県内ニュース

ニュース投稿

2017年05月29日(月) 19:10

松山〜大分間で高速バス運行実証実験

県は、観光客誘致に向けて、大分県と共同で、フェリーを利用した松山市と大分市を結ぶ高速バスの実証実験を、ことしの夏に実施する方向で検討していることがわかりました。県交通対策課によりますと、実証実験は、松山市中心部と大分市中心部を結ぶもので、松山から八幡浜港までの高速バスに乗車した後、フェリーに乗り換え、臼杵港に到着した後は別の高速バスで大分市内に入ります。ことしの7月と8月の土曜日と日曜日、そして祝日に、1日1往復から2往復の運行を検討しているということです。県は、今年度の当初予算で、「愛媛・大分広域交通連携強化事業費」として430万円あまりを計上していて、航路を利用したルートの知名度向上で利用促進を図りたい考えです。県交通対策課では、「熊本地震の影響でフェリーの利用客が落ち込んでおり、松山と大分の間での高速バスの運行で観光需要を掘り起こし来年の本格運行につなげたい」などとしています。

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • りんごとミカン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • JA共済Presents えひめ農産品だより
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です