アナウンサーブログ

市脇 康平

市脇 康平Kohei Ichiwaki

詳しいプロフィール

プロフィール

生年月日
1975年6月24日
出身地
愛知県豊田市出身
入社年月日
2000年10月入社

担当番組

「ちかくナルナル なるちか!」(土 午後5:00~)
「らぶちゅちゅ」(木 深夜0:20~)
「交通安全ココワンTube♪」(木 午後6:55~)
「高校野球実況」ほか

行く8月、来る9月2008年8月31日

きょうで8月も最終日、31日となりました。走るのが苦手だった子供の頃はマラソン大会と並び、
宿題もできない奴なので、この8月31日がどれだけ来て欲しくなかったかと思っていたものです。

さて、この8月。甲子園の開幕に始まり、北京五輪があり、渇水が気になり始めた時期でしたね。
そんな中、欽ちゃんも訪れた第3回女子野球ワールドカップが松山市で開催され、ご存知の通り、
日本代表が初の頂点に輝きました。選手、スタッフ、関係者のみなさん、おめでとうございます!

私は1次ラウンドの香港戦と決勝のカナダ戦に行ってきました。スタンドは野球ファンのみならず、
各公民館ごとにお接待をした繋がりで応援にかけつけた市民や、母国を応援しようという海外の
方々もやってきました。決勝は1万人がやってきて、日本は初制覇の瞬間を迎えたわけです…。

スタンドではいろんな言葉が飛び交い、いろんな応援スタイルがあり、つい1ヵ月前の高校野球と
比べると、その雰囲気は同じ野球を見ているはずなんですが、全然違うものでした。新鮮でした。

「これほどの技量を持った選手たちがいるからには当然、優勝しなくてはいけない」と大倉監督は
話していましたが、前回決勝で敗れたアメリカにも勝ち、予選から負けなし<完全制覇>でした!

一方、プロ選手で編成されて北京に派遣された野球チームはというと…まぁ終わったことですから
仕方のなく、結果こそ拭い去れませんが、敗因をしっかり分析していかないと、来年春のWBCで
きっと痛い目に遭います、ホント。来年の事を言うと鬼が笑うと言われますが、鬼が大笑いしようが、
ちゃんと見極めておかないといかんのじゃないかなぁと思ったりする、2008年8月最終日でした。

みなさまの9月が、8月よりも素晴らしい日々でありますように。
そして、水不足に困らない程度に雨が降ることも祈りつつ…合掌。

追伸:大澤先輩、朗読劇お疲れ様でした。
ふと思ったんですが、ポンちゃんは意外と?大事な役だったんですね。

今朝にかけての豪雨で2008年8月29日

今朝にかけ各地で非常に強い雨が降り、愛知県岡崎市などでは猛烈な雨に見舞われました。

早朝ラジオをつけた時に避難勧告が出されていると聞き、暫く経ってからテレビ画面を通して、
ヘリコプターの映像だと思いますが、郷土が一変しているのを見た時、一瞬言葉を失いました。

浸水被害をはじめ、ケガをした方、亡くなった方もいらっしゃいます。災害対応に追われる方も
苦労していると思います。この豪雨で被害に遭われた皆様に、心からお見舞い申し上げます。

名古屋が首位に2008年8月28日

サッカーJ1・名古屋グランパスが約4ヵ月ぶりに首位に立ちました!しかも逆転3連勝だとか!
あのストイコビッチ監督、現役時代はブチ切れまくって大変でしたが、それが今はとてもクール。

グランパスと言えばJリーグ開幕の93年、鹿島アントラーズに5-0で「こてんぱんに」敗れて
ずっとカシマスタジアムで勝てませんでしたが、15年越しでようやく勝ち点3を掴んでくれたし、
(あれも最後までビリビリしびれた…)若手もベテランも、うまくリンクしてるじゃないですかぁ~。

少し記憶があいまいですが、93年の開幕時からJ1に在籍するチームで優勝経験がないのは
多分グランパスだけだったような。まだまだ今後も波乱含みの展開、いや、この展開がすでに
波乱だという方もいますが、J1もなかなか目が離せませんなぁ。

追伸:それから我がドラゴンズも山本昌が200勝をマーク。その後も43歳で2ケタ勝利などと、
嬉しいニュースがありました。阪神独走のペナントレースはちょっと寂しいですが、岩瀬も無事、
帰国してからセーブを挙げてくれましたし、こちらの戦いもファンとしてしっかり見ていきたいね。

JFLはどうなった?2008年8月26日

今シーズンのJFL(ジャパンフットボールリーグ)は18チームがホーム&アウェーで戦っています。
J準加盟チームの行方がそろそろ気になるところ、ここで順位表を見ましょう!

