アナウンサーブログ

市脇 康平

市脇 康平Kohei Ichiwaki

詳しいプロフィール

プロフィール

生年月日
1975年6月24日
出身地
愛知県豊田市出身
入社年月日
2000年10月入社

担当番組

「ちかくナルナル なるちか!」(土 午後5:00~)
「らぶちゅちゅ」(木 深夜0:25~)
「交通安全ココワンTube♪」(木 午後6:55~)
「高校野球実況」ほか

今季のターニングポイントになるか2019年5月23日

J2第14節「新潟対愛媛」は愛媛が前半2失点するも、後半3得点で逆転。劇的な展開で、今季初敵地で勝ち点3を手にしました。

後方から大事にボールを繋ぐものの“その次”の手が見えず、モヤモヤしていたここんところの試合。ある意味「居直る」きっかけができた後半は、選手たちの覚悟が1歩を踏み出す力になって、3つのゴールを積み上げられたような気がします。じゃぁもっと早くやれたんじゃないの?って思うかもしれないけど、相手のある競技ですし、選手個々の抱くイメージにもズレがあるわけで。ただ、後半は選手の距離感だったり、ボールの入れ方だったり、取り組む姿勢がようやく結果として報われる形になり、正直に良かったなと思います、はい。

絶望的な展開でピッチに立った時、選手は何を考えているのか。あるベテラン選手に聞くと、まず1点を狙うといいます。でも、本意はそこではありません。1点では試合に勝てないわけで、2点取られていたら3点取り返すために、頭を働かせ、足を動かし、汗をかくそうです。その流れに持ち込むために、まず1点を奪いにいく。その試合に反映しきれないことがあっても、その次の試合につなげる。そういう気持ちでやっているんだという話を聞いて、なるほどと思いましたね。

さぁ次節こそ、ホームゲーム100勝を達成だ!25日(土)好調の水戸ホーリーホックと対戦です。

今年も始まりました2019年5月23日

夏の高校野球愛媛大会の開幕まで、気つけば2ヵ月を切っていました。今年もまた球児たちが熱い夏をつれてやってきます。それを前に大型連休明けから、学校紹介の取材がスタート。eatスタッフが各チームにお邪魔して、鋭意制作中でございます!スーパーJチャンネルえひめでチェックしてください!

めし!.jpg

モリモリ食べてがんばろー!…市脇のご飯ではありませんよ。もちろん選手のご飯ですっ!

ここが踏ん張りどころです2019年5月13日

J2第13節「愛媛対鹿児島」愛媛は前半13分に先制を許すと、後半も立て続けに失点して3失点。攻撃陣の得点なく、今季からJ2昇格の鹿児島に完封負けを喫しました。これで5試合連続勝利なし、ホームゲーム100勝はまたもやお預けです。

川井監督「見ての通り完敗。試合の入りは良かったが、早く失点して取られ方も想定外で難しい試合になった。攻撃は崩しきれないという印象。もっとペナルティエリア内に進入する動きが欲しい。先発を入れ替えたのはそれまでの練習でよいものを見せてくれた選手がいたこと。いいものを期待させてくれた選手がいたので選んだ。鹿児島はあまり高さがないのでスピードのある選手を入れようとしたのもあるが、前線のコンビネーションがうまく機能しなかった」

西田主将「(途中出場で)とにかく1点を返そうと思ってピッチに立った。その1点が反撃の呼び水になるよう、今後のチームにつながるようにと思い、走り続けた」

Jリーグ初出場2年目の竹嶋選手「悔しいし、情けない。チームに新しい風を吹かせて欲しいという監督の思いに応えられず申し訳ない。(ボランチではなく3バックの右に配置されて)とにかく目の前の相手をつぶすことに重きを置いていた。せめて最初の20分はゼロに抑えたかった。失点してピッチに重い空気を感じた。シュートも枠に行かなかった。(劣勢になっても向かう姿勢を見せていたのは)サポーターを悲しませてはいけないと思っているから。90分、声援が耳に届いていた。もっともっとチームに貢献したい…1日1日を大切にしたい」

試合後、スタンドへ挨拶に来た選手たちに向けて、サポーターは「愛媛FCコール」の大合唱。見捨てるなんてありえない。きっと、ここが前半戦の踏ん張りどころなんです。

次節は18日(土)午後2時から敵地で新潟戦です。「なるちか!」OA前にガッカリしたくなーい(笑)

大洲で30度を超え、今季県内初の真夏日となったこの日。K広報のメッセージは…

鹿児島戦.jpg

もうそんな季節なんですねー。

平成から令和へ2019年5月 1日

平成を振り返る企画を見ながら、ふと自分史についても思い返しておりました。

学校を出て、1人暮らしを始めて働き出し、転職を挟んで、家族もできて…と。自らはもちろん、身の周りも大きく様変わりした時代だったなと思いました。個人的には元号が変わる経験を2度したわけですけど、この節目を経て、また新たな気持ちでいろいろと頑張ってみたいなと思いました。オフィシャルもプライベートも、まだまだ足りないところが多いんですがね(汗)

令和の時代も何卒よろしくお願いいたします!

