アナウンサーブログ

市脇 康平

市脇 康平Kohei Ichiwaki

詳しいプロフィール

プロフィール

生年月日
1975年6月24日
出身地
愛知県豊田市出身
入社年月日
2000年10月入社

担当番組

「ちかくナルナル なるちか!」(土 午後5:00~)
「らぶちゅちゅ」(木 深夜0:20~)
「交通安全ココワンTube♪」(木 午後6:55~)
「高校野球実況」ほか

松山英樹選手が決勝Rへ!2009年10月30日

きのう開幕したゴルフの「マイナビABC選手権」。きょう予選ラウンドが終了しました。

松山英樹選手はきのう初日2オーバーで50位タイでしたが、きょう2日目はイーブンパーの45位タイにつけて、予選ラウンドを通過。去年1打差で逃した決勝ラウンド、今年はこれまでの成長振りを示すかのごとく、しっかりと駒を進められました。

お父さんのお話ですと「短いパットがなかなか苦労しているみたいで…」とのことで、きょうはスコア的にも我慢のプレーだったんでしょう。しかし、明日からは1年越しの決勝ラウンド。気持ちはホットに、でもプレーはクールに頑張ってほしいと思います。

マイナビABCチャンピオンシップ2009年10月29日

ABCゴルフ倶楽部(兵庫県)で「マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント」が開幕。去年はあのウォーターショットを見せて、石川遼選手が優勝。今年はホストプロとして、大会に出場することになっています。

そして、松山市出身で明徳義塾高校3年の松山英樹選手も日本ジュニアゴルフ選手権を制したことで、アマチュアの出場枠を獲得しています。(ちなみに、事前の情報によると、今週火曜日の練習ラウンドでは石川選手と同じ組だったようです)。

それからさかのぼること数日、調整でいつも訪れる市内のゴルフ場、そしてゴルフ場に向かう道中で、松山選手とお話することができました。瀬戸内海アマチュアゴルフでも久々に直接プレーを見ましたが、今回はさらにそのショットを間近にできるとあって、アドレスにはじまり、風や芝の読み方などを勉強させてもらいました(←勝手にそう思っています)。

詳しい内容は…駆け出しゴルファーである自分の疑問をぶつけるのがほとんどのため、このページでの掲載はちょいと恥ずかしく…やっぱり差し控えさせていただきます(笑)。

ただ、季節にはじまり、天候や湿度に、風。芝の刈り方、ラフの長さ、木やボールの位置も含めて、厳密には2つとして同じシチュエーションはまずありえません。いつも同じ練習ラウンドに立ったとしても、それらを情報としてインプットする感性だったり、ショットの出来、不出来でぶれない気持ちだったり、学ぶところは数えるとキリがないんですが、いろいろと考えさせられる貴重な時間でした。

トーナメントは予選ラウンドがスタート!ぜひ決勝ラウンドに進出してもらい、その雄姿を地上波で見られるよう頑張ってほしいと思います。

<参考>
決勝ラウンドは31日が午後3時半~、11月1日が午後2時~ご覧のチャンネルにて。

新戦力の加入ですね2009年10月28日

愛媛FCが新戦力の加入を発表しました。新居浜市出身のFW福田健二選手です。

地元を離れて、習志野高校卒業後、名古屋やFC東京、仙台でプレー。2004年から海外に拠点を移し、パラグアイ、メキシコ、スペイン、ギリシャの4ヵ国で活躍してきました。その生き様などは様々な著書を通して垣間見ることができます。

彼のコメントが泣かせます。以下は、プレスリリースより引用しております。

「愛媛は自分が生まれた場所なので、いつの日か愛媛でサッカーがしたいと思っていました。愛媛FCがJリーグ昇格した時も海外からでしたが、いつもに気にして情報を集めていました。今回の話をいただいた時は本当に嬉しかったです。

