愛媛のニュース

2021年09月22日(水 ) 19:31

国産のクルミ収穫がピーク 西条市丹原町【愛媛】

愛媛県西条市丹原町で希少な国産のクルミの収穫がピークを迎えています。
西条市丹原町では、信濃クルミ発祥の地である長野県の苗木を仕入れていて、7軒の農家が高齢化により難しくなった柿に代わる新たな作物として、2008年から栽培に取り組んでいます。クルミは約99パーセントが中国やアメリカなどから輸入されていますが、信濃クルミは国内流通の中心となっている外国産に比べ、大粒で濃厚な味わいが特徴です。
生産者の山之内守さんの45アールの園地では高さ10メートルほどの木から大きく育ったクルミの実を一つ一つ丁寧に手作業で刈り取っていました。
クルミは果肉を取り除いた核の部分が出荷され、JA周桑によりますと今年は8月の長雨の影響で、例年より少ない600キロの出荷を見込んでいて、丹原町の周ちゃん広場で購入できるということです。