毛穴汚れを落とすには?洗顔方法と生活習慣の見直しでお肌のお悩みを解消!

毛穴汚れの原因には、間違ったスキンケアや生活習慣の乱れなどがあります。

毛穴汚れが気になる人のために、毛穴汚れの原因に基づいて、正しい汚れの取り方やNGケアをご紹介します。日々のスキンケアや生活習慣を振り返り、きれいな毛穴を目指しましょう。

毛穴に汚れがたまる原因

毛穴汚れには、黒ずみ毛穴や詰まり毛穴などの種類がありますが、いずれの場合も古い角質が詰まって角栓となり、角栓が酸化することが主な原因です。毛穴に汚れがたまる主な理由としては次のようなものが考えられます。

・肌への負担が多いクレンジングや洗顔方法
・油脂や糖分の多い食事
・睡眠不足

肌への負担が多いクレンジングや洗顔方法

肌への負担はターンオーバーを乱し、古い角質がたまりやすくなる原因の一つです。ターンオーバーが乱れると古い角質が排出されにくくなり、皮脂や汚れと混ざって毛穴に詰まってしまいます

特に注意したいのは、クレンジング洗顔です。クレンジングや洗顔料の洗い残しやゴシゴシ洗いは肌に刺激を与え、肌トラブルのもとになります。

また、皮脂が出やすいからといって洗顔をしすぎるのもよくありません。洗いすぎることで肌から必要な成分まで奪ってしまい、部分的に乾燥したり、余計な皮脂分泌が増えたりし、オイリードライ肌になる可能性があります。

油脂や糖分の多い食事

毎日の食事もスキンケアと同様に、肌の状態に大きく影響します。偏った食生活をしてしまうと毛穴の状態を悪化させ、トラブルを引き起こすこともあります。

特に、油脂や糖分の多い食べ物の過剰摂取は、毛穴トラブルの原因の一つです。皮脂を過剰に分泌させ、毛穴の汚れを溜まりやすくします

毛穴トラブルを悪化させる食べ物としては、次のようなものがあります。肌の調子が悪いと感じたら、食生活を見直してみることも必要です。

油やマーガリンを多く使ったものファストフード、揚げ物、
脂身の多いお肉、スナック菓子
糖分の多いものケーキ、チョコレート
アルコールやカフェインが入った飲料ビール、コーヒー、紅茶、コーラ
添加物やトランス脂肪酸を含むもの冷凍食品、インスタント食品、
スナック菓子、ファストフード

トランス脂肪酸は、体に悪影響を及ぼすとされている成分です。大量に摂取すると分解できず、皮脂としてそのまま分泌されます。

睡眠不足

睡眠不足になると、睡眠中に分泌される女性ホルモンが減少し、肌のターンオーバーを乱して肌トラブルの原因になります。また、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンは抗酸化作用を持っており、肌をダメージから守ってくれます。

これらの肌に嬉しい働きを持つホルモンのバランスが崩れてしまうと、肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

毛穴の汚れを落とす方法


顔の毛穴汚れは、日々の洗顔などのスキンケアによって取ることが大切です。溜まった汚れは落としにくくなるため、毎日汚れを落とすことが大切です。肌にダメージを残さないように、正しく毛穴の汚れ取りの方法を身につけましょう。

毛穴の汚れケア1.クレンジング

毛穴汚れを解消する対策の1つめは、クレンジングです。メイクとともに毛穴の汚れも落として、毛穴目立ちを改善させましょう。クレンジングのポイントは、肌を刺激しないように毛穴汚れを浮かせることと、必要以上に皮脂を落とし過ぎないことです

クレンジングをする際には、次のポイントを押さえて、正しく使いましょう。

・面積の広い部分からなじませる
・角栓が溜まりやすい小鼻は指先を使って円を描くようになじませる
・こすりすぎや時間のかけすぎに注意
・すすぎはぬるま湯を使う

自分の肌質やメイクに合わせて、クレンジングの種類を選ぶことも大切です。

落ちにくいメイクをする人や角栓が気になる人には、オイルタイプが向いています。ただし、洗浄力が高いため、皮脂を落とし過ぎて乾燥を招くリスクも。乾燥リスクが気になる人は、オイルではなくクリームやジェルなどのクレンジングがおすすめです。

洗い方はもちろん、正しいクレンジング選びをして必要以上に皮脂を落としすぎないようにしましょう。

毛穴の汚れケア2.洗顔

洗顔も毛穴汚れのケアとして重要です。毛穴詰まりが気になりやすいTゾーンも、正しく洗顔することで毛穴汚れをためないようにしましょう。洗顔方法のポイントは次のとおりです。

