愛媛のニュース

2022年01月26日(水 ) 18:52

12%超の水道料金値上げ 松山市が検討【愛媛】

松山市は水道管の耐震化などのため水道料金の値上げに向けた条例改正を検討している、と発表しました。来年4月の料金改定を想定しています。
野志市長は会見で、「南海トラフ地震などに備え、水道施設の耐震化や老朽化対策は着実に進める必要があり、その財源をまかなうための料金改定はやむを得ないと考えています」と説明しました。
松山市の水道施設の耐震化を巡っては、有識者らで作る審議会が今後5年間でおよそ46億円の経費の不足が出る見込みとして、これを補うには平均で12・64%の水道料金の値上げが必要だとしていました。
値上げの開始時期は審議会が今年4月からが望ましいとしていましたが、野志市長はコロナ禍で経済的な打撃を受ける市民も多いとして来年4月が望ましいとしました。
市では、値上げに向けた条例改正案を来月開会する市議会に提出することを検討していて可決された場合、消費増税を除いて2001年以来の値上げとなります。