eatの現場から ~仕事紹介~

東京支社 業務部 兼 営業部 日野 将宏

東京支社 業務部 兼 営業部

日野 将宏

2012年入社

こんな仕事をしています!

東京支社で営業とスポットデスクの仕事を兼任しています。
東京支社の営業は、東京に拠点を置くナショナルスポンサーの商品が愛媛の消費者により浸透するように、自社媒体を使った企画の提案をするのが仕事です。広告代理店を通して提案することもあれば、スポンサーに直接提案をすることもあります。また、競合局よりも多くの広告費用を当社に投資していただくように提案するのも営業の大事な仕事です。
一方、「どの番組にどのスポンサーのCMをOAするのか」それを決めるのがスポットデスクです。東京のスポンサーのニーズに合わせて、スポンサー担当の営業や広告代理店と何度も調整しながらOAに向けて日々仕事をしています。

仕事のココが面白い!

営業の最大の魅力はどんな仕事にも関わることができるところです。提案する企画によっては番組の立ち上げや制作に関わることもできます。

入社以来一番印象に残っていることは?

自身が絵コンテを描き提案したインフォマーシャル(テレビ局が制作する、スポンサーの商品などを詳しく紹介する長めのCM)がスポンサーに採用され、実際に自社で制作・OAされたことです。自身の思い描いたことが様々な人に協力してもらって形になった時は感動しました。

これからチャレンジしたいことは?

営業としては、視聴者からもスポンサーからも喜ばれる番組を作りたいです。
また、CMの放送枠は無限ではありません。スポットデスクとしてスポンサーのニーズにあったCMの放送案を提案しつつ、限られた放送枠の効率的な運用にも引き続き挑戦したいです。

テレビ局(eat)を目指そうとしている方に一言メッセージ

皆さんはどんな仕事がしたいですか?
eatでどんなオトナになりたいですか?
具体的にイメージして、その考えを入社試験でぶつけてみてください。
一緒にeatで頑張りましょう。

テレビ局(eat)を目指した理由

大学時代に、広告・テレビ・ラジオ番組の制作が学べる学科に在籍していました。「勉強したことを地元で活かしたい」と思ったことが業界を志望したきっかけです。
愛媛朝日テレビと言えば名物の野球中継が真っ先に思い浮かびますが、「ふるさとCM大賞えひめ」や「松山映画祭」などのイベントもやっていて、地域の人を巻き込んだ楽しい仕事がこの会社ならできそうだなと感じ入社を希望しました。

仕事をする上で心がけていること

スポットデスクも営業もスポンサーから預かったCMを扱う責任重大な仕事です。
特にスポットデスクはCMのOAに直結した仕事をしているので、とにかく「慎重・丁寧」を常に心がけています。

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です