自分はFWなので、チームの勝ちにつながるゴールを1つでも多く決めたいです。自分のプレーで愛媛FCに貢献できるようにがんばりますので、たくさんの人にスタジアムへ見にきていただきたいです。

最後に、この移籍に関して、携わってくれた全ての人に感謝します」

自分の言葉で語っているのがよく伝わるコメントでした。

今季の選手登録は締め切られているため、来季からのプレーとなりますが、来月3日からチームに合流する予定とのことです。気が早いですけど、オレンジのユニフォームを身に纏い、魂のこもったプレーをニンジニアスタジアムで見られる日が今から楽しみです。

ダイエットのヒント2009年10月27日

先日アナろぐ!などでも公表しましたが、コツコツとダイエットを続けております。実は入社当時記入したホームページ用のプロフィールも先日書き換えております(…こっそりと)。そこで、きょうはこれまで行ったメニューをちょこっとご紹介。きょうはこちら!

「おでんダイエット」

これからの季節、欠かせませんね!寒風が吹く中、自転車通勤…もまだ続けておりますが、ちょっとコンビニなどに立ち寄り、よく見るおでんコーナー。実はあそこにヒントがあるんですね。

それはFとかSとか、チェーン展開しているお店では「カロリー表示」がされています。そこで、チョイスする具材を考えてください。「しらたき、大根、結び昆布、こんにゃく」。この4品あわせたトータルカロリーは(複数とっても)100キロカロリーにほど遠いんですねぇ。しかも出汁がよく浸透していれば美味しさ倍増の具材たちです。

え!しらたき、大根…それしかダメなの?って思われるかもしれませんが、まず出汁をいただき、1つ具材をゆっくり頂戴する。また出汁をいただき、別の具材をいただく。その繰り返し。たまには玉子だったり、練り物、牛すじなどもいいでしょう。でも、これらは取りすぎたら意味がないので、あくまでご褒美。もしくは味のアクセントとして、おでん1回につき1種類のみですね。

夜の食事を済ませたら寝るだけですから、適度にお腹を満たせればいいんです。これを週の半分くらいやってみたりすると、ちょっと変化が出てくるんじゃないかと思ったわけです(私の場合は、さらに週の残り半分をゴマ入りのわかめスープ、野菜たっぷりのスープにしてみました)。

食事を抜いて痩せたわけじゃございません。やっぱり食事は摂らなきゃダメ!(実際に朝と昼はちゃんとご飯をいただきますので…)

もちろん「効果には個人差があります」。食事の摂り方だけでなく、適度な運動も忘れずに!

次なる手、いや目はいかに!2009年10月22日

小学生の時から「メガネっこ」…いやすでにメガネおじさんになってしまいました、市脇です。

普段身につけているメガネは数年前から使っていますが、先日もこのページで触れたように、スタジオでかけているものは全く別なんです。それがこちら、今一度どうぞ(笑)。

スタジオでかけてます.jpg

「SPIVVY」(品番はSP-1120)です。真正面はシャープなライン、サイドは一見太く見えるフォルムですが、微妙なカーブを描きながら要所でシェイプされる上品さ(←私とは違って)カッコイイ!しかも光の当て方でデザインの見え方も変わる(←私には程遠い)芸の細かさ!

今でも気に入ってますが、バリエーションも増やしたく、またまたお店に出かけてきました。それが松山市銀天街の近く「GLABBISH(グラビッシュ)」です。

いつもお世話になっています.jpg

先述のメガネも去年末から悩みに悩んだ1本ですが、今回もホント悩みました。店舗スタッフのみなさんのお知恵を拝借しながら決定いたしました。水谷豊の相棒はミッチーになりましたが、私の新たな相棒は来月、仕上がり次第デビュー予定です(笑)。

日本オープンゴルフ最終日2009年10月18日

石川遼くんがプレーオフの末、初メジャーのタイトルを逃す以上に、ギャラリーのマナーがクローズアップされた日本オープンゴルフ選手権。個人的に注目していた松山市出身の松山英樹くん(明徳義塾高)は初日70、第2日74、第3日79、最終日76。トータル11オーバーの52位で終わりました。

