アナウンサーブログ

村上 健太郎

村上 健太郎Kentaro Murakami

詳しいプロフィール

プロフィール

生年月日
1985年3月1日
出身地
愛媛県今治市
入社年月日
2007年4月入社

担当番組

「スーパーJチャンネルえひめ」(月~金 午後4:48~)
「らぶちゅちゅ」(木 深夜0:20~)
「はい!eatです」(第3日 朝4:30~)
「高校野球実況」ほか

町のヒーローたち2017年7月15日

高校野球愛媛大会が開幕 連日熱戦が展開されています!

大会3日目のきょう、私は松山城南VS小田の実況を担当しました。

松山城南は、高知高校のエースとして春夏甲子園出場経験を持つ、國尾新監督の初采配、強力な1年生たちを岩佐キャプテンがしっかりまとめあげ、10対3で4年ぶりの白星!見事な戦いぶりでした。

 

しかし、敗れた小田高校もまた素晴らしいチームでした。
部員はわずかに14人、うち6人が1年生ということで、春までは9人にも満たない状況。
それでもできる練習を精一杯して臨んだ夏舞台で、一時は試合をひっくり返す活躍ぶりを見せました。

試合後亀内キャプテンは涙を湛えながら、こう話してくれました。「絶対勝って、後輩たちも泣かせるつもりはなかったんですけど・・・でも、全員が声を出して力いっぱい戦えました。ただ、どうしても応援してくれた人たちに勝ちをプレゼントしたかった、それが唯一の心残りです・・・」



私は2011年に部員9人だけで愛媛大会に出場した小田高校を長島三奈さんと一緒に取材したのですが、
その時地域の人が話していたことで印象に残っているのが、
「野球部の練習する声がここまで聞こえてくるんだよ、それを聞いて元気をもらっている、野球部がなかったら大変だ」という言葉でした。

小田町の人たちにとって、まさに野球部は町のヒーロー。
練習試合の度に大勢観戦に訪れたり、地区の野球場を貸しきって行っている毎日の練習も、地域の支援で成り立っているという話も聞きました。

だからこそ、選手たちは試合前に話していました。
「心の支えは「地域の応援」、その気持ちに応えたいと思うと苦しい練習も頑張れた」
「夏は、1勝して恩返しをしたい」

それは叶いませんでしたが、最後まで諦めずに全力で戦う姿、地域の人たちは本当に嬉しかったことと思います。

 

小規模校でも一生懸命練習すれば、こんなに躍動できるんだということをみせてくれた小田高校、
同じく人数不足で悩むチームにも勇気を与える戦いぶりだったのではないかと感じました。

素晴らしい熱戦でした。

 

 

アナウンサールーム

アナウンサー
坂口 愛美

■坂口 愛美

吉井 万結

■吉井 万結

大堀 結衣

■大堀 結衣

長廻 雅美

■長廻 雅美

矢端 名結

■矢端 名結

大沢 寧工

■大澤 寧工

市脇 康平

■市脇 康平

村上 健太郎

■村上 健太郎

戸谷 勇斗

■戸谷 勇斗

最近のブログ
月別ブログ

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • eatみんながカメラマン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • JA共済Presents えひめ農産品だより
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です