アナウンサーブログ

大澤 寧工

大澤 寧工Yasunori Osawa

詳しいプロフィール

プロフィール

生年月日
1972年8月21日
出身地
愛媛県今治市 95年から松山
入社年月日
1995年入社

担当番組

「スーパーJチャンネルえひめ」(月~金 午後4:48~)
「ふるさと応援TV えひめのミカタ」(水 午後8:54~)
「高校野球実況」、「eatふるさとCM大賞えひめ」ほか

終わり、そして始まり。2009年7月31日

高校野球愛媛大会は西条高校の優勝で幕を閉じました。

優勝の瞬間、マウンドの秋山投手が流した涙はとても印象的でした。

選抜で敗退した時、ケガで出場できなかった井下主将のことを思い、
「井下に申し訳なくて・・・」と涙した豪腕。

この愛媛大会は「魅せる投球」を封印して「勝つための投球」を貫きました。
(とは言え、十分魅せられましたが・・・)

最後のバッターに対しての「変化球3つ」の配球は象徴的なシーンです。

サインを出す、森捕手の存在も欠かせないものでした。

徹底マークの中での春夏連続甲子園。
投手力はもちろん、攻撃、守備、走塁と、レベルの高さは際立っていました。

eat開局から15年、総合力の高さは間違いなくトップレベルです。

さあ、次は甲子園。
比較的過ごしやすかった愛媛大会とはうって変わって、
熱くて、暑くもある夏が待っています。

敗れた59校の夢を背負って
「西条高校の物語」が始まります。

背番号8。2009年7月29日

試合中、背番号8は病院にいた。

シード校の3番バッター。攻守の中心選手だ。


アクシデントは突然だった。

2年生左腕の変化球が頭を襲う。

倒れ込んで、立てなくなった。

意識はある。

「立ち上がって1塁ベースに向かいたい。」

しかし、立てなかった。

病院で治療を受けて帰ってきた。

仲間が苦しんでいる。

ライバル校の選手たちが次々とホームベースを駆け抜けていく。
泣きながらベンチで声を張り上げた。
悔しさと悲しさと、怒りもあったろう。
泣きながら、ベンチで声を張り上げた。


