けんたがゆく

2018年7月29日(日)午後10時2018年7月29日

台風遠ざかってもtyphoon 
土砂災害に注意必要sign01

20180729-7-1.png
台風12号は、午後9時現在 九州地方を南下しています。
愛媛県内からは、次第に遠ざかっていきますが
大気が不安定な状態が続きます。
これまでの大雨で地盤が緩んでいるところがあるため
南予を中心にひきつづき 土砂災害に注意してください。
あす30(月)夕方まで予想される雨は
中予と東予 100ミリ 南予 130ミリ
その後も雨量が増える見通しです。
20180729-7-3.png
台風12号 今後の進路ですが
いまのところ 九州の南海上を通過後 
ゆっくりと中国方面へ向かう見通しです。
愛媛県内へも台風からの暖かく湿った南からの空気が流れ込むため
台風が遠ざかっていても 大気が不安定な状態がつづきます。
さらに南風によって気温も上がる日が多く猛暑日が続くでしょう。
来週は、ふたたび酷暑がつづくでしょう。
熱中症にならないよう 気をつけて下さい。

2018年7月29日(日)午後3時2018年7月29日

台風12号 中国地方を横断中typhoon
愛媛県内 南予で大雨警戒をsign01

20180729-6-6.png
台風12号 29日午後3時現在 山口市付近にあり
中国地方を西へ進んでいます。
20180729-6-7.png
愛媛県内からは、徐々に遠ざかっていきますが、
台風の移動速度が遅いため 雨や風の影響が長引く恐れがあります。

20180729-6-1.png
宇和島周辺には、午後2時ごろから線状の活発な雨雲がかかり続けています。
西日本豪雨で被災した地域を中心にライン状の雨雲がかかっているため
土砂災害や河川の氾濫による二次災害に注意警戒してください。
20180729-6-2.png
土砂災害警戒メッシュ情報をみても線状降水帯に沿って
宇和島周辺の一部で非常に危険な状況になっています。
このあと夕方にかけてゆっくりと線状降水帯も西へ移動していく見通しです。
今夜遅くにかけても大気の不安定な状態が続くため、
南予では雨が降りやすい状況が続きます。
20180729-6-3.png

少しの雨でも土砂災害が発生する恐れがありますので、
避難勧告や避難指示が出ている地域では 明るいうちに避難をしてください。
 

2018年7月29日(日)午後2時2018年7月29日

台風12号 愛媛県内最接近中
29日夜にかけて 南予で大雨警戒

20180729-5-3.png
台風12号は29(日)午後2時現在 
山口市の東にあり、時速30キロとゆっくりと西へ進んでいます。
これからさらに速度を落として進む見通しですので
同じような場所で大雨の影響が長引く恐れがあります。
20180729-5-1.png
愛媛県内は、午後2時現在 南予地方に活発な雨雲がかかっています。
宇和海からの湿った空気の流れ込みの影響もあり、線状降水帯が形成されています。
愛南町~宇和島~西予市~八幡浜にかけて 線状降水帯がかかっています。

20180729-5-2.png
とくに宇和島市周辺では、1時間に50ミリ以上の激しい雨が降っている所があります。

西日本豪雨で地盤が緩んでいます。二次災害の恐れがありますので
土砂災害や河川の氾濫に厳重に警戒してください。
危険を感じたら、直ちに避難をしてください。
避難が難しい場合は、家の中でも少しでも高い場所に避難をお願いします。

2018年7月29日(日)正午2018年7月29日

台風12号 異例のコースで西日本横断中
愛媛県内 今後の
見通しは・・・

20180719-3-3.png
台風12号が東から西へと異例のコースで西日本を横断しています。
愛媛県内へは台風本体の活発な雨雲が朝からかかっています。
20180729-3-1.png
正午現在、松山市から今治市にかけてライン状の活発な雨雲がかかっているため
松山市では22.5ミリの強い雨を観測していて 
松山市から今治市にかけて激しい雨が降っている所があります。
この雨で松山市内の河川(吉藤川・宮前川)も氾濫する危険が高まっています。
吉藤川や宮前川周辺にお住まいの方、河川の氾濫による浸水に警戒をしてください。
20180729?3?2.png
今後 これらの雨雲はゆっくりと西へと進む見通しです。
南予では夕方ごろ 台風の外側の活発な雨雲がかかる見通しです。
1時間に50ミリの激しい雨の恐れがあり
あす正午までに県内全域150ミリのまとまった雨が予想されています。
短時間に雨量がまとまる危険性があるため
台風が遠ざかった後も警戒を緩めないでください。
とくに西日本豪雨の被災地では地盤が緩んでいます。
少しの雨でも土砂災害や河川の氾濫する恐れああります
まだ避難していない方、早め早めの避難をお願いします。

