愛媛のニュース

2021年09月15日(水 ) 18:40

「決して抑え込んでいない」 20人感染【愛媛】

愛媛県は15日、新型コロナウイルスに新たに20人が感染した、と発表しました。中村知事は松山市の状況について「決して感染拡大を抑え込んではいない」として、特に警戒が必要だとしています。
新たに感染が確認された20人の内訳は、新規9人、既存11人で、居住地別では松山市が最も多く12人、次いで新居浜市が4人などとなっています。
最多の松山市では、新たに1件の仕事関係クラスターが認定され、この事例では異なる複数の事業所から集まった人が同じ場所で働き、感染が広がったということです。事例の感染者数はその他家族なども含めて6人で、必要な関係者の検査はほぼ終了しているということです。
中村知事は建設や建築の現場など複数の企業の関係者が仕事場を同じくするケースでの感染拡大に注意を呼びかけました。中村知事は「保健所の調査によりますと、勤務先に向かう際の車の乗り合わせ、また勤務先での休憩室、喫煙所等での接触が感染につながったケース、事例も多く確認されています」としています。