教えて!eat

教えて!eat トップへ戻る

スーパーJチャンネルで紹介した最新情報をチェック!

1月8日(月)「愛媛のこだわりうどん対決!」で紹介したお店 《特集》 2018年1月 8日

踊るうどん永木(松山市須賀町)
創業から約20年、うどんは手打ち&手切り麺であえて不揃いに仕上げている。さらに、麺をいたわるように茹でることで、まさに口の中で踊るような食感が生まれる。うどん粉は複数の粉をブレンドし、モチモチ食感を高めている。
まる.jpg鍋焼うどん 750円(税込)
昔ながらのアルミ鍋で提供される“超王道”の鍋焼うどん。ウルメイワシやカタクチイワシで出汁をとったスープは甘さ控えめ。
まる.jpg讃岐風鍋焼うどん 900円(税込)
週に1回、火曜日夜限定の鍋焼うどん。土鍋で提供され、揚げたての海老天、落とし卵が加わる。出汁の配合も変えている。
※1月9日(火)は臨時休業

瓢月 樽味店(松山市樽味)
のどごしの良いもっちりとした麺が売り。生地を半日寝かせることでコシも生まれている。おいしさの秘密は、毎朝本店の南高井から汲んでくる地下水。地下水は軟水なので、昆布やいりこの出汁がよく出て味が柔らかくなる。
まる.jpg夜鳴きうどん 580円(税込)

うどんの里 耕庵(松山市中野町)
西条や松山の国産小麦で作ったうどんの生地を丸一日かけて熟成し、表面がつるんとしもっちりとした食感に。出汁は、サバやカツオなどの素材を深みのある味にするため、毎朝2時間かけて煮込んでいる。
まる.jpgかき揚げうどん 700円(税込)
大きなかき揚げが特徴。かき揚げに使われている野菜は、玉ねぎやにんじんだけでなく、三つ葉、サツマイモ、ナスなど8種類もある。

みなと食堂(松山市堀江)
約50年前、当時堀江から呉までを結ぶフェリーの発着場に誕生した食堂。
まる.jpg地鶏なべ焼きうどん 660円(税込)
牛肉の代わりに鶏肉や玉ねぎなどが入っている。さらに、お好みでゆず胡椒を入れることもできる。地鶏はその時期のおいしいものを全国各地から調達。甘さ控えめの出汁は昆布のほか、代々受け継いできた企業秘密の4種類の削り節を使っている。

名代つるちゃん(松山市二番町)
鍋焼きうどんも人気のお店だが、寒い日は鍋焼きうどんよりも味噌煮込みうどんが売れることが多い。
まる.jpg味噌煮込みうどん 980円(税抜き)
愛媛の麦みそを使用。しょうゆ・みりん・砂糖を多めに加え、甘めの味付けに。具材には白菜・しいたけ・かぼちゃなど8種類の国産食材を使っている。

過去の放送内容はこちら

番組別でさがす

  • スーパーJチャンネルえひめ
  • なるちか!
  • グッチョイ!

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です