追伸:愛媛FC甲府戦より

さぁ新時代へ-thumb-240x135-14067.jpg

強豪相手に引き分けへ持ち込んだ流れ。ぜひ令和最初のゲームで生かしてもらいたいものですな!5月4日は敵地・大宮での試合です。

ファイティングポーズは崩さない2019年4月21日

J2第10節「愛媛対福岡」は愛媛が前半17分までに2失点。後半に入ってCKをきっかけに吉田選手のゴールで1点を返しましたが、2-1で敗れました。通算成績は3勝2分5敗です。

川井監督「前半2失点で苦しくなった。警戒していたところでの失点になり、自分たちが足りないものがあった。ポジション変更で慣れないところも影響したかもしれない。それでも1点を取れたことをポジティブにとらえたい」

田中選手「福岡の圧力にやられた。守備があっていなかったし、逃げ腰のビルドアップになった。前から来るのは分かっていたが、サイドチェンジもできず、もろに受けてしまった。守備が悪く玉回しも悪い。ただハーフタイムの時、全員でもう1回スイッチを入れなおして後半へ向かった」

愛媛加入後初ゴールの吉田選手「前野がいいボールを供給するのは知っているし、競り合いで西岡がいいところへ落としてくれると信じていた。昨季から点が取れず、自信をなくしかけていた。自分なりにホッとしている。最低引き分けにしたかったが、この1点が今後プラスに働ければいいなと思っている」

 ホーム100勝をかけて....jpg

 

 

 

 

ということで、恒例の?K広報のホワイトボードより。今節ホームゲーム通算100勝に王手をかけながら達成できませんでした。次節もホームゲーム、甲府を迎え撃ちます!27日午後6時キックオフ!決めるぞホーム100勝!

最強のクイズ2019年4月20日

私が考える最強のクイズはこちら!

「ほらっ、あのテレビで出ていた、あの人!…うーん、誰だったっけ~」

ヒント、少なっ!

追伸:きょうはお天気が良かったので、小学校で飼育している亀さんが仲良く甲羅干ししてました。

いい天気だもんね.jpg

 

試合前に必ずチェックするもの2019年4月10日

愛媛FCのホームゲームは極力、取材も兼ねてニンジニアスタジアムで見るようにしています。

ニンスタに着いたら必ず行うこと。それは監督会見の会場で「メンバー表の入手」です。「お、アイツ復帰したな」「あら、アイツいないやん」などとブツブツ…。愛媛の先発はもちろん、対戦相手のメンバーも確認します。

そして、これも!

踏ん張った甲斐があったね.jpg

愛媛FC広報のKさんがホワイトボードに“何かしら”を書いています。掲載しているのは岐阜戦のもの。いつもユーモアを交えて意気込みが記されています。

ま、踏ん張っておいて、良かったね(笑)

追伸:近所の桜も雨風にさらされながら、そろそろ衣替えのようです。

そろそろ終盤.jpg

快勝で連敗ストップ!2019年4月 8日

J2第8節「愛媛対岐阜」は開始約30秒で丹羽が先制弾!後半には途中出場の近藤が追加点!守っては岐阜攻撃陣をシャットアウト!日本代表・森保監督が視察する中、2対0で快勝した愛媛は、連敗を3でストップさせました。残念なのは直近の水曜ナイトマッチに比べて、観客数が少なかったことでしょうか。選挙、花見…いろいろあったのも事実ですが(汗)

川井監督「連敗を止められて良かった。四国ダービーに向けて弾みのつく勝利になったと思う。得点にこだわって試合に臨んだ。気温が急に上がる中、よく耐えてくれた。ただ中身はもっと改善させたい。もっとよいものを見せたい。練習でいろんなことを提示しているが、最後に実行するのは“人”。1人1人が意識を変えてくれたり、いろんなきっかけがあって、レベルが上がってきているのだと思う。近藤は“いないと難しいくらい”貢献度の高い選手。後半勝負と見てベンチスタートにした。神谷はボランチをやらせてみたが、タフさがあるのも分かっているし、今は守備力が上がっているので起用してみた」

