愛媛のニュース

2021年06月08日(火 ) 18:38

20市町の接種状況公表 松山市に対応促す【愛媛】

愛媛県の中村知事は8日、県内の65歳以上の高齢者のワクチン接種状況を自治体別で公表しました。20市町の中で接種が遅れている松山市に対し、改めて早急に対応するよう求めました。
県によりますと、7日時点で、鬼北町が67.7パーセント、次いで東温市が54.1パーセントと高く、県全体では、対象となる約44万人のうち、接種を行ったのは23.8パーセントだということです。このうち、約15万が対象となる松山市内の65歳以上の高齢者の接種状況は、15.4パーセントと、県内の20市町の中で一番低くなっています。
松山市では、来月末までの高齢者接種完了に向けて、県の協力の元、集団接種会場を増やすなど対応を行っています。ただ、予約の前倒しが必要な市内の高齢者約3万5000人のうち、2万4000人あまりの手続きが完了しておらず、市が対象者への意向を確認するなど対応を急いでいます。