2018年7月29日(日)午前11時2018年7月29日

台風12号 愛媛県へ最接近typhoon
土砂災害 浸水に厳重な警戒をsign01

20180729-2-4.png
台風12号は、11時現在広島県を西へ進んでいて、愛媛県内へ最も接近しています。
台風本体の活発な雨雲が愛媛県内へかかってきています。
20180729-2-2.png
中予から東予にかけて(松山市・伊予市・東温市・西条市・今治市)
ライン状の活発な雨雲がかかっているため、
これらの地域では低い土地の浸水に注意警戒して下さい。
20180729-2-3.png
そして今後も台風はゆっくりした速度で西へ進むため
愛媛県内でも同じ場所で雨が降る恐れがあります。
あさって31(火)正午までに予想される雨は、
県内全域200ミリから250ミリとまとまった雨が予想されています。
20180729-2-1.png
今後活発な雨雲は、徐々に南予でもかかってくる見通しです。
南予の被災地では、少しの雨でも二次災害の恐れがあります。

あすにかけても厳重な警戒を続けてください。
 

2018年7月29日(日)午前10時2018年7月29日

台風12号 西日本横断中
愛媛県内への影響は・・・

20180729-3.png
台風12号が東から西へと異例のコースで西日本を横断しています。
10時現在 台風12号 暴風域はなくなりましたが、
愛媛県内は風速15メートル以上の強風域に入っています。

20180729-1.png
20180729-5.png
愛媛県内にも台風本体の活発な雨雲がかかってきています。
東予や中予赤く囲んだ地域で激しく降っています。
今後激しい雨のエリアは 中予から南予へと移っていきます。

きょう29(日)夜にかけて
局地的に1時間に50ミリ以上の激しい雨が降るところがあり
あす30(月)にかけて県内全域200ミリのまとまった雨が予想されています。
西日本豪雨災害の被災地(南予)では地盤が緩んでいるところがあるため
少しの雨でも二次災害が発生する恐れがあります。
20180729-2.png
最新の台風情報をテレビやインターネットでこまめにチェックして
雨の降り方に危険を感じたら直ちに避難してください。
 

2018年7月28日(土)2018年7月28日

台風12号の影響でtyphoon
29(日)は大荒れに・・・

20180728-1.png
台風12号が強い勢力を維持しながら本州へ接近しています。
今後次第に進路を西よりに変えて
今夜28(土)未明からあす29(日)に
東海地方から近畿地方に上陸する恐れがあります。
その後 台風は次第に速度を落としながらあす29(日)
西日本を横断する見通しです。

29(日)昼すぎから夕方にかけて 愛媛県内へ最接近する見通しです。
このためあす29(日)は、愛媛県内でも雨風強まり、
局地的に激しく降る恐れがあります。
今夜28(土)からあさって30(月)予想されている雨は、
県内全域 多いところで200ミリから300ミリと
まとまった雨が予想されています。

台風接近に伴って、風も強まる見通しです。
県内でも29(日)未明から強風域に入り、昼過ぎには台風の暴風域に入るため
20メートルから25メートルの非常に強い風が吹く恐れがあります。

雨風のピークは、あす29(日)ですが、大気の状態が非常に不安定ですので
短時間に雨量がまとまる恐れがあります。
西日本豪雨で被災された地域では、まだ地盤が崩れやすい場所があります。
台風が接近する前に早め早めの避難や対策をお願いします。

2018年7月26日(木)2018年7月26日

台風12号 北上中typhoon
県内への影響は・・・

3.png
連日の酷暑で体調を崩されてないでしょうか。
県内でも災害レベルの猛暑が続いています。
これだけの暑さがつづくと、屋外だけでなく屋内でも昼夜問わず 
熱中症にかかる恐れがあります。
8月上旬にかけてもこの異常な暑さが続きそうです。
体調管理に十分ご注意ください。
1.png
さてもう一つ心配なことがでてきました。
台風12号が北上しています。
しかも県内に影響がでるコースを通りそうです。

