アナウンサーブログ

市脇 康平

市脇 康平Kohei Ichiwaki

詳しいプロフィール

プロフィール

生年月日
1975年6月24日
出身地
愛知県豊田市出身
入社年月日
2000年10月入社

担当番組

「ちかくナルナル なるちか!」(土 午後5:00~)
「らぶちゅちゅ」(木 深夜0:20~)
「交通安全ココワンTube♪」(木 午後6:55~)
「高校野球実況」ほか

eatの桜は満開間近なのに...2018年3月25日

J2第6節「愛媛対岐阜」は3対1で敗戦。緻密な守備はどこへやらって感じの3失点。右膝の痛みで出遅れていた近藤が後半途中出場。PKで1点を返すものの、その後のチャンスを生かしきれませんでした。

立ち上がりにバタバタして前半14分に失点しましたが、その後からは積極的にボールを追いかけて徐々にプレスが効き始めると、岐阜がボールを後ろに下げるようになったところからボールを拾い、しばらくチャンスを作っていました。でも、チャンスで「オレが決めるんだ」っていう気概が足りないような気も…。チャンスの時に「可能性が高いのはパスだ」と判断し、冷静に誰かにボールを預けるのも間違いではないんですけど、前線の選手たちにはもっともっと貪欲にゴールを狙ってもらいたいですね。

あと選手交代で、やや後手に回った印象もあります。スタメンの多くが能動的に動き、ボールや選手を囲む時間帯も出てきた中で「後半いける」と判断できたかもしれません。しかし1点を追う展開で、第2節や第3節のように早めに仕掛けなかったことが、かえって失点を重ねてしまったり、DFの負傷退場を招いた要因の1つになったのではないかと想像しています。

とはいえ、選手・スタッフは今、もがき苦しんでいます。必死にやっています。「あきらめたりとか、落ち込んだりとか、戦うのをやめた目をしている人間は1人もいなかった(間瀬監督)」という試合後のロッカールームの空気を信じて、少しずつ前に進んでいきましょう。

いろいろ書きましたが、あくまで個人の見解ですので…はい。最後に満開間近のeatのソメイヨシノをご覧ください。「愛媛FCの春満開」って見出しを書きたかったな。

eatの桜は満開間近なのにjpg

祝!今季初勝利2018年3月22日

J2第5節、愛媛FCは敵地でアルビレックス新潟と対戦!昨季までJ1だった強豪相手に、丹羽のゴールで奪ったリードを守り抜き、1対0の完封勝利!

「おめでとう」「よかったね」

…頑張ったのはチームのみなさんなんですが、きょうは社内でスタッフのみなさんから、随分と笑顔で声をかけてくれました(笑)

まず1勝できました。さぁこれからです!次節は25日(日)午後4時からニンスタでFC岐阜と対戦。今季初の連勝を狙います!

春!jpg

eat敷地内のソメイヨシノも春に向かって開花が進んでいました!

ご近所で...2018年3月20日

雨上がりの朝、通勤で近所の小学校の近くを通ると…

ご近所です.jpg

太いゴツゴツしたソメイヨシノの幹から、か細い枝が伸びていて、その先に花が3輪開いていました。

普通は天を仰ぐようにスマホを向けますが、この時ばかりは上から撮影しています。ややヒザを曲げながら…プルプル(笑)

この様子だと、入学式の時は葉桜かな?

4連敗ですけど、なにか?2018年3月19日

J2第4節、愛媛FCはロアッソ熊本に対し、一時は同点に追いつく場面を見せましたが、2対1で敗れました。愛媛は熊本の2本を上回る11本のシュートを放つものの、神谷のヘディングシュートがポスト直撃するなどの不運もあり、ついに開幕4連敗となりました。

…ですけど、なにか?

今季J1を見れば、あの浦和やガンバ大阪ですら「未勝利」。ビッグクラブならば、ボチボチ「責任論」ってものが沸いて出るんでしょう。あの試合後のニンスタで、なにやら横断幕が出ていたようですけど、個人的な意見を述べるとすれば、ちょっと違うんじゃないかなと思うんですよね。

試合を見れば感じるはずなのですが、内容が上向き始めていて、けが人の復帰で戦力も揃いつつある中です。ここで、仮に指揮官を代えたとしても、ようやく形になり始めたところ。強豪チームのような個の力に頼れるわけでもありません。監督交代は現在の戦力を見る限り、かえって路頭に迷うだけじゃないかって思うんですよね。もちろん、J3降格なんてもってのほかですが。今の愛媛FCに処方すべきは、ショック療法ではないと思っています。

内容は上向きであるjpg

4連敗を喫した翌日の愛フィールド梅津寺。選手も、スタッフも、サポーターも、次に向かって走り始めていました。

試合後は私自身、気落ちしていたのもありますけど、切り替えが大事!あと38試合でちゃんと答えを出せるか、このチームをしっかり見届けたいと思います。

eatの桜も開花宣言2018年3月19日

「おい、イッチー。今年は、ちゃんと見てるのかい?」

この季節になると、先輩Aカメラマンが気にかけてくれます。そうです、eat敷地内に1本だけひっそりとたたずむソメイヨシノ。

きょうは朝から雨だったので、咲いていないだろうと思いきや、昼ニュースで「松山でも桜が開花」なんて話になったので、慌てて見に行くと…

雨の中で開花宣言!.jpg

近づいてみたら、5~6輪の開花を目視で確認することができました!ということで…

「eatの桜も開花しました」

でも、いつから花は開いたのだろう(笑)

