愛媛のニュース

2021年09月28日(火 ) 18:52

ミャンマーでの銃撃死から14年 長井さんの冥福祈る【愛媛】

愛媛県今治市出身のジャーナリスト長井健司さんがミャンマーで銃撃され、亡くなってから14年が経った27日、遺族が長井さんの墓を訪れ、冥福を祈りました。
長井健司さんは今治市出身のジャーナリストで、2007年9月27日、ミャンマーで起きた反政府デモの取材中に銃撃され、50歳で亡くなりました。毎年命日には妹の小川典子さんが長井さんの墓を訪れていて、27日も線香などを供えたあと、静かに手をあわせました。
小川さんは今年4月にも外務省あてに嘆願書を送ったということで、引き続き長井さんが最後まで手にしていたビデオカメラの返却と事件の真相解明を求めていきたいとしています。