通常だと台風は偏西風に流されるので、西から東へ進むことが多いのですが、
今回なぜこのような進路予報になっているかといいますと、
寒冷渦(かんれいうず)という寒気を伴った低気圧が
台風の進路を変えてしまうからです。

台風と低気圧が近づくことでお互いに
ぐるぐる回ってしまう現象を藤原の効果といいます。
5.png
水蒸気画像で寒冷渦と台風12号の位置を確認すると、
青い線で囲んだ部分が寒冷渦、赤い線で囲んだ部分が台風12号です。
台風と寒冷渦がおたがい反時計回りに回るので、台風が本州へやってきそうなのです。
予報の精度が安定してきてますので、本州方面へやってくるのはほぼ間違いなさそうです。

台風12号が愛媛県へ最接近するのは、いまのところ29日(日)になりそうです。
このコースを通ると台風の接近前のあす27(金)から
台風周辺の湿った空気と上空の寒気の影響で大気の状態が非常に不安定になるため、
愛媛県内でも山沿い中心に局地的な大雨になる恐れがあります。

西日本豪雨で被害を受けた地域では、少しの雨でも2次災害が起こる恐れがあるため
できればあす27(金)あさって28(土)のうちに
避難所の確認や雨対策などをしておいた方がよさそうです。
今後の台風情報には十分ご注意ください。

2018年7月10日(火)2018年7月10日

四国地方 梅雨明けsun
厳しい暑さ 要警戒sign01


今回の豪雨で被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。
1日も早い復旧を願っております。

20180710-1.bmp
きょう、四国地方で梅雨明けが発表されました。
今後しばらく 晴れて厳しい暑さがつづきます。
気象庁からは、異常天候早期警戒情報が発表されています。
これは、今後1週間 かなり暑くなる場合に発表される情報です。
週末にかけては、猛暑日のところもでてきそうです。
とくに大洲市内や野村町は盆地のため気温が一段と高くなります。

被災された方やがれきの撤去作業をされる方は、
熱中症にならないようお気をつけ下さい。
こまめに水分と休憩を取りながら作業してください。

愛媛県内 明日11(水)もよく晴れて 厳しい暑さが続きそうです。
熱中症要警戒sign01
【明日11(水)の天気】
(松山)
20180710-3.png

(新居浜)
20180710-2.png

(宇和島)

20180710-4.png
気象庁HPより
 

2018年7月9日(月)2018年7月 9日

大雨の後は
猛烈な暑さに警戒sweat01


今回の大雨で被害に遭われた方々、避難されている方々
心よりお見舞い申し上げます。
201807091450-00.png
先週の雨から一変して きょうの県内 朝から青空が広がっています。
衛星画像でみても西日本は、晴れのエリアに入っていて
よく晴れている分、各地猛烈な暑さとなっています。
ただ、南海上の台風8号の動向が気になるところですが、
1808-00-1.png
台風8号の進路予報もおおむね西にそれる見通しです。
県内に直接的に影響することはなさそうです。
ただ、台風の影響で高気圧の勢力が強まるため
今後しばらく猛烈な暑さが続きます。
ひょっとしたら、あすにも梅雨明けの発表があるかもしれません。

被災された地域では、がれきの撤去作業する方も多いと思います。
厳しい暑さが続きます。熱中症ならないようお気をつけ下さい。

2018年7月8日(日)2018年7月 8日

大雨特別警報解除
8日夜遅くまで 土砂災害に警戒をsign03

all_2018-07-08t0550_00.png
南予に発表されていた大雨特別警報は、14時50分に解除されました。
愛媛県内は、大雨の峠は越えましたが、大気の不安定な状態がつづきます。
南予では局地的に激しく降るところもあるため、土砂災害に警戒をして下さい。
降り始めからの総雨量が900ミリを超える所があり
愛媛県内は記録的な大雨となっています。
doshamesh_201807081440.png
まだ土の中には、水分が多く含まれていて
今後少しの雨でも土砂災害が起こる恐れがあります。
あす夕方までに県内全域 20ミリの雨が予想されているため
ひきつづき土砂災害には厳重に警戒をしてください。

