毛穴の黒ずみケアの方法!原因・予防法・自分でできる対処法

毛穴の黒ずみは、一生懸命にケアしているのに良くならないことがあります。その理由は、正しいケア方法を知らないからかもしれません。毛穴の黒ずみが気になる人は、黒ずみの原因を確認して、原因に合った対策を始めましょう。

毛穴の黒ずみができる原因


毛穴の黒ずみには、以下の3つの原因が関係していると言われています。人によっては、複数の原因が重なって影響を及ぼしている可能性も。毛穴の黒ずみが気になり出したら、まずはその原因を探ってみましょう。

  • 角栓
  • メラニン色素の沈着
  • 産毛

毛穴の黒ずみの原因1:角栓

毛穴の黒ずみが起こる原因の1つは、角栓の詰まりです。

肌のターンオーバーの乱れによって詰まった角栓が毛穴を目立たせます。角栓は毛穴で分泌された皮脂も含まれますが、その多くはターンオーバーの乱れによって肌に残された、角層細胞によるタンパク質成分です

肌のターンオーバーは、バリア機能の低下によって乱れることがあります。ターンオーバーが乱れて、そのスピードが速くなると、肌の角層細胞は十分に成熟できません。未成熟な角層の細胞は古くなっても自然に剥がれ落ちることができず、剥がれなかった角層細胞は毛穴に入り込み、角栓となります。

正常なターンオーバーができる肌では、角層細胞もきちんと成熟し、古くなると自然に剥がれ落ちます。しかし、ターンオーバーが速まると、角層細胞が積み重なって重層化し、毛穴に入りやすくなるのです。

毛穴の黒ずみの原因2:メラニン色素の沈着

毛穴の黒ずみは、メラニン色素の沈着による場合もあります。毛穴の周りをよく見たときに、他の部分よりも色が濃くなっているように感じたら、メラニン色素による黒ずみの可能性を考えてみましょう。

メラニン色素は日焼けだけでなく、肌が何らかの原因によって炎症を起こした際に発生することもあります。毛穴の周りが黒ずんで見えた場合には、そのあたりに炎症が起こっているかもしれません。

皮膚が炎症を起こすのは、物理的な刺激や過剰な皮脂分泌、ニキビ、吹き出物などが原因です。物理的な刺激としては、触りすぎや角栓を取るパックのしすぎといったことが考えられます。

こうした要因によって角層細胞が炎症を起こし、メラノサイト(色素細胞)が活性化すると、各層内にたくさんのメラニンが蓄積されて黒ずみになっていきます。

毛穴の黒ずみの原因3:産毛

毛穴が黒ずんで見えるのは、毛穴の中の産毛が原因かもしれません。毛穴から生えた産毛は角栓がなくても黒ずんで見えやすく、角栓が毛穴に混ざることでより黒ずみやすくなります。

日本人の産毛は髪の色と同様に、黒っぽいものが多くなります。そのため、正常な状態で生えているだけでも目立ちやすいものです。顔剃りをすると黒っぽさがなくなる人は、このケースが考えられます。

また、産毛と角栓の影響をダブルで受けて黒ずむケースもあります。これは角栓が毛穴をふさぎ、寿命を終えた産毛が抜け落ちても、排出されないことが原因です。毛穴から出られなくなった産毛は角栓に混ざり、そのまま毛穴に留まってしまうのです。

毛穴の黒ずみを除去する方法


毛穴の黒ずみを除去するためには、以下のような方法があります。毛穴に溜まった角栓を正しいやり方で落とし、黒ずみの気にならない毛穴を目指しましょう。

  • クレンジング
  • 洗顔

クレンジング

クレンジングは、主に油性のメイク汚れを落としてくれるもので、黒ずみ毛穴のケアにも大切です。クレンジングの種類は肌質や普段のメイクにあったものを選ぶと良いでしょう

たとえば、濃いめのメイクをする場合は、化粧品が毛穴に詰まりやすいため、以下のような洗浄力の高いタイプのものがおすすめです。

  • オイルクレンジング
  • ジェルクレンジング
  • バームタイプ

ナチュラルメイクが多い場合は、洗浄力が高いクレンジングでは乾燥を引き起こしてしまう可能性があるため、ミルクタイプやクリームタイプのクレンジングを使うと良いでしょう。