大会HPで順位をチェックしながら「どこかで映りゃせんかな」と思いながら、他局の中継映像を食い入るように見ておりました。2日目以降はなかなか仕事で見ることができず、会社PCでスコアをチェックするくらい…。自宅ビデオの予約も忘れて…。はぁ情けない。

決勝ラウンドでスコアを落としましたけど、最終日は若干盛り返してくれましたね。大ギャラリーが醸し出す雰囲気、名門コース、砲台グリーン、それらに果敢にチャレンジし、随分と我慢も強いられたでしょう。それでも、この経験は次にも生かされると思います。

どこかで記述を見たんですが、ラウンドするのは日本のトップばかり。「1つでも吸収してやろう」という気概が好スコアに結び付いたようですね。自分のプレーに集中しながら、周りも見渡せる余裕…という分けじゃないとは思うけど、そういう懐の深さは羨ましい限りですね。

今後もプロトーナメントのいくつかに出場する予定と聞いています。人が生まれた環境もさることながら、その後の環境によっても人がどう育っていくかという部分も大きいですからね、貪欲な姿勢を貫く松山英樹くんに、これからも注目したいですね。

追伸:今回のギャラリーのマナーについて。大事なタイトルや賞金などに大きく影響されるため、人生をも変える1打になるかもしれません。石川遼くんだから…ということに限らず気をつけたいですね。そして、これを糧に石川遼くん、この一件を知ったギャラリーのみんなが1つでも成長できればいいんですけどね。

春夏と秋冬の入れ替え戦!2009年10月16日

先日ふと思い立ち、夜10時半に掃除を開始。気がつけば、随分と掃除してませんでした。

会社のデスクは綺麗にしようと心がけているものの、自宅に帰れば…。外食も多いため、リビングの机上に場所がなくても、あんまり気にしていませんでした。いやっ正確に言えば、気にしていたけど、なんにも施していなかったちゅうことですかね?

そうこうしているうちに、衣類の1軍と2軍の入れ替えをしなければと思い、掃除を完了させるまで気が遠くなりそうだったので「目先を変える意味で」押し入れをひっくり返してみました。

「…ひっくり返さなければよかった」

時計を見れば草木も眠る丑三つ時。それでも自宅は散乱した状態…これいつ解消されるん?

追伸:まさに押し入れに収まっている全選手の総入れ替えが我が家で始まったわけですが、それを前に「うわ、寒い」って感覚を得てから慌てて服を取り出すので、秋の入口当たりにぶち当たった時「もう少し、はよ服を出しておかないといかんかったわ~」って<毎年>後悔しております。みなさんはいかが?

この時期ならでは…2009年10月14日

早朝から近所では、なにやらマシンがうなりを上げていました。

「こんな時間からなんだい?」

窓を開けたら、稲刈りの最中でした。先日の3連休、それからしばらくは好天が続き、大きく実った稲が風に揺れる様子はこの時期ならではの、いつもの光景でした。最近ふと思ったんですが、この稲穂を揺らす風、田んぼをふわっと駆け抜ける風で、実は秋を感じるようになったんですよね。

30歳を過ぎて味覚が変わったとか、代謝が落ちたとか、いろいろと感じる、感じさせられる部分はあります。ただ、そんな中、何気ない風景から、心というか、気持ちが今までとは違う何かを感じ取ることがあるんだなと思ったまで…なんですけどね。

ちなみに、私の地元などでは刈り取られた田んぼで、こんな風景が見られます。
地元ではこれをはざかけといいます.jpg
「はざかけ」といいまして、こうやって稲を乾かすんですよ。