2018年7月8日(土)午前11時2018年7月 8日

南予 大雨特別警報発表中rainthunder
土砂災害・河川の氾濫に最大級の警戒をsign03


doshamesh_201807081000.png
宇和島市と愛南まtに大雨特別警報が発表されています。(8日正午現在)
活発な梅雨前線が停滞しているため南予では局地的に積乱雲が発達し
これまでに経験したことがないような大雨になっています。
愛媛県内では 降り続く雨により地盤がかなり緩んでいて
広い範囲で土砂災害が発生する恐れがあります。
紫色に囲まれた場所は、災害発生の危険が高い地域です。

土砂災害、河川の氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒してください。

数十年に一度しかないような災害が差し迫っています。
少しの雨でも土砂災害や河川の氾濫の危険性があります。
厳重な警戒をつづけてください。

避難できる場合は早めに避難をしてください。
周囲がすでに浸水するなどして無理に動くと危険であれば
建物の2階以上で 崖から離れた部屋に移動するなどして
できるかぎり安全を確保してください。
18070809.png
これから前線の活動は徐々に弱まりますが
あすにかけても前線が停滞するため南予では
局地的に1時間に60ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあり、
あす9日正午まで
南予で100ミリ中予・東予で60ミリの雨が予想されています。

テレビやインターネットで最新の情報を確認し、
最大級の警戒をして下さい。
早めの避難や安全確保など命を守る行動をしてください。


 

2018年7月7日(土)2018年7月 7日

愛媛県内 記録的大雨
土砂災害・河川の氾濫・浸水に警戒を

18070718.png
活発化した梅雨前線の影響で全国的にも被害が拡大しています。
愛媛県内でも記録的な大雨で多くの被害が出ています。
県内の雨は 小康状態になっていますが、大気が不安定で
あす8日(日)にかけてもまだ雨が降りやすい状況がつづきます。
降り始めからの総降水量は、900ミリを超えているところもあり、
県内複数の地点で観測史上最大の雨を記録しています。
doshamesh_2018070720201.png
これまでの大雨で地盤が緩んでおり、土の中には水分がたくさん含まれています。
南予ではいたるところで許容範囲を超えている箇所があります。
今後少しの雨でも土砂崩れが起きやすい状況ですので
もう大丈夫だと思わずにしばらくは警戒を続けてください。
18070809.png
あす以降、台風8号の影響でふたたび梅雨前線が活発化する恐れがあります。
テレビやインターネットで気象情報をこまめにチェックして
少しでも危険を感じたら、すぐ避難して下さい。

 

2018年7月7日(土)午前3時2018年7月 7日

土砂災害・河川の氾濫
最大限の警戒をsign03


梅雨前線が停滞しているため 昨夜から県内も活発な雨雲がかかり続けています。
48時間で降った雨は、今治と大三島で観測史上最大を記録しています。
今治335ミリ 大三島294ミリ
highresorad_2018070703102.png
7日午前3時現在、南予に活発な雨雲がかかっているのがわかります。
今後も南予~中予にかけて(八幡浜~長浜~松山にかけて)同じような場所で
雨雲がかかり続ける見通しです。

doshamesh_2018070702503.png
土砂災害警戒メッシュ情報では 
八幡浜や大洲 内子、鬼記など南予できわめて危険な状況が続いています。
九州地方や中国地方に特別警報も発表されています。
これまでにない重大な危険が迫っています。
数十年に一度の大雨が予想されます。
愛媛県内でも例外ではありませんので 身を守る行動をお願いします。

2018年7月7日(土)午前2時2018年7月 7日

活発な雨雲 県内通過中
土砂災害 厳重警戒sign03


doshamesh_201807070120.png
愛媛県内にもライン状の活発な雨雲がかかりはじめてきました。
あす朝にかけて同じような場所に前線が停滞するため
愛媛県内でも大雨による土砂災害に厳重な警戒が必要です。

土砂災害警戒メッシュ情報から 松山市今治市で 
非常に危険な状況になっています。
最新の気象情報をこまめにチェックして
危険を感じたら、避難するようにしてください!
 