信じられない夏の終わり。

試合後、彼は、相手チームのベンチを訪れた。

勝者に夢を託すために。
そして、もうひとつの目的を果たすために。


背番号11をみつけると、彼は、静かに歩み寄った。

そして、2年生左腕が、口を開く前に声をかけた。

「気にするなよ。」

目を真っ赤にはらした背番号8の顔は、
どこまでもやさしかった。

関が原。2009年7月27日

雨に泣いた愛媛大会も、あと3日になりました。

どのチームも「夢」を手にするためには、あと3回勝たなければいけません。

あすは、ベスト8の激突。

雨の影響で、1日4試合の日程になりました。

第1試合は「エース」と「エース」のぶつかりあいです。

どちらも「エースで4番」。
最近の高校野球では両方を任されることは少なくなりました。

しかし、2人とも愛媛を代表する投手であり、打者です。

当然、「エースで4番」です。

4試合になったことで、プレーボールは8時半。

両者とも「尻上がり」タイプですから、立ち上がりがポイントになるかも知れません。

運命の一戦は、あと10時間後に幕を開けます。

独り言。2009年7月25日

雨は・・・・・・・・・・・もういい。

でっかい太陽。2009年7月23日

全校生徒129人。山の小さな学校の大応援団が広いスタンドに陣取った。

そばには、顔見知りのおっちゃんやおばちゃん。

町の代表戦士たちに声援をおくる。

スタンドが一番沸いたのは7回だった。

2アウト2塁。
3年生が作ったチャンスだ。

応援席を正面にして、1年生が打席に入る。

「ひとりじゃない。みんながついてる。」

低めの変化球、難しい球を打ち返した。

打球はセンターへ抜けていく。

2年生がホームを駆け抜けた。


「みんなで取った1点だ。」


試合が終わって、泥だらけの戦士たちと向き合った。

見慣れた顔を見ると堪えていた涙があふれた。

力いっぱい手をたたいた。

「ありがとう。」

日陰になった1塁側で、でっかい太陽が輝いていた。

波乱の予兆?2009年7月20日

4月、5月の少雨が嘘のように・・・、「長い梅雨」になりました。

高校野球愛媛大会はひうち球場の2試合を除く7試合が雨のためあすにスライドです。

これに伴い、アナと解説者の担当試合に若干変更点が。

ワンスモア資料整理です。

確か10年前の81回大会も雨の多い大会だったような・・・。

その年はシード4校中、3校がベスト4入りを逃す波乱の大会。

今年はシード校が頭一つ抜けているとは言われてますが。

果たして?

雨。2009年7月15日

スコアは「0対0」。

試合は7回に入っていた。

グラウンド上空は強い風。
センターポールの旗が勢いよくたなびいている。

みるみるうちに黒い雲が球場全体を覆う。

そして、ついに落ちてきた。
細かい粒は次第に大きくなる。


マウンドには2年生ピッチャーが立っていた。
「背番号1」のキャプテンは、ベンチで出番を待っている。


1アウト後、更に雨足が強くなる。

技巧派の指先が狂う。


そして、ピンチが訪れた。
そして、相手の選手がホームベースを駆け抜けた。

そして、雨は勢いを失った。


そのチームには、5人のマネージャーがいる。
彼女たちの作るおにぎりは評判らしい。

スコアラーとしてベンチに入った彼女に試合前、尋ねた。
「おにぎりには何か入れるの?」
彼女はハニカミながらこう応えた。
「愛情です。」


試合終了のサイレンをベンチで聞いた。
ベンチを出て、校歌を聞いた。

また強くなった雨が頬を濡らす。
しかしそれより前に、頬は濡れていた。

スタンドの最前列でずぶ濡れになって校歌を聞く、4人のうしろ姿が見えた。
彼女たちの肩が細かく震えているのが見えた。


背番号1のキャプテンの出番は無かった。

試合後、30歳の青年監督はこう言った。

「あいつが作ったチームです。」

夏が来た!2009年7月15日

愛媛の夏はいきなりの灼熱です。

長島三奈さんの登場で「ロケットダッシュ」の高校野球愛媛大会。

三奈さんの愛媛大会出場は3年ぶり3回目。
忙しいスケジュールの合間をぬって「愛媛の夏」に駆けつけてくれました。

目をキラキラ輝かせて、「愛媛の球児たち、私、大好きです!」

彼女の、そんな言葉に、「こみ上げる喜びと」何より、「元気」をもらいました。

「三奈さん、来年もお待ちしています!」


今年も熱い夏が、動き始めました。

やっとです。2009年7月12日

びっくりしたでしょ!

もう、一生変わらないと思っていた方、

「更新しましたよ~。」

いや、いや、いろいろと忙しいんです。すいません。

何が忙しかったかは、割愛します。(言い訳ですから・・・)


さあ、今年も「高校野球が始まります!」

毎年、開会式の原稿作りが僕の一大イベント、とっても大切な作業です。

その大仕事が、たった今、完成いたしました!

参加する60校、全てにあてた「入場行進」のメッセージ。

今年も頭をフル回転させて、言葉を選びました。

あとは、当日しっかり伝える。

頑張ります!

「行進終了」で「更新終了」。

ダメっすか?

アナウンサールーム

アナウンサー
坂口 愛美

■坂口 愛美

吉井 万結

■吉井 万結

大堀 結衣

■大堀 結衣

長廻 雅美

■長廻 雅美

矢端 名結

■矢端 名結

大沢 寧工

■大澤 寧工

市脇 康平

■市脇 康平

村上 健太郎

■村上 健太郎

戸谷 勇斗

■戸谷 勇斗

月別ブログ

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • eatみんながカメラマン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • JA共済Presents えひめ農産品だより
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です