まずは適量を手に取り、優しくメイクとなじませます。黒ずみが気になるときは、以下のように、部位ごとに洗い方を変えてみましょう。

  • 頬や額などの面積の広いところは、指の腹でクルクルとらせんを描くように洗う
  • 小鼻の脇などの黒ずみやすいところは、中指や薬指の指先で溶かし出すように洗う

また、クレンジングでは肌に負担をかけないように優しく洗うことが大切です。使用量が少ないと、メイクが落とし切れないうえに肌を摩擦してしまう原因になるため、適量を意識しましょう。

洗顔

洗顔はクレンジングだけでは落とせない角質や汗、ホコリなどを落とすものです。クレンジングと同じく摩擦を与えないよう優しく洗いましょう。

洗顔で大切なのは、泡をしっかりと作ることです。泡立てることによって、摩擦を減らして優しく汚れを落とせます。よく泡立てるためのポイントは以下のとおりです。

  • 顔を洗う前に手洗いをして手の余計な油分を落としておく
  • 水やぬるま湯を少しずつ足しながら空気を含ませて泡立てる

手のひらを下に向けても落ちない程度まで、十分に泡立てたら、優しく泡を転がすように洗います。毛穴の気になる小鼻は、指先で丁寧に洗いましょう。次にすすぎのポイントを紹介します。

  • 水がぬるま湯で1分ほど洗い流す
  • すすぎ残しがないように鏡でチェックしながらすすぐ
  • タオルで拭くときはゴシゴシしないで優しく水気を拭き取る

すすぎ残しがあると、毛穴の黒ずみ以外の肌トラブルを起こす原因になることがあります。また、洗い始めからタオルオフまですべての過程を通して、ゴシゴシすることは避けましょう

毛穴の黒ずみの予防法


毛穴の黒ずみを予防するためには、以下の2つの方法があります。できてしまった黒ずみをケアすることも大切ですが、黒ずみを作らないための対策も取り入れてみましょう。

  • 食生活
  • スキンケア

毛穴の黒ずみを予防する食生活

毛穴の黒ずみを予防するためには、食生活を整えることが大切です。体の内側から毛穴に良い栄養を与えて、黒ずみを予防しましょう。

ビタミンB群を含む食べ物

ビタミンB群はそれぞれ、糖質や脂質、タンパク質などの代謝や免疫機能を助ける働きを持っています。糖質などの代謝を促進することで皮脂の過剰な分泌を抑え、皮膚や粘膜を強くする働きが期待できる栄養素です

ビタミンB群にはB1やB2、B6があります。ビタミンB群を多く含む食べ物は以下のとおりです。

ビタミンB1 豚肉、ウナギ、タラコ、玄米、ピーナツ、ゴマなど
ビタミンB2 レバー、ウナギ、納豆、卵、ブリ、タラコ、モロヘイヤなど
ビタミンB6 レバー、まぐろ、カツオ、ニンジン、ほうれん草、モロヘイヤなど

上記のとおり、肉や魚から野菜まで、豊富な食材にビタミンB群は含まれています。ビタミンB群をバランスよく摂取するには、さまざまな食材を取り入れることが大切です。

ただし、水溶性ビタミンであるビタミンB群は体内に貯めておくことができません。毎日小まめに摂取して不足させないことが大切です

ビタミンCを含む食べ物

ビタミンCはコラーゲンの合成に必要な栄養素で、抗酸化作用やメラニン色素の合成を抑える働きを持っています。お肌の張りや弾力をサポートし、毛穴の開きやメラニンによる毛穴の黒ずみなどの予防も期待できます。