昇格条件は上位4チームとなっています。ここでは34試合中、25試合終了時点でのランクです。

1位/勝ち点52:栃木SC…Jリーグ準加盟
2位/勝ち点51:HondaFC
3位/勝ち点48:横河武蔵野FC
4位/勝ち点44:ファジアーノ岡山…Jリーグ準加盟
5位/勝ち点42:カターレ富山…Jリーグ準加盟
6位/勝ち点41:ガイナーレ鳥取…Jリーグ準加盟

…以上のようになっております。(ちなみに、FC刈谷は勝ち点40で7位とかなり健闘しています)

栃木SCは柱谷幸一監督率いるチームで、愛媛FCのFW若林選手の元所属チームでもあります。
FW上野やGK小針ら元Jリーガーが在籍しています。ここまでの50得点はリーグトップですけど、
得点ランクは6位佐藤(11点)がチームトップ。特定選手に頼らず、全体の攻撃力がありそうです。

HondaFCはご存知「アマチュアの雄」です。今季も新田が15得点、鈴木が14得点とFW2人で
得点の約6割を稼ぎます。リーグ3番目に少ない失点ということで、攻守のバランスがいいですね。

リーグ途中で首位にも立った横河武蔵野FC。得点数はリーグ中の上、ただし前回も触れたように
失点はリーグ最小。1試合平均の失点率も0点台!厳しい夏場も堅守が崩れなかったんですね。

今季中国リーグからJFLに参戦したファジアーノ岡山は、徳島などで活躍したFW小林康剛が柱。
現在リーグトップの17得点を稼いでいます。今季実現した三菱水島との「岡山ダービー」をはじめ
同じ準加盟のガイナーレ鳥取などからも勝利を挙げています。

涼しくなったとはいえ、ホーム&アウェーのしんどいところ、疲れが出てくるここからが正念場か?
カターレ富山とガイナーレ鳥取も昇格圏内との勝ち点差はわずかに「3」つまり1試合の勝敗が
順位を大きく左右することになっています。残り試合は9!一体どんな結末が待っているのか!

サテライトリーグも見てきました2008年8月26日

水戸相手に2対2で勝てた試合を落とした…いや落としてはいないけど、引き分けた翌日のこと。
同じピッチでサテライトリーグ・広島戦を見に行ってきました。同じプロですが、こちらは入場無料。

SAやSS席を中心にサポーターが詰めかけ、皮肉にも前日とは違う座席の埋まり方です(苦笑)。
この日は広島のドラゴン久保が先発出場など、いろんな意味でお得な感じがしましたね、はい~。

試合はトップチーム出場を目指してアピールをする選手、怪我から復帰したことをパフォーマンスに
反映させようとする選手など、若手・ベテラン問わず、なかなかアグレッシブなプレーの連続でした。
(ただし最初のCKで誰も蹴ろうとしなくて、ちょっとだけ時間が止まったのには戸惑いましたけど)

長らく戦列を離れていた左SB・松下選手が豪快なミドルシュートを決めた他、選手の負傷退場で
途中から右MFに入る関根選手もスッポン的なプレッシャーと思い切りの良いドリブルでスタンドを
沸かせました。川北選手も大声量でのコーチングに、選手もスタンドも勇気付けられた気がします。

他にも気になる選手がいるけど書き出したら書ききれないので省略いたします。申し訳ありません。
ちなみにサテライトリーグはぬわんと!3勝1分で首位だったりするんですね。ただ、ご存知の通り、
リーグの位置付けを考えると、微妙な感じですが…。冒頭に続き、きょうは皮肉な文面ばかりです。

金メダルじゃなく金の鍋2008年8月22日

あなたが落としたものは金の斧ですか?銀の斧ですか?…という話を昔聞いたことがありますが、
きょうは落とすも何も、純金製の鍋で作った釜揚げうどんを食べちゃいました。もちろん仕事で…。

鍋は純金製、直径30センチ、重さ4.2キロ、時価ぬわんと3700万円です!いやぁ~すごいね。
(ちなみに、去年は純金製の鍋で「いもたき」を振る舞ったそうな!いやぁそいつもビックリだね!)