追伸:街を自転車で走っていると、ほのか~に金木犀のいい香りがするようになりましたね。

幸せの前の腹ごしらえ2009年10月13日

実はその披露宴の前日、静岡市内へ行き、友人と待ち合わせ。私の強い希望で出掛けた先にあったものとはこちら!
これが静岡おでんだ!.jpg
「静岡おでん」です!ぐつぐつ煮えるお鍋が向こうに見えますね。手前はかつお節粉で、この魔法の粉とアオノリをかけて、ふうふう言いながらいただくのです。

このお店は2軒目に訪ねたところなんですけど、実に「ディープ」な感じが写真を通して伝わっているとは思います。カウンターだけのお店に入り、焼酎水割りを頼んだところ、いきなり80ccくらいの小さな紙パックの焼酎を手渡されまして、あとはそれを自らジョッキに注ぎ込んで氷を投入。マドラーなんてしゃれたものもないので箸でかき混ぜる…といった具合です。でも、たまにはこういう感じもいいですね。

すると、2つ3つ離れたカウンター席の向こうから「おれ、エスパルスの年間シートもっててさ」「そういえば清水東OBなんですよね」などなど、サッカーどころの話がチラホラ。そういえば、静岡に入ったその日。10年前に優勝した清水エスパルスのメンバーがトークショーをしたっていう話題がニュースで放送されていました。

閑話休題。静岡おでんのメイン、欠かせない具材が黒はんぺんです。
黒はんぺん.jpg
すみません。上の黒はんぺんは1軒目のお店で接写したものです。

でも、どうです?もともと甘めの味付けなんですけど、魚の味が噛み締めるたびに歯と歯の間をすり抜け、歯と歯がぶつかるたびに、かつお節粉とアオノリがガチンコするんですけど、不思議と良い塩梅といいますか、マッチするんですよねぇ。

そして、番外編。披露宴前だというのに、腹ごしらえは浜松市内に移動して会場近くで。
くさでかでも人気らしい.jpg
豚バラをトンテキのような味付け、調理したものをご飯の上に乗せて、アツアツの鉄鍋でいただく。しかも、そのてっぺんにはとろけるチーズがトッピングされている!いやはや、凄いものを頂戴しました。味噌汁、サラダ、漬物もついて、1000円でお釣りが来るなんて!

静岡もなかなかやりますな!

ここでも新たな出発が2009年10月12日

大学時代の大親友であるTくんが結婚しました。最近こういう話が多いんですが、弊社では来月同僚が2組ゴールインするなど結婚ラッシュだったりして、大変喜ばしいことであります。

Tくんとは大学入学後すぐに知り合い、いろいろ話を聞くと共通点が多く、あっという間に意気投合しました。地元AMラジオ局の公開生放送を見に行こうと誘ってくれたり、三沢光晴ら「四天王」を擁する全日本プロレスを支持していた当時、愛知県体育館で新日本プロレスを見ようと誘ってくれたのも彼です。

大学を出てからも、時間があれば名古屋で会ったりして近況を報告したり、美味い飯でも食べようと出掛けることがありました。あれこれ思い出はつきないですが、私よりもしっかりしているので、どこに行くにも予習ができていて、とにかく楽でした(笑)。

そんな彼が彼女を射止めたきっかけが「カクテル」だったんです。社会人になってカクテルが好きになってバーに入り浸っているのは知っていましたが、時間が経過し、お互いそれぞれの事をしている間に変わるものですねぇ(…自分はどうなんだろう?)。

Tくんの住む街では去年冬、街の名前を冠したカクテルをコンテストで公募する事になり、その結果Tくんは惜しくも次点に留まったものの、彼女のTさんが入賞したとのこと。彼女はカクテルがあまり好きでなかったと披露宴の打ち合わせで聞いたんですが、だんだんカクテルにのめりこむとともに、Tくんとの仲も深まっていったようです。

そして、先日2人は結ばれました。

幸せな1コマ.jpg

2人のバックには市内の夜景が。披露宴では2人を取り持ったバーテンダーも登場し、そのパフォーマンスを魅せてくれました。「お店で出会ってゴールインしたというのが嬉しくて…」とバーテンダーも感極まっておりました。

