県内ニュース

ニュース投稿

2019年11月19日(火) 19:07

紅まどんな初出荷

愛媛の高級かんきつで、松山市のブランド産品にもなっている「紅まどんな」の出荷が、松山市で始まりました。紅まどんなは、県内でのみ栽培されている柑橘で、皮が薄くゼリーのような果肉の食感が特徴です。松山市福角町のJAえひめ中央堀江選果場では、19日から紅まどんなの出荷が始まり、皮に傷がないか、糖度が十分かなどのチェックが行われたあと、次々と箱詰めされていきました。JAえひめ中央によりますと、今年度の出荷量は昨年度より200トン多いおよそ2400トンが見込まれていて、このうち糖度10.5度以上など、基準をクリアしたのもが「紅まどんな」として出荷されます。今年は9月以降、天候にも恵まれ、例年並みの糖度や大きさに仕上がっているということです。紅まどんなの出荷は、来年1月上旬まで続き、21日から全国で販売されます。

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • オカンは俺より野球が好き
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • JA共済Presents 愛ある農産品 えひめこだわりさがし

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です