県内ニュース

ニュース投稿

2018年09月24日(月) 19:25

飲酒運転 追突したのはパトカー

松山市の繁華街で酒に酔って乗用車を運転し、停車中の車に追突した疑いで、自称NPO団体職員の男が警察に現行犯逮捕されました。追突されたのは、パトカーでした。逮捕されたのは、松山市来住町の自称NPO法人の団体職員、秀平成弘容疑者41歳で、警察によりますと、24日午前5時20分ごろ、松山市三番町の市道で酒に酔って乗用車を運転した疑いです。車は、停車中のパトカーに追突しましたが、警察官は別の現場に出動中で誰も乗っておらず、けが人はいませんでした。戻ってきた警察官が近くにいた秀平容疑者を調べた際、呼気1リットルから0.7ミリグラム以上のアルコールが検出されたということで、酒酔い運転の疑いで現行犯逮捕したということです。検出されたアルコールは基準値の4倍以上で、秀平容疑者は「酒を飲んで車を運転した」と容疑を認めています。なお、秋の全国交通安全運動に伴い、現在県内でも飲酒運転などへの取締りが強化されています。

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • 瀬戸の夢橋 絶景物語動画投稿
  • eatみんながカメラマン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • JA共済Presents えひめ農産品だより

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です