県内ニュース

ニュース投稿

2017年04月28日(金) 19:30

窃盗など繰り返した県警巡査部長を懲戒免職処分

同僚の警察官の鞄から現金を盗むなど、あわせて7件の事件を起こしたとして、県警監察官室は、28日付けで40代の巡査部長の男を懲戒免職処分とし、5件の窃盗などの容疑で書類送検しました。処分を受けたのは、中予の警察署に勤務する交通課の40代の巡査部長の男です。県警監察官室によりますと、この巡査部長は、2009年6月から去年3月までの間に、勤務する警察署で落し物として届けられた財布や同僚の警察官のかばんを盗んだり、電車に置き忘れられていた携帯電話を持ち去るなど、5件の窃盗事件と2件の遺失物横領事件を起こしていた疑いが持たれています。被害は、現金でおそよ23万円、バッグなどあわせて39点にのぼります。県警監察官室の調べに対し、巡査部長は7件全ての犯行を認め、「自由に使える金が欲しかった」と供述していて、県警は28日付けで懲戒免職処分としました。また、時効が成立した窃盗2件を除く、5件の事件の容疑で、この巡査部長を松山地検に書類送しました。巡査部長には、他にも数件の余罪があるとみられ、県警監察官室の山内泰首席監察官は、「法を執行する立場として言語道断の行為で、誠に遺憾、今後再発防止に努めて参ります」とコメントしています。なお県警は、窃盗容疑が発覚した際、逮捕しておらず、その理由について「逃走や証拠隠滅の恐れがないとして逮捕しなかった」としていて、名前や所属も明らかにしていません。

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • eatみんながカメラマン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • JA共済Presents えひめ農産品だより
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です