番組審議会

第223回放送番組審議会

◆審議の概要(課題番組について合評でのご意見)◆

☆12回目を迎えて、CMの作り手が上手になり、ますますレベルが上がり、甲乙つけがたい作品が揃っていたと思う。
☆若者たちの参加は、ステージでのパフォーマンスも含めて、今まで以上に盛り上がりを見せていたと思う。
☆今回、ベストパフォーマンス賞が新設されて、これはとてもいいと思った。
☆番組は、地域の特産品の知名度を上げたり、販売促進につながるチャンスとなっている。県内の市町の魅力を再確認できることがよかった。
☆ゲストの友近さんと藤崎マーケットの田崎祐一さんは、出演者らと上手く絡んでいたと思う。
☆ミスユニバースジャパン愛媛代表の福岡さんは、ほか3名の審査員とは異なる表情やコメントが光り、番組をとても盛り上げていたと思う。
☆審査では、CMを作る際の制作技術の具体的な寸評やアドバイスを取り入れてもらいたい。
☆CMの作り手が限られていることが気になった。
☆番組の中や「CM大賞」のホームページでも参加基準や予選審査の有無、審査基準を改めて紹介するとともに、制作のアドバイスをわかりやすく示して、新しい参加者を掴んでいって欲しい。
☆作品がテレビCMで放送される以外にも活用される方法を探ってもらいたい。

 

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です