愛媛のニュース

2020年06月30日(火 ) 11:15

南予中心に雨風強まる 夕方にかけても 

県内は梅雨前線の影響で南予を中心に活発な雨雲が通過し、雨や風が強まっています。この後も山沿いを中心に土砂災害などへの注意や警戒が必要です。県内は梅雨前線に向かって温かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となっていて、29日深夜から南予を中心に雨となっています。この後、予想される1時間あたりの降水量はいずれも多いところで南予で40ミリ中予、東予で30ミリ、1日の朝までの24時間降水量は南予で130ミリ中予、東予で80ミリとなっています。さらに風も強まっていて、このあと夕方にかけて予想される陸上の最大風速は南予で13メートル中予、東予で12メートルとなっているほか、東予東部では「やまじ風」のおそれがあります。松山地方気象台では土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意や警戒を呼びかけているほか、強風や高波にも注意してほしいとしています。