2018年7月6日(金)19時2018年7月 6日

県内も記録的大雨thunderrain
土砂災害・河川の氾濫に厳重警戒sign03

180706151].png

活発化した梅雨前線が停滞して記録的大雨をもたらしています。 
九州地方や中国地方では、大雨特別警報が発表されている地域もあります。
愛媛県内も 今夜これからあす朝にかけて 活発な雨雲がかかる見通しです。
highresorad_201807061900.png
午後7時 現在のレーダー画像をみてみると、
広島付近に線状の降水帯がかかっているのがわかります。
今回の大雨の特徴は、同じような場所で大雨が続くという特徴があります。
バックビルディング現象といいますが、雨雲が次々に発生しては流れ込み
また発生しては流れ込むというような危険な状況がつづいています。

1807061511.png
愛媛県内にも 今夜これから 広島付近の線状の降水帯が南下して
愛媛県内のどこかにかかる恐れも十分あります。
あす7(土)夕方までに予想される雨は、
東予と中予で250ミリ  南予で300ミリ

あさって8(日)にかけては
さらに県内全域で 100ミリ~200ミリの雨が予想されています。

愛媛県内では 6月29日からこれまで降った雨で 地盤がかなり緩んでいます。
石鎚山成就社で 751ミリ
鬼北町 近永で 489ミリ
四国中央で   412ミリ
新居浜で    307ミリ
内子町獅子越峠 452ミリ

 

doshamesh_2018070619509.png

※東予や南予の山地を中心に かなりの水分が地中に含まれています。
地盤はスポンジ状態になっていますので、いつ崩れてもおかしくない状況です。
6日午後7時現在の土砂災害警戒メッシュ情報から 
八幡浜~内子など南予の一部で非常に危険なエリアに入っています。
いつ土砂災害や河川が氾濫してもおかしくない状況です。 

TVやインターネットなど気象情報を確認しながら
少しでも危険を感じたら、すぐに避難するようにしてください。

土砂災害の前兆としては、崖の近くにお住まいの方は、
土臭いにおいがしてくるとか、道路が濁流になっているとか 
そういう状況になっていたら 家の外に出るのは危険ですので、
家の中の少しでも高い場所へ避難するようにして下さい。

 

 

2018年7月6日(金)正午2018年7月 6日

県内も 記録的大雨rain
土砂災害 厳重警戒sign03

highresorad_2018070610001.png

西日本に停滞している梅雨前線の影響で愛媛県内でも大雨になっています。
今回の特徴は、梅雨前線の動きがほとんどないため
同じような場所で長期間大雨がつづく恐れがあります。
台風7号による大雨で地盤の緩んでいるところがあるため
このまま降り続くと県内でも土砂災害が頻発する恐れもあります。
doshamesh_2018070612207-1.png
正午現在、土砂災害の危険度をあらわす土砂災害警戒メッシュ情報から
内子町や東温市で非常に危険な状況になっています。

雨はあす7日(土)~あさって8日(日)にかけて降り続く見通しです。
(予想雨量)
あす  7(土)正午まで   県内全域 250ミリ
あさって8(日)正午まで   県内全域 200ミリ~300ミリ
※総雨量が500ミリを超える 記録的大雨の恐れもでています。
※土砂災害や河川の氾濫には厳重に警戒をしてください。

2018年7月6日(金)2018年7月 6日

梅雨前線活発化thunder
録的な大雨の恐れrain

18070521.png

停滞している梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み
大気の状態が非常に不安定となっています。
数日間同じような場所で大雨が降り続くとなる恐れがあります。

highresorad_201807060325.png
7日夕方18時まで予想されている雨は多いところで
300ミリを超えるところがあるでしょう。
これまでの雨で県内でも地盤が緩んでいるため 土砂災害には厳重に注意をお願いします。
doshamesh_201807060320.png
 

2018年7月5日(木)2018年7月 5日

梅雨前線活発化thunder
大雨がつづく恐れrain

highresorad_201807050420.png
南から温かく湿った空気が流れ込む状況が続くため
大気の状態が非常に不安定となっています。
数日間 同じような地域で大雨がつづく恐れがあります。
とくに東予地方を中心に土砂災害に警戒してください。
5日夕方までの予想雨量は、多いところで
東予中予:120ミリ   南予:150ミリ
その後も雨量は増える見通しです。

