県内ニュース

ニュース投稿

2017年11月22日(水) 19:36

「日本美術と高島屋」始まる

日本画の名品を一堂に集めた美術展が、22日からいよてつ高島屋で始まりました。22日から始まった「日本美術と高島屋」は、1831年、京都で呉服店として創業した高島屋が、186年の歴史の中で、美術染織事業などを通して集め、所蔵してきた日本画の数々を展示したもので、いよてつ高島屋の誕生15周年を記念して開かれました。22日は、オープンを前にセレモニーが行われ、いよてつ高島屋の林巧社長が、「地元・愛媛の人たちに、文化と歴史を感じてほしい」などと挨拶しました。会場には、横山大観や平山郁夫をはじめとした、日本を代表する近代画家の作品45点が展示されています。画工の一人として高島屋に勤務していたこともある、明治から昭和にかけて活躍した画家、竹内栖鳳の作品「アレ夕立に」は、動物などを多く描いてきた栖鳳としては珍しい人物画で、鮮やかな扇子・着物と渋い帯の配色のバランスなどが高い評価を得ています。「日本美術と高島屋」は、今月28日まで、いよてつ高島屋で開かれています。

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • 山本耕史の瀬戸の島旅
  • eatみんながカメラマン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • JA共済Presents えひめ農産品だより
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です