愛媛のニュース

2021年09月24日(金 ) 12:11

今治放火殺人 息子が「火をつけた」と供述【愛媛】

今年6月、愛媛県今治市で自宅に放火し、母親を殺害した疑いで、58歳の息子が警察に逮捕された事件で、息子は「1階で火をつけた」という趣旨の供述をしていることが分かりました。この事件は、今年6月、無職、森松良和容疑者58歳が、当時住んでいた市内美保町の自宅に火をつけ全焼させ、家にいた母親、森松マサノさん当時92歳を焼死させた疑いで警察に逮捕されたものです。
これまでのイートの取材で、マサノさんは足が不自由で、森松容疑者はマサノさんが火の手から逃げ切れないことを分かっていた上で犯行に及んだ可能性があることがわかっています。その後の捜査関係者への取材で、森松容疑者は「一階で火をつけた」という趣旨の供述をしていることが新たに分かりました。警察は24日、殺人と現住建造物等放火の疑いで森松容疑者の身柄を松山地検に送り、引き続き放火した手段など裏付けを進めるとともに犯行の動機などを詳しく調べています。