県内ニュース

ニュース投稿

2018年09月19日(水) 19:32

モザンビーク五輪委員会が視察

2020年の東京オリンピックに向け県内でも動きです。事前合宿地として愛媛への誘致を県が進めているアフリカ・モザンビークのオリンピック委員会が来県し、競技施設を視察しました。来県したのは、モザンビークオリンピック委員会のアニバル・マナベ会長ら3人です。19日は松山市のアクアパレットまつやまや、柔道と空手の練習施設となる県武道館を視察しました。東京オリンピックの事前合宿については、今年5月に駐モザンビークの大使が県庁を訪れ、中村知事に受け入れを要請していました。その後、県が誘致に乗り出し、今回の視察が実現しました。マナベ会長らは、モザンビークや東京との練習環境の違い、そしてオリンピックが開催される夏にはどういった気温になるのかなどを施設の職員に熱心に聴きながら視察をしていました。モザンビークでは松山市のNPO法人が平和教育と武装解除を進めるため、松山市の放置自転車と銃を交換する活動を行うなど、愛媛との友好は深まっていて、マナベ会長はこうした友好関係も踏まえ、愛媛での事前合宿を前向きに検討したいと話しました。モザンビークオリンピック委員会は、今月21日まで愛媛に滞在し、県内各地で9競技の練習施設を視察する予定です。

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • 瀬戸の夢橋 絶景物語動画投稿
  • eatみんながカメラマン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • JA共済Presents えひめ農産品だより

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です