アナウンサーブログ

市脇 康平

市脇 康平Kohei Ichiwaki

詳しいプロフィール

プロフィール

生年月日
1975年6月24日
出身地
愛知県豊田市出身
入社年月日
2000年10月入社

担当番組

「ちかくナルナル なるちか!」(土 午後5:00~)
「らぶちゅちゅ」(木 深夜0:20~)
「交通安全ココワンTube♪」(木 午後6:55~)
「高校野球実況」ほか

行く5月、来る6月2009年5月31日

2年前、徳島・山形・草津に3連勝した愛媛FC。その後どうなったか?…実に5連敗。なかなか連勝するのも大変ですが、さらに白星を重ねるのも大変です。

今回も3連勝はしました。が、昨日の横浜FC戦はガッカリした方も多いのではないでしょうか?(カズや三浦淳宏がいなかったのもミーハー心理からするとガッカリ?)鳥栖に勝った時は相手のミス、隙をついての勝利でしたが、今回は全く逆だったかなぁ。

立ち上がりからガンガン前に出る横浜に先制を許し、後半にはパスミスから2点目を奪われ、退場で1人少ない状態から3点目を決められるなんて、誰が想像したでしょうか…。

アライールが肉離れで長期離脱、肩が完治した江後もふくらはぎを痛め、大木もピッチに立てず、三上主将も腰痛で、ジョジマールは指の骨折…。それ以外の選手にも小さなケガがあちこちにあり、シーズン残り3分の2で早くも満身創痍。

1敗とはいえ、ケガ人続出の状況。好転する兆しはあるんでしょうか?

ちなみに、2年前の話に戻りますと、5連敗した後、どうなったか。6試合目の最終節。GK羽田選手引退の日でした。その新たな門出を祝うかのような、見事な逆転勝利という結末が待っていました。(とはいっても連敗はやっぱり避けてほしいなぁ)。

喜びの中にも気がかりな試合1つ胸に。来月は快進撃となりますように…合掌。

第2クールは横浜FC戦でスタート2009年5月28日

サッカーJ2・愛媛FCは第1クール17試合を戦った結果、7勝3分7敗。開幕3連勝の後、8試合勝ち星なしというプロセスを経て、あがり3試合で再び連勝。勝ち負けが同じ数となり、8位につけました。

5月はGWを中心にハードなスケジュールだったこともあり、今週は月曜日、火曜日とチームは連休でした。そして、練習を再開した水曜日、北条の陸上競技場へ行ってきました。練習後の望月監督の話です。

「成績を五分にもっていけました。この間、良くなったと思うのは<攻守の切り替え>ですね。ボールを取られても引きが早く、バランスも保てています。(17試合で出来の良かった試合は)岡山戦、それと仙台戦の後半でしょうか。前線から中盤にかけてコンパクトだったし、バランスもよかったですね。

(加入選手の理解度もアップした?との問いに)前3枚。ジョジマール、横谷、大山がタフになって、運動量が増えましたね。今は攻守とも起点になってくれているのが大きいです。ただ、そこも含めて、仕切り直すなら仕切り直す、やり切るならやり切る、中途半端な仕掛けがありますね。

第2クールからは中盤でももう少し前のエリア、ここでボールを取りたいですね。そのためには、DFラインを上げて、選手がポジションをスライドする時に、スムーズに動けるようにしたいなと思います。これから暑い季節にもなるので効率よく連動させて、プレーエリアを前にしていきたいです」

他にもポイントはありますが、まだシーズンは3分の2も残っていますからね、あえて全部は出しません(笑)。さてさて、次節は30日(土曜日)午後4時~ニンジニアスタジアムにて横浜FC戦です。来てね。

ちょいちょい音楽でも2009年5月24日

自転車通勤が週の半分以上となっている市脇です。ただ時々どうしても車に乗ることがあります。そこで、きょうは自分の車で聴いているCDをご紹介いたしまするぅ。

このところ、土岐麻子さんというアーティストの曲がお気に入りでして、1月リリースのアルバム「TOUCH」が愛車のヘビーローテーションになっております。詳しい内容はHPなどでご確認いただくとして…(←またテキトーな性格が出た!)ついつい聴き入っちゃうんですよね。

透明感のある歌声は最初甘い感じを匂わせますが、その発想はすぐにかき消されるとともに、耳に馴染むにつれて、いつしか存在感のあるボーカルへと身をゆだねたくなる…そんな感じで、今はエンジンをかけるとともに、彼女の曲が流れてきます(笑)。ちなみに、お父さんは日本屈指のサックス奏者なんだそうです。

cymbalsのリードシンガーで活躍後、ソロで活動を始めたそうですが、その第1弾「STANDARDS~土岐麻子ジャズを歌う~」を先述の「TOUCH」より先に聴いたのがきっかけで、ちょいちょいアルバムをチェックしていた次第です。実はその流れで去年末、愛媛FC特番VTRにあった浴衣ショーのバックで流れていたのも彼女の曲だったんですよ(←ちょっと分かりづらいけどさ)。