きょうから三越松山店で始まった「三越の黄金展」。会場には250点、総額30億円の金製品が
並んでいます。わりと実用的な仏具をはじめ、仏像や調度品、食器や小物までズラリと並びます。

御りんは、1枚の金の板から作られます。型にはめて伸ばすのではなく、職人が叩いて伸ばして、
最後は磨いて造幣局の検査も経た「作品」です。音色は伸びやかで、つい聞き入っちゃいますね。

♪チ~ン…。いや、チィ~ン。いやいや、ティ~ン?あれ?ツィ~ン…。文字にはできませぬ(涙)。

北京の金メダルには到底届きませんが、仕事とはいえ「比較的」金に近づいた気がしました…。
ちなみに、うどんは初日の今日限りのイベントですので、あしからず。

ある日の出来事2008年8月21日

食事をしようとお店に入った時、たまに言われる一言。

「あ、お客さま。ご飯の大盛りは無料でございます」(←もちろん笑顔で)

また別の日、食事をしようと違う店に入って、言われた一言。

「ご飯のお代わりは無料ですから」(←ここも笑顔で)

う~ん。やはり食べる人だっていうことでいいですかねぇ。

追伸:熱戦続く北京五輪の女子ソフトボール・上野投手が昼と夜で318球の力投を見せました。
「この緊張感で投げられるのは今しかない」という気持ちが画面からビシビシ伝わってきました。

ただテレビを見ている人には「お~、あの試合。まだやっとるのか?」と昼と夜の相手が違うのに
気づかない人もいましたが(苦笑)。ソフトは連投が結構あるとはいえ、その集中力とプレーには
ホント舌を巻きます!

武田選手が愛媛に戻ってきました2008年8月20日

ボート男子軽量級ダブルスカル、過去2大会連続で6位入賞を果たした武田大作選手が午前、
松山空港に降り立ちました。空港には家族をはじめ、愛大やダイキ関係者が駆けつけました。

「4度目のオリンピックで、1番残念な結果に終わってしまいました」

後に金・銀メダルを獲得するクルーと一緒に戦う事になった予選。ここを突破できれば確実に
メダルを取れると見ていましたが「初戦より最終戦の方が手応えがあった」と振り返るように、
4着に終わり、敗者復活戦へ。そこでも3着に終わり、入賞の扉も閉ざされてしまいました…。

「自分と浦(…ペアを組む浦和重選手)、自分とボート、そういったコンビネーションが最後まで
しっくりこなかったです」。それでも最後の順位決定戦ではベテランらしく、まとめてきた感じは
ありますが、やはり最初のレースに、どうやってピークを持ってくるのかは難しいとのことです。

「頭でここがダメ、あそこを何とかしなきゃって冷静に思っているんですけど、体がその通りに
動かなくて。パワーアップしてきたし、キレもあるのに。調整とか、やり方なんでしょうかね…」

来月はシングルスカルで臨む全日本選手権があるほか、10月の国体では愛媛大学の学生と
ダブルスカルへ出場する予定。「世界で勝つことは厳しい」とした上で、暫く愛媛で調整しながら
細胞や血液の採取などして集めた客観的なデータに加えて、自らの実力も試すとしています。

最後に34歳の武田選手は「どこまで挑戦できるのか、やってみたいですね」と語っていました。
勝負から何を得て、何を補うのか。選手としてはもちろん、ボート界のためにまだまだやることが
行うことがあるように思います。また、それができる数少ない1人なのですから。

つれづれです2008年8月17日

昨夜、コンビニに立ち寄ってみたら、おでんがすでに出番を待ってグツグツと煮えておりました。
ちなみに、私の好きなネタは大根と卵、しらたき。練り物やソーセージは摂取カロリーを考えて、
チョイスする時としない時があり(苦笑)。昨シーズン改めて食べてその旨さにビックリしました。

おでんはちょっぴり寒くなる時に出てきますが、毎年同じではなく様々な改良が重なっています。
私もバージョンアップせねば(なにを?)。今年はどんなネタで勝負しようか、今から楽しみです!

