愛媛のニュース

2020年05月20日(水 ) 18:47

県が国にクラスター調査報告

県は、牧病院のクラスター感染に関するこれまでの調査状況を国に報告しました。愛媛県の緊急事態宣言の解除は松山市の牧病院で起きたクラスター感染の経路などを調査し20日までに国に報告することが条件となっていました。牧病院では全ての職員と患者の検査が完了しましたが感染源の特定には至らず、県では、国に対し感染を広げないための囲い込みが終わり市中感染の兆候がみられないことなどを報告したということです。中村知事は「国からのクラスター班の専門家も来ていただいてますけれども、その方々をもってしてもやっぱりこういうケースはなかなか感染源が特定できない。現場の声も聞いて、退院をすでにされた方も対象を広げて検査をする予定にしています」「愛媛県としてはどのような判断であろうとも警戒期は5月31日まで継続いたすこととしていますということはお伝えしました」と話しました。内閣官房の新型コロナウイルス感染症対策推進室によりますと、県からの報告についてはあす有識者らによる諮問委員会やその後の対策本部で議論されるということです。