愛媛のニュース

2022年05月12日(木 ) 18:57

砥部のおいさん ユニークな絵柄の砥部焼【愛媛】

腕を枕にしてゴロゴロ…。仰向けに脚を広げてリラックス…。その名も「砥部のおいさん」。なんともユニークな絵柄が話題となっている砥部焼があります。
描いたのは、愛媛県砥部町にある窯元、清月窯の野村千春さん。気になる、「おいさん」のモデルは、千春さんの夫で、清月窯の三代目、野村和孝さんです。
今年7月に結婚3年を迎えるふたり。妻の千春さんから見た和孝さんの日常のワンシーンが絵柄のもとになっているといいます。
「砥部のおいさん」シリーズの発売は去年の春。コロナ禍の閉塞感がある中で手に取る人をほっこり和ませてきたといいます。野村千春さんは「お客さんにより共感してもらえるような、喜んでもらえるような作品を作っていきたいなと思ってます」と話しています。
「砥部のおいさん」シリーズなど、清月窯の砥部焼は、「まつやま花園砥部焼まつり」で今月28日と29日に販売される予定です。