愛媛のニュース

2021年09月29日(水 ) 19:09

感染対策期から警戒期へ 県独自レベル引き下げ【愛媛】

愛媛県内での感染状況がステージ2まで下がり、医療負荷も減少しているなどとして、中村知事は10月1日から、県の独自警戒レベルを最も厳しい「感染対策期」から「感染警戒期」へ引き下げると発表しました。
29日の発表では、県外との移動については、「不要不急の往来自粛を一律に求めない」とし、「訪問先での感染状況を必ず確認するなど十分注意して移動するよう」協力を求めています。
会食については、これまで「普段から顔を合わせる人たちと4人以下で、おおむね2時間以内」としていましたが、10月1日からは「感染リスクの高い行動をとっていない人と10人以下で、長時間を避ける」としています。
また、県立学校に出されていた制限も緩和され、県外への修学旅行などは内容を厳選しながら実施できるようになるほか、部活動では他の学校との練習試合や合同練習も注意を払いながら実施できるようになります。
なお、県は29日、新たに7人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。新規で3人、既存で4人でした。