そんでもって、毎週土曜日夜にはBSデジタルで(他局ですけど)ナビゲーターをしている音楽番組(ブルーノートTOKYOのライブをダイジェストにした番組)もあり、彼女の音楽やその周りをチェックしてみると、随分と個人的には「ツボ」な感じがしております。

もし興味がおありでしたらどうぞ~♪

桃太郎で退治?の巻2009年5月18日

サッカーJ2第15節「岡山対愛媛」行ってまいりました。岡山駅に着くと、こんな看板が。
こっちだ!.jpg
決戦場への誘いです。やる気ですネェ。負けへんで~こっちだって。駅からスタジアムまで歩いて行っちゃうもんね!
道中です.jpg
ちなみに、左側2人は岡山のサポーター。右側は愛媛のサポーター。どちらも同じような色の袋を持っていますが、これエコバッグです。はい。国道を歩いていくと…つ、ついた!
着いた!.jpg
どーん!岡山駅から徒歩15分程度で見えてきました、スタジアムらしいスタジアム(笑)。これが決戦の地「桃太郎スタジアム」です。

雨の降る中、早くも岡山・愛媛の両サポーターの応援合戦が始まっていました。しかもバックスタンドだけでなくメインスタンドにもオレンジを身につけた人の姿が。バックスタンドでの音頭にあわせて手拍子や歓声が上がり、それが前方にせり出した屋根にぶつかると、観客数以上に心地よい演出として辺りに響き渡ります。

試合は内村2ゴール、赤井1ゴールの合計3ゴールで連敗ストップ。濡れたピッチや相手CBに揃ってイエローが出る中、雨の中で冷静に戦いを進めた愛媛がシュート数で岡山を大きく上回り(結果的に3ゴールでしたが)ジョジマールらのチャンスはさらなるゴールラッシュを予感させてくれました。

その前、スタンド入口では岡山が強化費として「樽募金」の協力を求めているのを目撃、小さいカメラを回しました。昨今の経済事情も影響し、収入確保はどうしても欠かせません。かつてプロ野球・広島でも行われていた樽募金は「なりふり構わない」思い切った収入方法であり、個人的には賛成と考えていました。しかし…

「これはプロのやることじゃない」。

岡山のユニフォームを身にまとう初老の男性が語気を強めて、私に寄ってきました。県リーグからのサポーターという彼の持論とは?「(クラブ結成から)4年で上がったから資金が不足して、こういう事態になるのも分かる。だけど、プロがやることじゃない。もっとサッカーを普及させ、理解を求めていくことで<オレたちが支えなきゃ>という風が起こるはず。岡山は自治体を含めて、まだまだだけどね」

そんな彼は岡山の県民性についても触れた。「もともと声を出したり、アピールなんかしないんだよ。それでも、わざわざお金を払い、スタンドに来て、一緒に手を叩くようになる。それだけでもいいじゃない。ちょっとずつ岡山は変わっているんだよ」と少し誇らしげに語っていました。

ちょっと喋りすぎたね…男性とは照れ笑いをしながら別れましたが、立ち話に思わず聞き入ってしまいました。試合とは別のところで、いろいろと考えさせられる時間でした。

追伸:メインスタンドには普段ニンスタでクラブを支えるボランティアスタッフも多数かけつけていました。3ゴール、歓喜の瞬間、終了間際の失点の後味の悪さも総合し、愛媛はスタッフたちに頑張っている姿を見せられたのではないでしょうか?

ほくとが山口県に帰ります2009年5月14日

とべ動物園の人気者と言えば~
ピース.jpg
そうです、ピースです。えっ?そうです、そうですよ!ほらっ画面の奥にいるのがピースです。ピースですって!はいはい、すみませんね。見づらい写真で(汗)。

そんなピースを生んだのが~
バリーバ.jpg
そう、バリーバです。え~すみませんね。これも見づらくて(涙)。これまで2回の出産経験を持ち、その子ども・ピースは人工保育で9歳になりました。

そして、2006年12月末、山口県からやってきたバリーバのパートナーがこちらです。
ほくと.jpg
ほくとくんです。え~また見えづらいって?ホント、すみません。「ほくと」といっても鬼嫁じゃない。北斗晶じゃないですからね(…いくらなんでも見たら分かるか)。

