愛媛のニュース

2021年09月27日(月 ) 18:59

やり投げの村上選手 現役引退を表明【愛媛】

オリンピック3大会連続出場などを果たした陸上やり投げの村上幸史選手が26日、現役引退を表明しました。
26日に大阪で開かれた陸上の全日本実業団対抗選手権に出場した村上選手。68m63で15位に終わった試合後に現役引退を表明し、仲間から胴上げされました。
村上選手は上島町出身の41歳。今治明徳高校でインターハイ優勝を果たすなど頭角を現し、その後はアテネ・北京・ロンドンとオリンピック3大会連続出場し、2009年ベルリンで行われた世界選手権では日本初の銅メダルを獲得、日本選手権では12連覇を成し遂げるなど日本やり投げ界の第一人者として活躍を続けました。
自己ベストの85メートル96は日本歴代3位を誇ります。