新郎新婦の人柄はもちろん、家族や親族、同僚や友人知人らの作る雰囲気はとても穏やかでした。そして、彼らと知り合い、この門出に立ち会えたこと。時間や空気から感じられるものが幸せで、とても嬉しく感じるのでありました。

これからも末永くお幸せに。

スピンオフ企画!2009年10月 9日

先日ニュースBOXワイドでは愛媛FCのJリーグ2代目監督に就任したバルバリッチ新監督に直撃、その素顔などをご紹介しました。今回はそこでお伝えし切れなかった部分も含めてお届けしようと、スピンオフ企画を立ててみました。

▽日本のイメージについて
「日本の伝統文化や歴史、武術などから、日本人のメンタリティは攻撃的なのだろうと思っていました。しかし、来日してみたら、それほどアグレッシブではないなと感じました。どちらかというと、わたしたちバルカン半島の人間が攻撃的過ぎるのかもしれませんね」

▽イビチャ・オシム氏について(1986年~旧ユーゴ代表監督、ボスニア・サラエボ出身)
「これまでのサッカー人生で影響を受けた人は大勢います。旧ユーゴでも、スペインでも、偉大な指導者や選手に囲まれてきました。ソウル五輪の時、オシムさんが率いる旧ユーゴ代表に選ばれました。彼は旧ユーゴでもマン・オブ・ザ・ベスト。クラブでも代表でも監督として成功した人だからです。

彼はオーストリアのクラブチームで長い間指揮を執りましたね。いわゆるビッグチームなどいろんなオファーが来たにもかかわらず。断っていなかったら、今よりもっと超有名になっていたかもしれませんね。

ただ私は彼から特別何かを教わったわけではありません。それよりも、日本のジェフでも監督を務めた長男のアマルさんとサラエボでよく会っていて、日本のことを聞いたことがあります。なにしろ日本サッカーといっても、欧州や南米から大物が移籍した時に情報が伝わってくるくらいなんですから」

▽自身のプレースタイルは?
「現役当時、旧ユーゴにはいろんな良い選手いました。日本でも有名なストイコビッチも旧ユーゴでもスターの1人です。(自身も日本でプレーしてみたかった?)…いや、そもそも日本との繋がりがなかったから、それはないですよね。

自分のプレースタイルを口頭で説明するのは難しいですが、クラブの1選手として存在すること。そして、役割を果たすことをやってきました。ただ、いつもディフェンスがメインで。キャリアの半分をセンターバックだったり、ディフェンシブなMFとしてやってきました。

ポジション的には守備が中心ですが、それ以外にはFWのこぼれ球を拾って、2番目の攻撃だったり、ミドルシュートを打っていましたね。FWの魅力として<攻撃>が最大のポイントなんでしょうが、攻撃ばかりでは現代サッカーは成立しません。守る時も攻める時もトランスフォーム<変形>で、その時に適した形を取るのが不可欠なのです」

▽愛媛FC監督就任の決め手とは
「以前からその話はありました。候補の1人だったようです。FCシロキの監督や代表コーチをしていましたが、日本サッカーに携わることは、自分として非常に大きな挑戦であり、とても新鮮なものだと感じました。1からではないにしろ、若いクラブを成長させるという挑戦が、監督就任の最大のポイントになりました。

当然所属先が変わるとなれば、当然誰でもいろんなことを考えます。それは1部リーグだろうが、2部だろうが関係ありません。愛媛で印象に残ったのはGMとの話し合いで<非常に真面目だった>ということ。クラブを強くしよう、大きくしようという気持ちが伝わってきました」

▽今後のビジョンについて
「選手たちにはもっと攻撃的になってほしいんです。守備でも、攻撃でも、積極的になるということ。試合だけでなく、練習の時でも競争はあります。ポジション争いをしようとなれば、当然そこに闘争心、積極性が必要になります。試合で結果が出せるよう、常に競争があるべきなんです。