今後の気象情報をチェックして、土砂災害には十分ご注意ください。

2018年7月4日3時2018年7月 4日

台風7号 県内最接近typhoon
土砂災害に厳重警戒sign01

1807-004.png
台風7号は、4日 午前2時時現在、
萩市の北西にあって1時間に25キロで北東へ進んでいます。
台風は、現在愛媛県にもっとも接近しているとみられます。
愛媛県内には、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、
大気の状態が非常に不安定となっています。
201807040310-00.png
4日昼前にかけて局地的に雷をともなって激しく降るところもありそうです。
予想される雨は、6日0時までの24時間で 多いところで
200ミリ以上の雨が予想されています。
中予・東予 200ミリ~350ミリ
南予    220ミリ~270ミリ


とくに東予地方では、長時間にわたり激しい雨となっているため
土砂災害には厳重に警戒をしてください。

2018年7月3日15時2018年7月 3日

台風7号 接近中typhoon
雨風ピークは今夜から明日にかけてraintyphoon

201807031510-001.png
台風7号が九州北部に接近しています。
この影響で台風の東側にあたる愛媛県内でも湿った空気が流れ込み
大気の状態が非常に不安定になっています。
とくに暖湿流がぶつかる四国山地の南斜面にあたる地域
(南予と東予の山沿いを中心)で大雨の恐れがあります。
20180703-2.png
今夜遅くから明日の朝にかけて断続的に雨が降り続く見通しで
雷を伴って激しく降るところもあるでしょう。
あすの昼までに県内全域多いところ200ミリが予想されています。
降り始めからの総雨量は、
石鎚山成就社で337ミリ、鬼北町近永で240.5ミリ、四国中央富郷で238ミリなど
南予と東予山地を中心にこれまで降った雨で地盤が緩んでいます。
黄色くなった部分は、土砂災害が発生する恐れのあるエリアです。
※3日15時現在
doshamesh_2018070315401.png 

少しの雨でも土砂災害が発生する恐れがあります。
あすにかけて引き続き土砂災害には十分注意してください。

2018年7月3日(火)2018年7月 3日

台風7号 北上中typhoon
県内でも大雨の恐れrain

20180703015230-00.png
強い台風7号が暴風域を伴って、九州の西海上を北上しています。
この影響で愛媛県内では、台風からの湿った空気が流れ込み
大気の状態が非常に不安定となっています。
1807-01.png
3日は局地的に雷を伴って1時間降水量30ミリから40ミリの激しい雨が予想され
4日18時までの予想総雨量も多いところ、
中予と東予で200ミリ~250ミリ,南予300ミリ~450ミリ と
かなりまとまった雨が予想されています。
201807030205-00.png

また風も海上では15メートル以上と強風が予想されていて
海上ではうねりを伴ってしけるでしょう。
とくに南予 宇和海では 4メートルの高波が予想されています。
3日午前2時現在 波浪警報が発表されています。高波には警戒をしてください。
台風7号の速度が遅いため、県内でも台風の影響が長引く恐れがあります。
先週からの雨で地盤が緩んでいるところがあるため、土砂災害には十分注意してください。

2018年7月2日(月)2018年7月 2日

台風7号北上中typhoon
愛媛県内も大雨の恐れrain

1807-00.png
台風7号が強い勢力を維持したまま北上しています。
台風7号は2日11時現在、沖縄久米島の北付近に位置していて、
このまま予想進路上を北上を続けると
県内でもあす3日から4日にかけて台風の影響で大雨となる恐れがあります。
局地的に雷をともなって1時間に30ミリから40ミリの激しい雨が予想され、
2日12時~4日12時まで総雨量で300ミリ以上と県内でも大雨の恐れがでています。

中予、東予 300ミリ~400ミリ
南予    400ミリ~500ミリ
201807021110-00.png
先週末から台風の影響で南から流れ込む湿った空気の影響で
東予と南予では、まとまった雨が降っていて地盤が緩んでいるところがあります。
少しの雨でも土砂災害が起こる恐れがあるため、
最新の台風情報に十分注意してください。

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • eatみんながカメラマン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • JA共済Presents 愛ある農産品 えひめこだわりさがし
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です