追伸、先日温浴施設の駐車場で、子供に駐車スペースでないことを示す赤いコーンをわざわざ
移動させて車を止める親がいました。満車でもなく、入口が近いという理由しか見当たらないし、
そこまで慌てて風呂入りたいんかって。自分だけいいと思う人が増えるのも仕方ないかなぁ…。

次の戦いに向けて2008年8月12日

お盆休みを前に、県内の高校野球は早くも今月9日に中予地区で新人戦がスタートしました。
(今年は女子野球ワールドカップなどもあり、この時期に行われています)

全国から勝ち上がった強豪たちが、甲子園でひしめき合っている同じ時、
マドンナスタジアムでは、すでに次の舞台に向けた戦いが始まっているのです。

スタンドではバックネット裏の影を求める人が多い中、
選手と同じ日差しを浴びながら声援を送る姿も。この夏で高校野球を卒業した3年生部員です。

彼らは背番号のない練習着に身を包んでいました。

新人戦では20人のベンチ入りが許されていますが、あるチームは1年生2年生あわせて10人。
スタジアムに駆けつけた3年生は数少ない下級生が行う試合前練習の補助をしていたようです。

嫌でも現役を退いたことを痛感する場面でもありますが、声なら現役部員に負けない。ベンチの
上に陣取ると、選手の名前を呼ぶ声は球場中に響き渡っていました。時々それに応える選手も。

目前のゲーム展開、監督が送るサイン、それに小さくうなづく後輩たちの姿も、3年生にとっては
全てが手にとるように、自分たちのことであるように、受け止めているように見えた気がしますね。
今となっては後輩と一緒にプレーできませんが、戦う気持ちはまだまだ熱く燃えていたようです。

新チームのメンバーが1年後の自分たちの姿をどれだけ思い浮かべながらプレーしているのか、
ちょっとだけ気にしながら(時には先輩の立場にもなって)見守ってみたいなと思います。

朝起きて…2008年8月11日

けさはいつもより早く出社、毎度のことながら自転車での通勤。差し込む日差しの強さにほとんど
変わりはありませんでしたが、肌にまとわり付いていた空気が幾分、爽やかな感じになったかと。

これがほんの少し時間をずらせば、Tシャツがビチャビチャになる程の汗をかくわけですが、意外に
この日はうっすら汗ばむ程度で、暦では秋が来たからか?若干過ごしやすくなっているようです。

北京五輪も徐々に白熱しているようですけど、夏の甲子園も例年以上に接戦や好ゲームが多くて
テレビを見ながら思わず手を叩いたりしてしまいます。昨日の第1試合、宮崎商業と鹿児島実業も
熱戦となり、テレビスピーカーから流れた「勝負の糸口が見つからない」のコメント通りだったかと。

あれこれ見なきゃいけないものが多すぎて、オリンピックの会場がさほど日本時間と変わらなくても
結局この期間中は寝不足ということになりますね(苦笑)。

わがドラゴンズが1勝1分2008年8月 8日

第1戦はウッズ!第2戦はデラロサ!夜空に打ち上がる2発を見られたあなたは羨ましい!

え?何の話かって?6日、7日の2日間行われたプロ野球、東京ヤクルト対中日ですって!

わたしは第1戦のみ。五輪の影に隠れていましたが、ウッズの放ったバックスクリーンへの
特大ホームランは凄い!報道ステーションの取扱時間が少し長ければ放送できたかも(涙)。

なかなか坊っちゃんスタジアムではお目にかかれない弾道といいましょうか、放物線というか、
あの打球は凄かったですよ~!え~文字じゃ分からないって?いや…まぁ、確かに。はぁ…。

松山シリーズは1勝1分、とりあえず3位キープです…。

ロック魂2008年8月 7日

愛車にカギを取り付けて自転車通勤を再開した後、そのカギをよく見ると、とてもロックな文字が!

「HARD LOCK」

お~!このロックはフォークでも歌謡曲でもなければ、そもそもヘビーメタルでもないわけでして、
このロックはパンクでもなく、プログレッシブでも、ホネホネロックでも、ヘッドロックでもないのだ!

このカギは、まさにHARDなLOCK!スペアキーも2つ付いているから、このロック、最高~っ!

