番組審議会

第234回放送番組審議会

◆審議の概要◆
☆番組開始から3年が経ち、最初は驚きや違和感を感じたフルビオさんの存在がしっかりと定着している。 イタリア人の視点で切り取り情報を届ける番組コンセプトが成功し、視聴者の支持を得てきていると思う。
☆笑って許せる自由なフルビオさんをやのひろみさんがぐいぐいひっぱる「絶品グルメセレクション」は、メリハリがあってとても楽しい。店主もタイミング良く会話に絡んでいく雰囲気をスタッフ全員で作りあげているところに感心する。
☆ハモ料理専門店紹介の中で、八幡浜港がハモの水揚げ量日本一という情報をさりげなく紹介していたところは、コーナーの楽しさを損なわずローカルの良さを上手に伝えていたと思う。
☆フルビオさんが料理の見た目の印象を、イタリア語で「ローマの休日」のワンシーンに例えたところが分かりにくかった。スーパーで補足をした方がよいと思った。
☆「肉男子トタニ」は、番組の枠を越えて広く一般の人に知られている事に驚いた。今回は映像的な工夫が凝らされている一方で、食レポが切り捨てられていたように感じた。
☆スタジオトークでの3人のコミュニケーション不足が気になった。楽しそうに話しているが、視聴者に何を伝えたいのか、整理してからやってほしい。
 

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です