普段からもっと若手がその競争に参加して欲しいと思っています。個人に限らず、チーム全体にも同じようなことが言えます。まずは選手たちのメンタリティーを改善していきたいと思っています」

▽サポーターへのメッセージ
「まずは愛媛FCの監督として<よろしく>とお伝えしたいです。議論する余地もないのですが、現代サッカーにおいて、チームとサポーターの関係はとても大切なものです。

そのためには当然、質の高いサッカーを見せる必要があります。今後はよりよいものにしていくので、1人でも多くサポーターに来てほしいです。サポーターのいないサッカーなんてありえません。私たちはそのために日々の努力を積んでいきたいと思っています」

幸せのおすそ分けをいただきに…2009年10月 8日

元同僚Mちゃんが嫁いだ先は愛知県豊田市、そうです。私のホームタウンなんですねぇ。(勝手に思っているんですが)まるで1対1の交換トレード、なんとも珍しい人の行き来でございますねぇ。あ、オイラの価値は経年劣化で目減りしているから、年齢など若さによる対等な1対1はムリかも(笑)。

今年1月末に名古屋で披露宴があり、お邪魔させてもらいました。もちろん現在も新婚ホヤホヤ、いやホヤッホヤッ、うん?ホヤンホヤン…まぁいいか、とにかくアツアツなんですわ!てなことで、今回は新婚さんの住む愛の棲家に(←表現が古!)お邪魔しました、ウッシッシ…。

幸せなお2人.jpg

玄関を開けると、新しいお家に新しい品々が…ダイニングテーブルも、食器棚も、テレビも…うわぉ!コーヒーメーカーは2台あって、今回は私が「ゲスト」ゆえに、Sくんが「休日用」メーカーを稼動させて、小さなカップにコーヒーを出してくれました。やるねぇ~こういう旦那になってみたいもんだわ!

さとしくんが入れてくれました.jpg

それからしばらくリビングへ移動して、新婚旅行で出かけたというマチュピチュの写真を眺めることに。いいねぇ、マチュピチュ。見るだけならね。標高が高いから結構大変みたいですけど。あ、でも見ていたら、なんだか行ってみたくなってきたな。今はなかなか休みが取れないからね、新婚旅行の行き先候補に加えてみよっかなぁ~。

…って、その前にするべきものがあるだろうが!
それはさておき、MちゃんとSくん!これからもお幸せに!

ラウンドするたびに…2009年10月 7日

ゴルフに目覚めつつある、いちわきです。帰省した際の話を分割してブログをお送りしていますが、先日も両親とラウンドしてきました。

お約束の最終ホール.jpg

まだ下手くそなので、プレーすればするほどスコアが伸びるようで(←どんだけ最初がひどいねん!)この日も幸いなことに自己ベストをマークできました。あぁ、そういえばいつか見た棒高跳びのセルゲイ・ブブカみたいやなぁ。

しっかし、どうしてもラウンドするたびにボールがなくなります。OB白杭の向こうへ探しに行った時に、別のボールを拾うことはありますが(苦笑)。次こそは、次こそは!

ちなみに、我が家のハードディスクでは「アメトーーク」「ワールドプロレスリング」以外に、水巻善典プロが出演されているゴルフ番組を毎週撮り溜めて勉強してます(…あ、他局だ)。

そういう話をするようになったんですなぁ2009年10月 6日

帰省した折、同級生と5人でランチをすることになりました。高校の吹奏楽部のメンバーです。授業後、音楽室で楽器を奏でていた仲間たちですが、1人、また1人とお嫁に行ってしまい?今ではそれぞれが家庭や職場で活躍されているみたいです。

当日はみんなの顔を見て話をするまで、かなり緊張していたようです(笑)。少なくても3~4年逢っていない友人もいれば、それ以上だったりと「いったい何から話したらいいんだろう」てな感じで。とりあえず、愛媛から持っていった土産物のプレゼンをしながら、お昼をいただくことにしたんですけどね。