ビタミンCもビタミンB群と同様に水溶性ビタミンになるため、毎日の食事に取り入れることを心がけましょう

ビタミンCを含む食べ物は、野菜や果物です。以下のような食べ物には特に豊富に含まれています。モロヘイヤはビタミンB群も豊富なので、効率的に栄養摂取できそうです。

野菜 パプリカ、ブロッコリー、カリフラワー、ゴーヤ、モロヘイヤ
果物 キウイフルーツ、イチゴ、柿

ビタミンEを含む食べ物

ビタミンEは、皮脂の酸化を防ぐ働きを持つ栄養素になるため、積極的に摂取しましょう。

ビタミンEを豊富に含む食べ物には、ウナギなどの魚介類やナッツ類、緑黄色野菜などがあります。ウナギはビタミンB群、緑黄色野菜はビタミンCも豊富に含んでいるため、毛穴の黒ずみ予防として積極的に取り入れたい食べ物です。また、ビタミンCはビタミンEの作用をサポートしてくれます。

毛穴の詰まりにNGな食生活

毛穴の黒ずみ予防には、さまざまな栄養素を摂る必要がありますが、なかには避けたい食べ物もあります。以下のような食べ物は、毛穴トラブルのリスクを高める可能性があるため注意しましょう。

  • 油脂の多い食べ物

ファストフードやスナック菓子、揚げ物、肉の脂身などは皮脂の過剰分泌のリスクとなります。ナッツ類も食べすぎはNGです。

  • 糖分が多い食べ物

ケーキやチョコレートなどの食べすぎも皮脂を増やす原因になります。

  • アルコールやカフェインの摂りすぎ

大量摂取によって、アルコールはビタミンB群を、カフェインはビタミンやミネラルを減らす原因になります。

  • 冷凍食品やインスタント

体に悪いとされるトランス脂肪酸や添加物を多く含んでいます。

毛穴の黒ずみを予防するスキンケア

毛穴の黒ずみ予防には、毎日のスキンケアも大切です。黒ずみの原因となる角栓やメラニンの対策を行い、健やかな毛穴を保ちましょう。

保湿ケアで乾燥対策

保湿ケアではターンオーバーの乱れを予防し、角層細胞が蓄積される重層化や皮脂分泌の抑制が期待できます。保湿ケアを丁寧にすることで、乾燥を防げます。

乾燥対策には、保湿力の高い化粧水と水分蒸発を防ぐためのクリームの併用がおすすめです。水分を補ったら、それを蒸発させないようにクリームでカバーしてあげましょう。

皮脂が多いとクリームに抵抗を感じるかもしれませんが、クリームも保湿ケアには必要です。べたつきが気になるところは、軽めのテクスチャを選んだり量を減らしたりして使うと良いでしょう。

過剰な綿棒の使用はNG

綿棒とオイルを使って、毛穴の黒ずみを取り除いたことがある方もいるでしょう。この方法は即効性が感じられ、目立つ毛穴を一時的にケアできるといったメリットはありますが、やりすぎはNGです。

綿棒の過剰な使用は、バリア機能のための大切な皮脂まで取ってしまい、摩擦で肌を傷めるリスクにもつながります。一時的にはきれいになったように見えても、肌が摩擦を受けることで、さらに黒ずみが出やすくなることも。

食生活やスキンケアによって、黒ずみにアプローチしましょう。

まとめ

毛穴の黒ずみは、角栓やメラニン、産毛など、さまざまな要素が関係しています。また、普段の食生活やスキンケアが、黒ずみを悪化させている可能性もあります。

毛穴の黒ずみをケアするためには、原因を理解したうえで正しいケア方法を実践することが大切です。食生活の改善も、体の内側からケアとして役立ちます。クレンジングなどのスキンケアでは、直接肌に触れるため肌に負担をかけないように丁寧なケアを心がけましょう。

 

無料プレゼント企画!

毛穴の黒ずみや汚れが気になる女性必見!

話題のマテラ81本気の毛穴セット「洗顔」と「クレイパック」を使って、

自分史上最高に明るい肌を手に入れませんか?

\バナー画像をクリック!/

マテラキャンペーン

タイトルとURLをコピーしました