eatの現場から ~仕事紹介~

報道制作局 アナウンス部 矢端 名結

報道制作局 アナウンス部

矢端 名結

2017年入社

こんな仕事をしています!

「スーパーJチャンネルえひめ」の天気コーナーや、深夜の情報バラエティ番組「らぶちゅちゅ」などを担当しています。また、記者として取材に出たり、番組内で自分が担当した特集の企画や編集も行っています。

仕事のココが面白い!

同じ仕事は二度とないため、毎日が新しいところです。取材先は様々。出会う人も小さい子どもからお年寄りの方までと幅広いです。短い時間の中で取材先の人とたくさん会話し、一生懸命取材した後「うちのご飯食べていって」とごちそうになることも。県外出身者の私にとって愛媛の人の温かさは、元気の源です!

入社以来一番印象に残っていることは?

入社した年に、全国ANN系列のアナウンサー大会でナレーション部門の新人賞をいただいたことです。構成から編集まで携わった企画でのナレーションだったので、関わった人の顔や思いを思い浮かべながらナレーションを吹き込みました。今後は声色の幅を広げていき、もっと成長したいと背中を押されました!

これからチャレンジしたいことは?

アナウンサーとしては、様々な番組で人と接し、気持ちの良い場回しや、どう振る舞ったら面白く見えるかを学びたいです。プライベートでは、いろいろな場所に行って、愛媛のことをもっと知りたいです!

テレビ局(eat)を目指そうとしている方に一言メッセージ

テレビ業界の就活は、他の企業と比べると特殊で難しいこともありますよね。私もいろいろな会社をギリギリまで受け、最後の最後にテレビ局、eatを選びました。大切なのは、諦めない心と「テレビが好き」「テレビ局で働きたい」という気持ちだと就活を終えたときに感じました。eatは幅広い仕事を経験できる会社です。後悔しない就職活動をしてください!社員一同、お待ちしています!

テレビ局(eat)を目指した理由

自分の言葉が届く喜びを知ったからです。高校生の時にテレビ局のニュース番組で天気コーナーを担当する機会がありました。視聴者の方から「この前矢端さんが言っていたことが生活する中で役に立ったよ」と言ってもらえた時に、自分の発信する言葉や情報が誰かの役にたったことが嬉しく、テレビの影響力の大きさを実感しました。

仕事をする上で心がけていること

ひとつひとつの現場を楽しむことです。明け方に雪山に行ったり、夜中までロケに出たりと体力勝負のこの仕事。辛いこともたくさんありますが、その場その瞬間を楽しむことで、画面からそれが伝わって放送できた時に「行ってよかったな」「やってよかったな」と思います。

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です