「え、いちわきくんだけ、34歳なの?」

ちゅうか、同級生だっちゅうの!たまたま6月で比較的誕生日が早くやってくるから、そういうネタになっちまうんですけど、まぁそれでもいいか。同級生に囲まれると、どうしても「突っ込まれキャラ」になりますから。

そんなこんなで話は各自の近況報告に。私と同じ未婚者の(失礼!)T君は名古屋市内で働いており、休日だというのに客の要望にあわせて出社したため、当日はスーツで参加。あ~なんか、高校時代とは違って(またまた失礼!)しっかりしてるわ。

幹事をしてくれたNちゃんは先日まで台湾に出張していたそうで。災害に見舞われている最中、台湾にいたそうで、これまた頑張ってるなと、その逞しさを強く感じるのでありました。このランチも、たまたま帰国した直後に私からのメールを受け取ったことから始まったそうで、ナイスな仕切りっぷりでした。

郵便局で働いているTちゃんとは年賀状でのやりとりだけだったんですが、実に何年ぶりかで…で、その何年ぶりか分からないくらい久しぶりの再開でした。男の子の母として家事も仕事も張り切っているとか。あぁ、オイラは仕事はなんとかできても、家事はできないっ。自分で精一杯じゃん。

Rちゃんは挙式と披露宴に参加させてもらった友人ですが、オットリとした表情とは裏腹に鋭いツッコミは今も健在。私もこういう仕事を通して、人前に出ても慣れるように努力してきましたが、彼女にはかないませんな。弊社にも川越アナウンサーがいますが、意外といい勝負かも。

このブログを見たほとんどの方が「それ誰やん」という記述ばかりですけど、みんな平等に1分1秒を過ごしながら、いろんな経験をして、ある時期からこれまでを共有できたことに感謝しつつ、自分自身も元気を分けてもらえた気がします。こちらも負けずに頑張らなきゃね。

で、やっぱり言われたのが「ところで、いつ結婚するの?」…って、オイラも知りたいわい!

野村高校が4強へ2009年10月 6日

秋の県大会がスタートしました。残念ながら1回戦は別の用事があり、見ることはできませんでしたが、翌日の準々決勝を見に、坊っちゃんスタジアムへ出かけてきました(…恥ずかしい話、前日と間違えて1時間も前倒しで球場に行ってしまいました…)。

第2試合は「松山聖陵対野村」でした。野村は人数が少ないものの、旧チームから主力で活躍する選手も多く、最後まで集中したプレーを見せて、4対1で勝利しました。真夏とは違って暑さが和らいだとはいえ、精神的なプレッシャーがかかりそうな公式戦2デイズでも、しっかりエース市川がマウンドを守り抜きました。

「中盤で球威がおちなかった、それどころか最近は尻上がりに良くなるんですよね」とは長瀧監督。ストレートがすこぶる速いわけではありませんが、切れの良いスライダーがそのストレートによって、もっと威力を増す、そんな相乗効果を生みながら、9回まで相手打線を翻弄していたような気がします。

先日ラジオ中継を聞きながら、解説の平野謙氏が中日の川井投手について、こう評していました。「今日はカーブに的を絞った巨人打線にいきなりヒットを打たれました。そこでコントロールに気をつけて投げるようにしたんですが、今度はカーブでストライクが取れないと。捕手もどのサインを出したらいいか分かりませんよね」

川井投手の持ち味は制球ではなく、ズバリ緩急であると。開幕から11連勝でしたっけ?勝ちまくった時はこれが冴えていました。勝っている最中も本人曰く「食べ物が喉を通らない」緊張感に襲われたそうですが、久しぶりの勝利を掴もうとした矢先、3連勝を狙った巨人戦で2回KOを喫してしまいました。

投手のタイプはそれぞれあり、160キロのボールが投げられなくても、コントロールが悪くても、タイミングを外す、相手をかわす術があれば通用することがあるんですよね、実際に川井投手が実践したわけですから。