およそ3年間、ジュニア誕生の期待を込めて、とべ動物園に迎えました。体長2メートル50センチ、体重300キロ。当時22歳。性格はおとなしく、やや食が細いのが大きな特徴です。

飼育担当の高市敦広キーパーは「一番苦労したのはあんまり食べないことでした。バリーバは鶏を丸ごと食べるのに、ほくとは<ささみ>とかですね。肉食獣なのに白菜とか食べちゃうから、水分でお腹いっぱいになっちゃって、栄養をつけるために、あれこれ工夫しました」。

その甲斐もあり、繁殖期には2頭が仲睦まじく寄り添う姿が見られたそうです。ただ当初の目標だった「ジュニアの誕生」には至らず、繁殖期も過ぎたことから契約期間満了を前に、ほくとはそれまで住んでいた山口県・徳山動物園に帰ることになりました。

この週末には身支度をして、18日(月)には出発する予定。「向こう(徳山動物園)にも待ってくれているメスがいると思うので、今後はのんびり余生を過ごしてほしい」と高市キーパーは、25歳(人間でいうとかなり高齢)のほくとに、労いの言葉を贈っていました。

ジャピィァ~ン!2009年5月10日

松山市の坊っちゃんスタジアムではプロ野球セ・リーグ公式戦「東京ヤクルトスワローズ対広島東洋カープ」が9日、10日の2日間行われました。好天にも恵まれて、両日ともスタンドはにぎわいました。

9日取材担当だった村上アナは「イチワキさん、ETC効果かもしれませんが、広島側のスタンドが一杯になってましたよ~」とのこと。「ホンマかいな」と思いながらスタジアムに行くと、あらホント。レフトスタンドがギッシリカープファンで埋まっていました!恐るべし、ETC効果…。

それはそれとして。この公式戦にあわせて、WBC日本代表のユニフォーム。しかもヤクルト青木選手の着用ユニフォームが特別に展示されるということで、試合直前。ちょっとだけ、見に行ってきました。

スタジアムから若干離れた屋内練習場のスペースを間借りしての展示でしたが、やはり皆さん。よ~く目を凝らしながら、目を細めながらご覧になっていました。えぇ、まぶしいのもあるんですけど。
ジャパン.jpg

私も出来る限り、その世界の頂点に立ったユニフォームに近づいてみましたが…
ジャパーン.jpg
あららぁ…天気が良すぎて、カメラで撮影したら反射しちゃっとるがな!

まぁそれはそれということで、自分の目で見直してみると、今のユニフォームは薄くできとるんですね。特に胸の「JAPAN」はエンブレムじゃなくてプリントなんですね。エッジを効かせたデザインなのですが、オールドファンからすると、こういうユニフォームって受け入れられるのかなぁ?なんて思ったりして。

なかなか貴重なものを見せていただきました。ははぁ~(敬礼)。おっ、きょうは母の日か!

ずばり半世紀っ!2009年5月 9日

本当は昭和の日に更新したかった日記ですが、タイミングを逃してこの日になりました。といいますのも、実は「昭和の時代が生んだ」名車に乗っている弊社スタッフがおりましてね。

新車やん!.jpg
そうです、HONDAのスーパーカブです。「おそば屋さんの出前でも楽に乗れる」ことを目指して開発されたと言うバイクですが、早いもので1958年の誕生から半世紀が過ぎました。今や日本各地で愛され、世界でも活躍する1台です。(HONDAスーパーカブのHPによると、累計生産台数は6000万台。160カ国で販売されているとのこと)。

まぶすぅ~い.jpg
んで、弊社スタッフが誕生50周年記念の限定モデルを購入したとのこと。走行距離を見たら「…え、6キロ?本当に新品やんけ!」。カブと言うと、雨風にさらされながらも「頑張って走る」イメージがあるので、この新車を見た時はちょっと驚きました。勝手なこちらのイメージで見ちゃったからですけどね(苦笑)。

きょうのオマケ。宇和島の料理店で出会った「づけ丼」。この日はカンパチでした。
づけ丼.jpg

愛南ゴールドに会いにきました2009年5月 4日

3日の日曜日、ぶらりと愛南町へ行ってきました。その理由は…
愛南ゴールドです.jpg
「愛南ゴールド」に会うためです。いわゆる「河内晩柑」なんですけど、生産者や地域によって「美生柑」や「宇和ゴールド」「ジューシーフルーツ」などとも呼ばれています。

大型連休唯一の休日。どこに行こうか迷った末、去年5月に取材でお世話になった愛南ゴールドを作っている酒井さんのお宅を訪ねることを思いつき、2日前の電話にもかかわらず、快くお願いを聞いてくださいました。そして、出掛けてみると…
花も咲いてます.jpg

