eatの現場から ~仕事紹介~

営業局 業務部 村上 恭平

営業局 業務部

村上 恭平

2011年入社

こんな仕事をしています!

営業局 業務部の仕事は、主に「セールス枠を管理し、売上の最大化を図る!」こと。・・・「??」ですよね(笑)。テレビ局の主な収入源は、クライアントからいただくCM出稿です。CMには、固定の番組への「提供」というかたちで放送される『タイムCM』と、希望や条件(予算・期間・ターゲット層など)に応じていろいろな番組のCM枠を組み合わせて放送される『スポットCM』の2種類があります。CMのセールス枠をどのように運用し利益を生み出すか、その営業戦略を立てているのが業務部なのです。現在、私はスポットCMを管理する「スポットデスク」という仕事をしています。クライアントや広告代理店との窓口である外勤の営業さんと打ち合わせをしながら、CMのオンエア予定をたてたり、見積もりを作成したりしています。

仕事のココが面白い!

スポットデスクとしての自分の経験値や力量が、スポット売上にダイレクトに反映される点は、大変なところであると同時に醍醐味といえるのではないかと思います!とても頭を使う作業ですが、そこで頭を悩ませて組み立てた提案内容がクライアントに評価されて、次の発注につながっていくとやっぱり嬉しいものです。

入社以来一番印象に残っていることは?

現在の業務に関していうと、「とにかく緻密な準備がされている」ことだと思います。特に、eatでは高校野球中継をしていますが、放送時間延長の場合、雨天中止など、さまざまなケースに事故なく対応できるよう、番組編成だけでなくCM放送スケジュールも事前に細かく準備しています。テレビ局の一員となる前は何気なく見ていた中継も、細かい準備があって成り立っているものなんだなと実感しました。

これからチャレンジしたいことは?

ゆくゆくは自分が小さい頃イメージしたようなものを、かたちとして残したいと思っています。クライアントのニーズに合わせて、「eatのCM企画おもしろいやん!」と思ってもらえるような企画をデスクの立場からも提案し具現化できるよう、日々妄想してます。

テレビ局(eat)を目指そうとしている方に一言メッセージ

「eatでこういうことがやりたい!」という思いをまっすぐぶつけてきてください!eatは県内で最も若いテレビ局です。固定観念にとらわれない斬新なアイデア、大歓迎です!それを実現するための知識や技術は、あとからでも十分身につきますので。自分がなぜテレビ局に入りたいと思ったのか、どんなことをしたいと思ったのか、その思いを就職活動中も、入社後も、ひとつの軸として大事に持ち続けてほしいなと思います。

テレビ局(eat)を目指した理由

小さいころからテレビを見ることが好きで、「こんな番組をつくってみたいなぁ・・・」とか「こんなことができたらなぁ・・・」と妄想するようになり、いつのまにか将来の夢になっていました。さらに、eatは開局当初から夏の高校野球を1回戦から中継していたこともあり、自称・野球マニアの私は「この業界を目指すなら、絶対eatだ!」と思っていました。

仕事をする上で心がけていること

毎回同じ条件での作業というものがないので、ひとつの見方に固執することのないよう、柔軟な思考をもつことを常に心がけています。また、放送業界に身を置く者としては、やっぱり世間の流行に対しても敏感でいなければ!と思っています!

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です