県内ニュース

ニュース投稿

2018年06月22日(金) 18:55

下水管工事で生き埋めに

松山市の工事現場で、男性が崩れた土砂の生き埋めになり救急搬送され、その後死亡しました。警察では業務上過失致死の疑いもあるとみて調べています。事故があったのは松山市福角町の下水管設置工事の現場で、警察などによりますと21日午前9時半ごろ、「工事中の事故で男性の下半身が埋まった」などと119番通報がありました。生き埋めになったのは市内別府町の土木作業員宇和城卓也さん35歳で、深さおよそ1・7mの穴の中で作業をしていたところ、およそ900キロの土砂が崩れてきたということです。宇和城さんは腰から下が埋まり、同僚らに助け出されて病院に運ばれましたが、およそ10時間後に死亡しました。警察では司法解剖を行い詳しい死因を調べると共に、業務上過失致死の疑いもあるとみて事故の原因などを調べる方針です。

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • eatみんながカメラマン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • JA共済Presents えひめ農産品だより
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です