開幕3連敗。その後は...2018年3月12日

J2第3節、愛媛FCは「鬼門」三ツ沢で3対0の完敗。2006年のJリーグ昇格以降、初の開幕3連敗を喫しました。それぞれの場面で選手・スタッフは奮闘していますが、勝負は実に酷であります(涙)

試合後、間瀬監督は「下を向いても始まらない。次に向けてしっかり準備をしたい」と話しています。

で、J2開幕3連敗したチームがその後どうなったのか?気になったので調べてみました。

2017年群馬/22位(※第1節から6連敗)

2016年横浜/8位

2015年福岡/3位

2014年讃岐/21位(※第1節から7連敗)

2013年なし

2012年なし

2011年東京V/5位

2010年東京V/5位(※第1節休み。第2節から3連敗)草津/12位(※第1節から5連敗)富山/18位(※第2節休み、第1節と第3節と第4節で黒星)

取り急ぎ2010年までさかのぼったら、こんな感じでした。そう、決して落ち込む必要はないのです!もちろん、必死で頑張らなきゃいけませんがっ!!

次節こそ今季初勝利だ!ホームで17日(土)熊本戦です…この日は「なるちか!」でニンスタにいけませんが、勝利に向けて念を送ります。

いざ!鬼門・三ツ沢へ2018年3月10日

J2第3節で、愛媛FCは横浜FCと激突。前日練習は10日午前、約1時間行われました。冷たい北風が身にしみましたが、ケガなどでチーム練習から外れていた選手が徐々に戻っていることもあり、本格的な春、そして連敗からの巻き返しが、本当に楽しみになってきました。

前日練習ですjpg

間瀬監督「我々は開幕からメンバーを入れ替える中でも、成長しながら戦うことができている。開幕2連敗をしているが、弱気な姿勢を見せる選手は1人もいない。横浜FCは過去2節で対戦した相手より個の力が強いが、しっかり1週間準備ができた。局面での適応力も見せながら、勝ち点を取りに行く」

DF池田選手「過去2試合、サイドから失点してしまっている。マークのズレが主な原因だが、コミュニケーションを取りながら改善を図っている。横浜には強力FWイバもいるが、なんとかゼロに抑えて勝ちたい」

FW丹羽選手「開幕戦は出られなかったが、第2節で自分のプレーがちょっとはできたと思っている。もちろん、まだまだだけど。このチームが三ツ沢での勝利がないことは知っているし、自分自身、次は勝負だと思って試合に臨んでいく」

千葉から移籍加入が今週発表されたFW吉田選手「千葉で実践練習から外れることが多く、選手として環境を変えたいと思っていたところに、オファーが来て移籍を決断した。選手としての価値を確かめたかった。チームのために、自分のために、過去にとらわれず頑張っていきたい」

左足のシュートに自信を持つ吉田選手、ポジションはこだわっていないと貪欲な姿勢を見せています。9日から合流したそうですが「エーコちゃん(小池選手)とか、グッピーさん(岡本選手)とか、千葉にいた選手もいたし、玉ちゃん(玉林選手)は松本で1年重なっていた」こともあり、フレンドリーな雰囲気にホッとしたとも話していました。

愛媛FCがJリーグ参戦した2006年以降、勝ち点を挙げられているものの、勝利がない「鬼門」三ツ沢が第3節の舞台。ぜひ新たな歴史を刻んで、愛媛に帰ってきてほしいと願うばかりです。

今季初勝利へ!2018年3月 3日

愛媛FCは3日、愛フィールド梅津寺で、翌日に敵地で行われる山口戦に備え、およそ1時間、最終調整を行いました。

山口戦前日jpg

日差しの温もりを感じながら、北風のヒンヤリ具合が冬の名残を思わせるようなピッチで、選手たちは汗を流していました。

間瀬監督「本来は最後まで走りきれるチームだが、開幕戦では体力を落とす展開になってしまった。体力が落ちたことは確かだが、それにいたる展開に問題があった」と分析。

そんな中で、第2節で対戦する山口は、開幕戦でなんと4得点!攻撃の勢いそのままに、ホームでの戦いとなります。まさに「イケイケ」の状態、立ち上がりからフルスロットルで、愛媛に襲い掛かってくることが想像されます。でも、決して引くことなく、しっかりと局面を見極めながら、冷静にいなしていく「したたかさ」で勝負できるか。

前野副主将「選手間でもこれまでコミュニケーションをしっかりとってきているので臨機に対応したい。副主将とかキャプテンマークをつけるとかプレーに関係ない。リン(DF林堂選手)もいるし、グッピーさん(GK岡本選手)もいるので、みんなで立ち向かっていくだけ」

ボランチの田中選手が前節退場で出場停止のため、選手のやりくりが大変ですが、こういうときだからこそ…こういうときでなくてもそうだけど!しっかり戦える集団であることを“90分持続して”表現してほしいと思います。

アナウンサールーム

アナウンサー
坂口 愛美

■坂口 愛美

吉井 万結

■吉井 万結

大堀 結衣

■大堀 結衣

矢端 名結

■矢端 名結

大沢 寧工

■大澤 寧工

市脇 康平

■市脇 康平

村上 健太郎

■村上 健太郎

戸谷 勇斗

■戸谷 勇斗

月別ブログ

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • 瀬戸の夢橋 絶景物語動画投稿
  • eatみんながカメラマン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • JA共済Presents 愛ある農産品 えひめこだわりさがし

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です