愛媛のニュース

NEW 2021年05月16日(日 ) 18:30

新型コロナ8人感染 2人死亡 【愛媛】

県は新たに8人が新型コロナに感染し、2人が死亡したと発表しました。1日の感染者数が1ケタになるのは55日ぶりです。新たに感染がわかったのは新規2事例3人、既存5事例5人のあわせて8人で、県内では3月22日の発表以来、55日ぶりに1日の感染者数が1ケタとなりました。また、15日から16日にかけて新型コロナの重症ではない90歳以上の1人と重症で入院していた70代の1人が死亡しました。既存事例のうち1人は国外の感染者で、この事例の感染者数は2人となっていて、2人について県は入国後、県外で感染した可能性が高く、インド型の変異ウイルスの可能性は低いとしています。一方で、関東や関西圏でインド型が確認されていることを受けて中村知事は「インド型もイギリス型と同じように拡大している可能性は否定できない」とし、十分な注意を払う必要があるとしています。

NEW 2021年05月16日(日 ) 18:28

大洲市でトマトの出荷ピーク 【愛媛】

大洲市で初夏を代表する野菜トマトの収穫がピークを迎えています。大洲市は県内有数のトマトの産地でJA愛媛たいき管内では28軒の農家が栽培している農薬や化学肥料を減らして育てたトマトを、オリジナルブランドの「エコラブトマト」として出荷しています。市内東大洲の出荷場では持ち込まれたトマトが色づきや大きさなど等級ごとに仕分けられ次々に箱詰めされていました。JA愛媛たいきによりますと今シーズンは苗を植える1月頃の寒さが心配されたもののその後は天候に恵まれ例年以上に玉太りがよく甘味と酸味のバランスのとれたおいしいトマトに仕上がっているということです。

2021年05月15日(土 ) 11:24

統計開始以来最速で梅雨入り【愛媛】

高松地方気象台はきょう、四国地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。平年よりも21日、去年よりも26日早く、1951年の統計開始以来、最も早い雨の季節の到来です。

2021年05月11日(火 ) 18:49

伊予灘でイルカ約50頭と遭遇【愛媛】

気持ちよさそうに伊予灘を泳ぐイルカたち。9日の日曜日の午前11時半ごろ、愛媛県伊方町・三机港から北西へ約3キロの海上で松山海上保安部の巡視艇から撮影された映像です。
その数なんと約50頭。松山海上保安部によると、伊予灘でのイルカの目撃はよくあるものの、一度に50頭の群れを見ることは珍しいということで、目撃した乗組員も驚いたといいます。
四国水族館によりますと季節の変わり目に黒潮に乗って太平洋を北上してきたイルカたちが、海水温の上がってきた伊予灘へ入ってきた可能性があるということです。

一覧へ
2021年05月06日(木 ) 14:57

【速報】新型コロナ死者2人増え累計50人【愛媛】

愛媛県は6日、新型コロナウイルスの感染者2人が死亡したと発表しました。また新たに11人の感染を確認したとしています。これで、県内での累計感染者は2450人となり、死者は50人となりました。

一覧へ