あたりは花の香りでいっぱい!この時期は松山空港到着ロビーなどにも他の柑橘の鉢植えがあって、花を開いていますが、それとは比べものにならないほど、みかん山は花の香りに包まれておりました。ただし愛南ゴールドは木成りと言って、果実を木になっている状態で熟成させるので、この時期は実と花が同じ木にたくさんついています。

酒井さんのお話によると、木によって花の割合が多いのもありますが「花が咲いているところは、来年の今ごろ実がなっているんですよ」ということで、緑の中に幾重にも重なり合う花から想像するに「さぞかし沢山とれるんだろうなぁ」と思うのでありました。

目の前の実をもいでもらって、さっそく「ガブリッ」と一口いただきました。すると、水分が口いっぱいに広がり、爽やかな香りをもたらしてくれます。「和製グレープフルーツ」とも呼ばれることもありますが、それよりも苦味も無く、よりスッキリとした味わいがたまりません!これから夏にかけて、さらに味が濃くなるそうで、季節によって変化する様も楽しめます。(収穫時期はとても長いですねぇ~)。
実がなってます.jpg

酒井さんは「あいなんマザーズ」を結成し、愛南ゴールドのジュース。そして、ジュレを作って販売しています。工房に移動してあらかじめ冷やしておいたジュレをいただいてみると、果汁がそのまんま濃縮されていて、1年前に出会った味覚の衝撃が蘇りました。

1つ、また1つ、スプーンで小さく切ったジュレを口の中でじんわり溶かして噛み締めること数回。すると、酒井さんが「最後の最後、掬いきれなくて、容器の下の方に残ったジュース。これがまた美味しいんですよ」とのコメントが。いやいや、ちょうどそのタイミングで容器を傾けて喉を通した瞬間だったので、思わず納得してしまいました(笑)。

なんだかんだで1時間、畑と出荷場と工房をぶらりと散策させてもらいました。ちょうど田植えを終えたそうで、カエルの鳴き声と鳥のさえずりしか聞こえない、これまたのどかな風景に心和ませていただきました。それと何と言っても、愛南ゴールドに、ジュレという爽やかな味、立夏を前に、ご馳走様でした!

ZOOM、ZOOM!2009年5月 1日

新球場を見てきました。
新球場へ!.jpg

日本各地、すべての都道府県に、大なり小なり様々な球場が存在する中、このたびプロ野球の本拠地である広島に、新たなスタジアムが登場しました。その名も「MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島」。出来立ての球場に足を踏み入れる機会はそうそうないので(ある意味試合以上に)楽しみに出掛けてまいりました!
正面.jpg

内野自由席からの風景はグラウンド全体を見渡せる感じです(レフト、ライトポール際が若干見えませんけど…)。そこから右、左へと視線を移すと、スタジアムの外周をぐるりと全てスタンドで囲んでおらず、左右対称でないことがすぐに分かります。
ライト側臨む.jpg
(ライト側を臨む)
レフト側臨む.jpg
(レフト側を臨む)

試合前ぐるりと1階席を周回しましたが、スポーツバーがあったり、横になりながら見られるスペースがあったり、応援団が陣取る席は「パフォーマンス席」として用意されていたり。内野自由席の前列は家族用にデッキ上のボックス席もあったり、砂かぶり席もあったりと、ハードの仕掛けだけでも2度3度と行きたくなりました。
工事中ではありません.jpg


しかも配管を隠さなかったり、柱も大胆な据え方で、新たに整えられた空間はシンプルかつ大胆。新鮮な空間が広がっていました。聞くところによると、坊っちゃんスタジアムよりも工事費が抑えられているみたいですね。創意工夫で球場ではなく、野球を中心にした舞台に仕上げられた感じがします。
なんと!.jpg

ただ1塁側スタンドから焼肉を焼いているかと思われる煙がもくもくと上がるのが不思議で仕方なかったですね。今度ご覧になる機会があれば、そこで何をしているのか教えてください(笑)。ちょうど、その時広島がリードされていたので、個人的には反撃の狼煙を上げていたのかと思いましたが…。

試合は広島が敗れましたが、新球場では「比較的出にくい」とされているホームランを2本、目の当たりにしたりと刺激の多い時間でした、はい。

アナウンサールーム

アナウンサー
坂口 愛美

■坂口 愛美

吉井 万結

■吉井 万結

大堀 結衣

■大堀 結衣

長廻 雅美

■長廻 雅美

大沢 寧工

■大沢 寧工

市脇 康平

■市脇 康平

村上 健太郎

■村上 健太郎

戸谷 勇斗

■戸谷 勇斗

月別ブログ

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • りんごとミカン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • JA共済Presents えひめ農産品だより
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です