・髪の毛が邪魔にならないように留めておく
・ぬるま湯で手と顔の余分な脂を落とす
・少量の水で空気を巻き込むようにしっかり泡立てる
・たっぷりの泡で肌の上で転がすように洗う
・すすぎは泡が残らないように鏡を見ながら1分ほど行う
・すすぎにはぬるま湯を使う
・タオルで拭く際にもゴシゴシこすらない

洗顔は泡立ちが重要なため、しっかりときめ細かい泡を作りましょう。上手にできない場合は、泡立てネットを使ってみましょう。

毛穴の汚れケア3.定期的なピーリングケア

ピーリングケアは、定期的なスペシャルケアとしておすすめです。古い角質を除去することで、肌のターンオーバーを促します。ただし、やりすぎると肌を傷めることがあるため、週1回など一定の間隔を空けて行いましょう。

ピーリングケアに使えるのは、酵素洗顔やクレイマスクなどのアイテムです。これらのアイテムには、毛穴の汚れを分解したり、吸着したりする成分が含まれています。クレンジングと同様に、ピーリング剤にもさまざまな種類があるため、自分の肌に合うものを選びましょう。

毛穴の汚れケア4.保湿

毛穴汚れのケアには保湿ケアも欠かせません。保湿が足りないと、毛穴の開きや炎症などにもつながります。毎日のスキンケアで丁寧に保湿しましょう。

保湿に効果的な成分としては、肌の再生を促すビタミンAや、コラーゲンの生成に必要なビタミンCなどが挙げられます。また、皮脂の分泌を抑える働きを持つライスエキス6番なども良いでしょう。

また、肌質によって使いやすいテクスチャーを選ぶことも大切です。例えば、オイリー肌の人は軽めのテクスチャーを選ぶ、混合肌の人はTゾーンとその他でアイテムを使い分けるといった方法も選択肢の1つです。

毛穴汚れを悪化させてしまうNG行為とは

鼻などの毛穴汚れは目立つため、なんとかして除去しようとしてしまいがちです。しかし、間違ったケアをすることで、毛穴汚れが悪化することもあるため注意しましょう。肌への刺激を抑えるため、次のような行動は避ける必要があります。

・強い力で角栓を無理に押し出す
・はがすタイプの毛穴パックをやりすぎる
・1日に3回以上顔を洗う

強い力で角栓を無理に押し出す

毛穴の汚れのケア方法として一番やってはいけないのが、物理的に力を加えて角栓を押し出す行為です。強い力で無理に押し出すことで、毛穴の周りの皮膚が傷つき、ターンオーバーの乱れや肌の炎症などが起こります。ピンセットや爪でつまんだり、潰したりするのもやめましょう。

はがすタイプの毛穴パックをやりすぎる

はがすタイプの毛穴パックも、肌に負担がかかる可能性があり、やりすぎるのはNGです。商品の特徴や使い方によっては、角質まではがしてしまい、肌の負担につながるケースもあります。

どうしても毛穴パックを使いたいときは、できるだけ肌への負担が少ないものを選び、回数や頻度も減らしましょう。毛穴パックを使った肌はデリケートになっているため、使用後は保湿をしっかりすることも大切です。

一日に3回以上顔を洗う

一日に何度も洗顔をすることも、毛穴に悪影響です。洗顔の回数は朝晩の2回が基本です。洗いすぎることで、肌に必要な成分を奪い、乾燥が進む原因となります。

また、同じ理由からゴシゴシ洗うのも避けましょう。ゴシゴシこすることで、肌は摩擦の刺激を受けるだけでなく、必要な成分まで奪われて皮脂の過剰分泌を引き起こします。泡やクレンジング料が少ない状態で洗うことも摩擦につながるので注意が必要です。

まとめ

毛穴の汚れが気になる人は、スキンケア方法や生活習慣を見直し、正しいやり方でケアをしましょう。毛穴に汚れが溜まりやすくなる原因は、いくつかあります。毛穴汚れが目立つようになったら、原因を理解したうえで適切に対処しましょう。

また、良かれと思ってやっていたケア方法が間違っている可能性もあります。行き過ぎたケアを見直し、毛穴とお肌に優しい、無理のないケアを心がけましょう。

お得なキャンペーン実施中!

毛穴の黒ずみや汚れが気になる女性必見!

話題のマテラ81本気の毛穴セット「洗顔」と「クレイパック」を使って、

自分史上最高に明るい肌を手に入れませんか?

\バナー画像をクリック!/

マテラキャンペーン

タイトルとURLをコピーしました