突っ込んでます。

クローズド・ノート2007年10月 4日

行定勲監督にお話を伺う機会がありましたと、このコーナーでご紹介しました。その様子は、
先月29日ののびサタでご紹介させていただきましたが、もちろんそれはほんの一部でした。

そこで当日は中継だったこともあり、少し短い構成だったため、盛り込めなかった部分があり、
今日はその辺りをフォローさせていただきたいなと思います。別にこのタイミングでなくても…、

いや、この「別に」に深い意味はありませんが、たまたまこのタイミングになっただけですので。
ここからは行定監督インタビューからの抜粋です、どうぞ。

私はこの映画で「人が人を好きになるスピードへのアンチテーゼを表現したかった」んですね。
つまり情報手段が発達する今、人は「出会うこと」を軽視しているのんじゃないかと思うんです。
人が人と出会い、意識したら、それが出会いと認識できていく…というプロセスが現代は早い。
ただ、それは恋なのか?恋に至るまでが一番葛藤するわけで、出会いから恋が始まると思う。

最近はブログが流行っています。でも、ブログは見る人にプレゼンしているだけなんですよね。
無記名であっても、読んでもいいことしか書いていないことが多い。けど真実は通常見せない。
つまり日記は秘め事であり、ブログと対極にあるクローズド・ノートであるんです。ならば当然、
それを開ける重みも出てくるわけで、自分はそういう厳かな部分を描いていきたいんです…。

窓越しの映像が多いわけですが、窓の向こうとこちらとで。それは距離を表しているんです。
出会いについて考えれば、そこから相手が入ることもあれば、自分が外へ出ることもあると。
この距離を近づけていくことが、真実に近づくことである、そういうものも表現しているんです。

映画は2つの物語がパラレルに動き出しながら、最後は1つになり、そこで出会う真実がある。
見る側からすれば、今ここに自分がいる意味とか、必然性を実感できるようになっているので、
映画を通して、主人公と一緒に心の旅をしてもらえればと思いますね。

ということですが、いかがでしたか?沢尻さんの話題が先行していますが、行定監督から見た
沢尻さんは「普通は自我が出て演技に制限が出てしまうけど、ニュートラルに構えたところから
トライして、そこから湧き出たり、触れた感情を生かして、表現しようとしていた」と女優としての
姿勢を評価していました。

さて、どうでした?クローズド・ノートは県内映画館で上映中です。

追伸:何年ぶりかでゴルフの打ち放題に行ったら筋肉痛に…。くしゃみすると体に響くから嫌っ。

3時間30分2007年10月 2日

松山映画祭は、いよいよ5日(金曜日)までとなりました。先月15日からでしたが早いですね。
そこで昨日は会社帰り、映画館へ寄って「華麗なる一族」を見ました。山崎豊子原作の小説を
映画化した1974年の作品です。ちょいと前に、木村拓哉さん主演のドラマもありましたよね。

そこに出てくる俳優陣も凄かった!万俵大介役の佐分利信。万俵鉄平役の仲代達矢をはじめ
田宮二郎も迫力あるし、(個人的には)2代目の黄門様というイメージが強かった西村晃とか、
再放送の特捜最前線以来だったけど二谷英明は、やっぱり若いっ!若いといえば、二子役の
酒井和歌子もかわいい。でもスクリーン見ながら「年を取った自分」にも気づかされます(苦笑)。

映画館でたまたま会社の人に出会って、昔の作品について、ちょっと話をしていたんですけど、
上映時間が長い映画は「休憩」ってあるんですね。ちなみにこの映画は3時間30分。すると…

で、でたー!

突然、黒幕に「休憩」って2文字が出ます。しばらく、音楽でお楽しみくださいっていう状態に。
私にとっては作品と並ぶぐらいの衝撃でした、はい。「華麗なる一族」は5日まで上映です~。

アナウンサールーム

アナウンサー
坂口 愛美

■坂口 愛美

吉井 万結

■吉井 万結

大堀 結衣

■大堀 結衣

長廻 雅美

■長廻 雅美

矢端 名結

■矢端 名結

大沢 寧工

■大澤 寧工

市脇 康平

■市脇 康平

村上 健太郎

■村上 健太郎

戸谷 勇斗

■戸谷 勇斗

月別ブログ

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • eatみんながカメラマン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • JA共済Presents えひめ農産品だより
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です