愛媛のニュース

2022年08月10日(水 ) 14:34

新型コロナ過去2番目の多さ【愛媛】

愛媛県は10日、みなし陽性を128人含む2514人が新たに新型コロナに感染したと発表しました。
これは1日あたりの感染者としては県内で過去2番目の多さで、感染者数の累計は8万9759人となりました。
また、新型コロナの重症例ではない高齢者2人の死亡が確認されました。
このうち1人は80代の入院患者です。
もう1人は70代で、軽症のため自宅療養となり、保健所が健康観察を行っていました。
しかし、8日から連絡が取れなくなり、9日職員が自宅を訪問し、その後死亡が確認されたということです。死因はわかっていません。
医療機関の入院者数は20人減って214人、病床使用率は56%となっています。
感染者の居住地別では、松山市1136人、今治市222人、宇和島市95人、八幡浜市44人、新居浜市235人、西条市185人、大洲市52人、伊予市68人、四国中央市164人(過去最多)、西予市26人、東温市79人、上島町1人、久万高原町3人、松前町69人、砥部町58人(過去最多)、内子町17人、伊方町4人、松野町5人、鬼北町5人、愛南町31人、県外15人となっています。
年代別では10歳未満が358人、10代が338人、20代が309人、30代が424人、40代が387人、50代が284人、60代が188人、70代が116人、80代が80人、90歳以上が29人、調査中が1人となっています。