県内ニュース

ニュース投稿

2018年09月21日(金) 16:14

伊方仮処分 大分の司法判断は今月28日

大分県の住民らが伊方原発3号機の運転差し止めを求めた仮処分申請で、大分地裁が今月28日に判断を示すことがわかりました。伊方原発3号機の運転停止を求める仮処分は、4県の裁判所で審理が進められるなどしていて、大分地裁ではおととし6月以降大分県の住民4人が四国電力に対し申し立てを行っています。これまでの審理では、原発の耐震設計を決める基準地震動の妥当性や阿蘇山の噴火リスクやその対策などが争点となっていて、今年5月に審理が終了していました。四国電力によりますと、大分地裁から今月28日に決定を示すと通知を受けたということです。伊方原発3号機は去年12月、広島高裁から今月末までの運転差し止めの決定を受け、現在稼働していません。この取り消しを求めた四電側の異議審については、今月25日に広島高裁から決定が示される見通しです。

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • 瀬戸の夢橋 絶景物語動画投稿
  • eatみんながカメラマン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • JA共済Presents えひめ農産品だより

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です