愛媛のニュース

2021年04月08日(木 ) 19:08

高齢者向けワクチン届く 松山と宇和島に【愛媛】

愛媛県内でも12日から始まる新型コロナワクチンの高齢者向け接種を前に、ファイザーのワクチン1箱ずつが8日、松山市と宇和島市に届けられました。
8日は、高齢者向けワクチン2箱、およそ1000人の2回接種分が届けられ、まず、1箱が松山市の「ワクチン管理配送センター」がある医薬品卸会社に搬入されました。そして、担当者が運送中の温度管理が適切かどうかを確認した後、マイナス75度前後で保管できる「ディープフリーザー」にワクチンを入れていました。もう1箱はその後、宇和島市の市立宇和島病院に届けられました。松山市と宇和島市は、このワクチンを使って12日から高齢者施設の入所者らを優先して接種を開始します。
今月中に、県内すべての市と町に少なくとも1箱のワクチンが届く予定ですが、すべてをあわせても、県内の高齢者、およそ44万2000人の5%未満の量です。なお、県内多くの自治体では、今月中旬ごろからワクチン接種に必要なクーポン券を対象者に発送する予定です。