今季初ゴールの丹羽選手「チームとしても個人としても危機感を持っていた。(得点までのシーンについて)まずは守備で献身的に行こうと思っていた。いいプレーができたと思う。とはいえ、あんなに早いタイミングで得点のシーンが来ると思わなかった。いろいろ練習を通して学ばせてもらっている健太さんへの恩返しができたと思う」

今季初先発の河原選手「守備の場面、たとえばボールの取り方とか、周りからよく声が出ていた。ボールを持たれていても攻撃へ繋げることができた。チームとして力がついてきたと思う。これまでは自分たちのサッカーを体現できるなかで結果がなかった。今回は自分たち新しい選手が出て“試されている”状況で結果を示したかった。待ちに待っていた先発だったが、いつチャンスが来ても、安定したプレーを見せるのがベテランの生き様。攻守で最低限のことはできたんじゃないかと思っている。あと、子どもを抱っこして入場するのは、ずっと夢だった。その夢をかなえてくれた妻や子どもに感謝したい」

先制点にからむ活躍を見せた長沼選手「古巣対決だったので気持ちが入っていた。フォーメーションによるミスマッチで、自分は勝負しやすいと思っていた。後半は行ける回数が減ってきつかった。日本代表の森保監督が来ていて気合が入らないわけがない。五輪世代も兼ねているが、A代表の監督でもあるし。次節の徳島戦、さっきサポーターからアウェーで10年勝ってないって聞いたので、ジンクスを破りたい。自分はあまり相性を気にしないタイプなので」

追加点をアシストした神谷選手「(久々のボランチで)チーム全体を見ることができた。2点目のアシストはボールをもらって、パッと見た時に確率が高い方を選んだパスを出した。僕のところで流れを作らないとダメ、連敗を止めることができてよかった。森保監督が愛媛に見に来てくれる、気にかけてくれるだけでも嬉しい。代表はどうなるか分からない、今は愛媛FCの選手として頑張りたい」

前節よりも3人先発を入れ替えて完勝を収めた愛媛。上乗せができた状態で、いよいよ敵地に乗り込んでの徳島戦!その後も福岡、甲府、大宮との対戦を控えているので、ますます今のチームが楽しみになってきました!!

なるちか!5年目突入しました2019年4月 6日

今回も「なるちか!」をご覧いただき、ありがとうございました。

番組宛てに、お祝いのメッセージもたくさん届きました。大変感謝しています。

改めて、みなさんの支えによって成り立っていることを強く感じました。

優秀なスタッフに救ってもらいながら、もうすぐ44歳を迎えますが、もっと頑張らなきゃあかんなと思っています。

「なるちか!」今後もご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

追伸:数週間前から「新年度1回目は桜中継をやるんじゃ」って決めていたんですけど、これまで見事に満開の桜をお送りできるとは思いませんでした。私は花見に行けていませんが、みなさんのメールや戸谷アナが汗を流しながらリポートしてくれる中継を見ながら、花見気分を味わうことができました(笑)

元号をさかのぼると...2019年4月 2日

平成の次の元号は「令和」となりました。まだまだ聞きなれない、見慣れないのは当たり前なのですが、そんな中で、けさ母親からスマートフォンに連絡が。

「あなたの名前があってビックリしたよ」と。

なんのこと?って思ったのですが、よくよく聞いてみると、地元紙を読んでいたら、かつての元号がたくさん掲載されていたようで、その中に「康平」があったとのこと。

調べてみると、西暦1058年~数年間、康平の時代があったそうな。平安時代のことです。

これが現代なら、松山の某温浴施設に行けば、入浴料が無料になったのかなーって(笑)

ま、そんなことはさておき、新年度スタートに続き、新時代の幕開けも間近。気を引き締めていきましょー!!

アナウンサールーム

アナウンサー
坂口 愛美

■坂口 愛美

吉井 万結

■吉井 万結

大堀 結衣

■大堀 結衣

石本 桃子

■石本 桃子

斉藤 初音

■斉藤 初音

大沢 寧工

■大澤 寧工

市脇 康平

■市脇 康平

村上 健太郎

■村上 健太郎

戸谷 勇斗

■戸谷 勇斗

最近のブログ
月別ブログ

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • オカンは俺より野球が好き
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • JA共済Presents 愛ある農産品 えひめこだわりさがし

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です