自転車通勤復活!2008年8月 6日

先日自転車のカギをなくして、部屋の中をひっくり返しても出てこない始末。流れてくるこの汗は
焦りなのか?それともクーラーをつけていないためなのか…(←多分、後者であるに違いない!)

そういうことで近所の自転車屋へ行きました。「すみませ~ん!自転車のカギをなくしまして…」

以前購入したお店で親父さんとの面識もあるので、すんなりカギを開けることになりました。が!
ホームセンターなどで売っているチェーン式じゃないので、想像以上に開錠に時間が要しました。

それでも何とか外してもらい、新たなカギをつけることになりました。

店の主人「次のカギどうする?頑丈で手ごろなカギがあるけど…」

私「見せてもらっていいですか?」

店の主人「これね、スペアキーが2つ付いて、カギは全部で3つあるからね!」

私「…あ、なるほど…」

復活しました.jpg

同じような使い勝手と頑丈さに加えて、なんと!スペアキーが通常よりも1つ多いときたもんだ!
このカギメーカー、グッジョブ!無事今朝から自転車通勤が再開されました、めでたしめでたし♪

悔・温泉ダービー敗戦2008年8月 3日

後半ロスタイム、残り1分あったのか?ペナルティエリア前で、草津にFKを与えてしまいました。
草津の10番、島田の左足から放たれたボールは愛媛のゴールに吸い込まれてこれが決勝点。

J2第29節、正田醤油スタジアム群馬での温泉ダービー、愛媛は2-1で敗れました。

前半9分に先制を許すなど、ゲームが作れずに苦しむ中、前半32分に草津のセンターバックが
1発退場で数的優位になると主体的に試合を進め、前半44分には田中の同点弾で振り出しに。

しかし、残り45分あるから大丈夫という慢心はなかったと信じたいのですが、ボールを回せども
なかなかゴールに結び付かず、ロスタイムに入って、FKで勝ち越しを許して、タイムアップへ…。

去年もそうでしたが、草津に負けてこれからのリーグ戦も伸び悩んでしまうのかなぁ。

結果で示すのも大事かもしれませんけど、先日の四国ダービーは勝ったとはいえ、お世辞にも
内容が良かったわけでもなく。あぁ空は青く晴れ渡れども、私の気持ちは再び梅雨空です(涙)。

次節は10日(日)アウェーで、モンテディオ山形戦です。

追伸:同日、鹿児島・鴨池では「14位の熊本」と「15位の徳島」が対戦しました。その結果、
ぬわんと!熊本が3対0で徳島を退けています。う~ん、徳島の方もかなり気がかりだわ…。

祝・四国ダービー勝利!2008年8月 1日

7月30日、愛媛と徳島がプライドを賭けて戦うサッカーの四国ダービー。両チームの社長が
会見を開いたり、「四国制覇」を刻むウィナーズ・フラッグを製作するなど、その盛り上がりは
試合前から確かにありました。そして、スタンドには今季最多の7809人のサポーターが!

平日にかかわらず、夏休みということで徳島からも多くのサポーターに来ていただきました。
過去に1万人以上を動員した伝説のゲームがJFL時代にありましたが、今回はそれに次ぐ
人の入りでした。満員とはいかないまでも、人が多いと漂う空気が変わってきていいですね。

前半こそあわやというシーンが続きましたが、後半は18分に先制すると、その後も愛媛の
攻撃が徳島を上回り、スタンドを湧かせることができたんじゃないでしょうか。第2クールで、
ケガ人もいたりして、今1つ乗り切れない試合もありますが、これをきっかけにしたいですね。

次節は3日夕、アウェーで草津戦、温泉ダービーです。順位でちょっと抜け出た草津を早く、
少しでも追いかけてもらいましょう!暑さに負けるな!…おいらは負けそうだけど(涙)。

アナウンサールーム

アナウンサー
坂口 愛美

■坂口 愛美

吉井 万結

■吉井 万結

大堀 結衣

■大堀 結衣

長廻 雅美

■長廻 雅美

矢端 名結

■矢端 名結

大沢 寧工

■大澤 寧工

市脇 康平

■市脇 康平

村上 健太郎

■村上 健太郎

戸谷 勇斗

■戸谷 勇斗

月別ブログ

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • eatみんながカメラマン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • JA共済Presents えひめ農産品だより
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です