制球も球威も緩急も…と人間ですから様々なことを求めるのは当然ですが、練習で不可能なことは試合でもそうそうできませんし、とはいっても相手がいる競技ですから、それまでのトレーニングなど試合に向けた準備ができたうえ、その時々の組み方によっては、思わぬ強みを発揮できることも可能なんですね。その1つが己を知るということだと思うんですけど。

自分も「気の利いたことを言おうかな」として、よく噛みます(笑、いや笑えない)。

秋の四国大会に向けた戦いは、今度の土曜日から再開されます。

代表的な名古屋めしの1つです2009年10月 2日

やはり地元に帰ると、どうしても行きたくなってしまうのが喫茶店「コメダコーヒー」です。愛知県を中心に今では各地に店舗を広げているチェーン店です。ホットブレンド1杯380円、至福のひと時がここにも。

コメダコーヒー.jpg

そういえば以前も「シロノワール」で掲載したことがありますが、モーニング時間帯はコーヒーにトースト、ゆで卵もついてきます。

ゆっくり起きた朝はコメダへ出掛け、スポーツ紙を3~4紙読みあさり、週刊誌もこれまた2~3誌ガンガンめくって、コーヒーをすすります。だいたい地元紙は1社2紙以上取り寄せていることも多いので、読みたい時にだいたい読めるんですよね~って気がついたら結構時間が過ぎていて、居心地がいいんですわ。

そんなこんなで、最後はこちら。名古屋めしというわけではありませんが…

栗きんとんです.jpg

全国でも栗で有名な岐阜県中津川市で見つけた逸品。最近、松山の知り合いから初めて聞いて、出掛けたんですが、岐阜県中津川市のJR中津川駅となりの物産館で扱われているのが上の写真の「栗きんとん」です。

なんと市内6店舗の栗きんとんが1つずつ、1つの箱に入って「味くらべ」ができるようになっているんです!今までは考えられなかったんですけどね。それぞれの菓子舗のプライドがありますからね、同じ箱に収まるなんて信じられないけど、私たちにとっては大変ありがたいことでございます♪

んで肝心の味くらべは…どれも美味いっす!美味いっていうか、違いが分からん男です(涙)

行った月、来た月2009年10月 1日

気がつけば9月が終わり、10月がやってきました、神無月です。はい、もちろんプロレス芸人じゃないですよぉ。そんな中、しばらくお休みを頂戴しており、大変失礼しました。

ただ月をまたいでも「味覚の秋」には変わりなく、帰省した時にはこちらを舌鼓しました。
味覚の入口.jpg
(奥は鮎の田楽、手前は鮎の塩焼です)

炭火で焼き目がついた鮎は、とても香ばしいですね。思い切って頭からかぶりつくと、口いっぱいにほんのりと苦味が広がり、そのすき間をぬって上品な脂が追いかけてきます。昔から食べてきた味とはいえ、松山に来てからその回数も減っていたんで、もうとにかく幸せでしたね。

味覚の出口.jpg
(奥は鮎の田楽跡、手前は鮎の塩焼き跡です)

炭火ゆえに、実際に焼きあがるまで火おこしからカウントすると、結構時間がかかるものですが、食べてしまうと、あっという間ですね。いやいやホントにごちそうさまでした!

お~っと至福のひと時で忘れそうになりましたが、忘れちゃいけない!そうそう9月にも増し、この10月が皆様にとって素晴らしい時間となりますように…。合掌

アナウンサールーム

アナウンサー
坂口 愛美

■坂口 愛美

吉井 万結

■吉井 万結

大堀 結衣

■大堀 結衣

長廻 雅美

■長廻 雅美

大沢 寧工

■大沢 寧工

市脇 康平

■市脇 康平

村上 健太郎

■村上 健太郎

戸谷 勇斗

■戸谷 勇斗

月別ブログ

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • eatみんながカメラマン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅ2
  • JA共済Presents えひめ農産品だより
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です