愛媛のニュース

2021年10月11日(月 ) 18:49

お祝いムード ノーベル賞真鍋さんの故郷【愛媛】

愛媛県四国中央市出身の気象学者、真鍋淑郎さんが、今年のノーベル物理学賞に決まってから、ふるさとではお祝いムードが続いています。
真鍋さんの生まれ故郷、四国中央市新宮町にある道の駅「霧の森」では、訪れる人たちに「ゆかりの地」をアピールしようと、「真鍋博士生誕の地」の看板や横断幕を作りました。
また、受賞を祝う新メニューとしてスイーツプレート、「新宮茶と季節のお菓子」を完成させました。
「祝ノーベル」の文字に、かぶせ茶の緑でふるさと新宮の茶畑を、中心には新宮の山々をイメージしたモンブラン。一番のこだわりが、ドライアイスを使うことで、地元の朝霧を表現しながら、地球温暖化にいち早くスポットを当てた真鍋さんの業績を知ってもらいたいとの思いを込めました。
道の駅「霧の森」によると、このプレート販売は数量限定となります。