愛媛のニュース

2021年12月02日(木 ) 11:54

松山市で50代男性がワクチン4回接種【愛媛】

愛媛県松山市で50代の男性が新型コロナワクチンを4回接種していたことがわかりました。

松山市によりますと、市内に住む50代の男性は、今年3月に医療従事者らへの優先枠で2回接種した後、自宅に届いた一般市民向けの接種券を利用し、8月に集団接種で2回接種したということです。市が3回目の接種開始を前に予約システムに予診票のデータを取り込んでいたところ、男性の4回接種が判明しました。

男性は集団接種の際、予診票と問診票の問いに「初めて接種する」旨の虚偽の申告をし、 3回目以降のワクチンを接種していました。

市の聞き取りに対し、「2回接種した認識はあったが、 接種券が届き、接種ができると勘違いした。 申し訳なかった」と話しています。

これまでに男性から健康被害に関する申し出はありませんが、市では虚偽の申告は遺憾とし、男性に対して2回分の接種費用の返還を求める予定です。