県内ニュース

ニュース投稿

2017年08月17日(木) 19:42

熱中症で伊方町の作業員死亡

17日午前、伊方町で、鉄塔の塗装作業をしていた四国電力の協力会社の男性作業員が熱中症の疑いで死亡しました。八幡浜地区施設事務組合消防本部によりますと、17日午前11時40分ごろ、「作業中に男性が意識不明になった」と119番通報がありました。搬送されたのは、四国電力の協力会社に勤める61歳の男性作業員で、八幡浜市内の病院に運ばれましたが、およそ2時間後に死亡が確認されました。男性は、午前9時半ごろから、伊方町の屋外で鉄塔の塗装作業にあたっていたところ、体調不良を訴え休憩をとっていたということで、熱中症の疑いがあるということです。四国電力は「熱中症対策は行っていた」としています。17日の伊方町瀬戸の最高気温は31.6度で、県内には、16日から2日連続で高温注意情報が出されていました。

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • eatみんながカメラマン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • JA共済Presents えひめ農産品だより
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です