地元ごはん

地元ごはんとは?

地元・愛媛が育んだ山の幸、海の幸を使った料理を"地元ごはん"と命名。
紹介する"地元ごはん"は、その材料の魅力を一番知っているといえる生産者たちが、普段から各家庭で味わっている自慢の料理たち。
それは、ふるさとの味であり、懐かしい家庭の味であり、これまで食べたことのない新鮮な味であり、
そして、どれもが地元愛にあふれた味なのです。
地元ごはんで、愛媛に住む人たちが、県産品に興味をもち、県産品を手に取り、県産品で料理をし、そして、味わう。
食べることで愛媛を応援し、地元愛を深めてみては?

愛南町で見つけた地元ごはん

カラフルな姿から、たっぷりの天然うまみ!

ヒオウギ貝の炊き込みご飯

材料(4人分)

ヒオウギ貝・・・・・6~8個
米・・・・・・・・・3合
しょうゆ・・・・・・小さじ2
にんじん・・・・・・40g
ごぼう・・・・・・・40g
干ししいたけ・・・・3枚
だし・・・・・・・・3カップ
薄口しょうゆ・・・・大さじ3
酒・・・・・・・・・大さじ2
みりん・・・・・・・大さじ1
塩・・・・・・・・・少々

作り方

① ヒオウギ貝の肝を取り除き、2~4つに切ります。
② にんじん→細切り ごぼう→ささがき 干ししいたけ→軸は取り除いて細かく切る
③ 切った材料と調味料を入れて炊く!完成!