eatの現場から ~仕事紹介~

技術局 秦泉寺 幸一郎

技術局

秦泉寺 幸一郎

2008年入社

こんな仕事をしています!

技術局の仕事は多岐にわたります。現在、私が主に担当しているのはテレビ放送の「制作技術」に関わる仕事です。カメラなどの番組制作機材の保守・管理を行ったり、スイッチャー・VE(ビデオエンジニア)など日々の運用スタッフとして番組制作に当たってたりしています。中継・特番収録では、中継車に乗ってオペレートすることもあります。最近では、スタジオ照明設備の更新検討や3Dソフトを使ったCG製作なども行っています。

仕事のココが面白い!

番組制作はチームプレーです。ディレクターの意図を理解し、スイッチャー、複数のカメラマン、照明、音声、VEなどが共通認識を持って番組づくりに臨んでいます。普段からコミュニケーションをとって制作していくことが面白いですし、人それぞれの個性が出てきます。視聴者の皆様からの反応にも、やりがいや悔しさなどを感じることができます。

入社以来一番印象に残っていることは?

夏の高校野球愛媛大会決勝の中継で、カメラ最大10台のもとスイッチャーを担当したことです。ディレクターやカメラマンに助けられながら何とか乗り切りましたが、指が震えたのを覚えています。とても貴重な経験で今の業務にも生きています。

これからチャレンジしたいことは?

eatではバーチャルスタジオ技術を導入し、日々のニュース番組などで活用しています。こういった新しい技術もどんどん取り入れつつ、番組の質の向上にあらゆる角度から挑戦していきたいです。

テレビ局(eat)を目指そうとしている方に一言メッセージ

技術局では、制作技術の他にも送出技術・送信技術・システム関係など重要な仕事がたくさんあります。専門的な知識が必要となりますが、時間をかけて身につけていけばいいと思います。自分の強みと熱い気持ちを持って入社試験に挑んでください!就職活動は自分との戦いだと思います。不安になることも多いと思いますが、夢に向かってがんばって下さい!

テレビ局(eat)を目指した理由

大学時代、地上デジタル放送に関する研究を行い、テレビ放送に興味を持ちました。放送の原理を勉強していく中で自分も実際にテレビのデジタル化に携わりたいと考え、テレビ局を目指すようになりました。

仕事をする上で心がけていること

常に高い意識を持って、よく考えることです。番組は1人ではできないので、できるだけ多くの人とコミュニケーションを取るよう心がけています。

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です