番組審議会

第222回放送番組審議会

◆審議の概要(課題番組についての合評でのご意見)◆
☆「奇跡のバックホーム」はeatが得意とする高校野球のテーマであり、
     何度も番組化しているが、その都度、いろいろな切り口から工夫して
     制作していると思う。

☆ 30分という短い時間の中で、星子さんと矢野さんを軸にした見ごたえの
     ある番組だと思った。

☆  38歳になった選手たちが、どんどん少年の顔に戻っていく様子を盛り込む
      ことで、単なる思いでのフィードバックで終わっていない、厚みを感じた。

☆ 星子さんにアウトの瞬間の写真を贈るかどうか慮る澤田監督の心境や、
     星子さんや矢野さんの当時や今の心境を、インタビューのシーンで
      繋ぎながら構成した点、それぞれの思いやりや気遣いが感動的に
      伝わってきた。

☆   20年越しのドラマがこれで終わってしまうのはもったいない。
       今後も追いかけてもらいたい。

☆   一度雨で流れてしまった試合と直前に決まった再試合を間延びさせない
       ように見せようとしたスタッフの努力と執念を感じた。

☆   熊本地震や熊本に笑顔をという言葉は出てくるだけで、言葉だけが
       強調されてから廻りしているように思った。

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です