県内ニュース

ニュース投稿

2017年04月27日(木) 19:10

今後30年の大地震の発生確率

今後30年の間に大きな地震が起きる確率などをまとめた「全国地震動予測地図」の2017年版が発表されました。太平洋沿岸で発生確率が上昇にしています。政府の地震調査委員会は、全国各地で、今後30年の間に震度6弱以上の地震が起きる確率などを全国地震動予測地図で示しています。前回の2016年版の発表以降、「南海トラフ地震」が発生していないため、太平洋沿岸での発生確率が上昇傾向にあり、四国の県庁所在地では、高知市、徳島市、高松市でそれぞれ1%上昇しています。松山市は横ばいの44%ですが、地震調査委員会の平田直委員長は、「他の地域との数値の比較で安心せずに、大きな地震に備えてほしい」などと解説しています。この地図は、防災科学技術研究所のホームページで確認できます。

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • eatみんながカメラマン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • JA共済Presents えひめ農産品だより
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です