アナウンサーブログ

市脇 康平

市脇 康平Kohei Ichiwaki

詳しいプロフィール

プロフィール

生年月日
1975年6月24日
出身地
愛知県豊田市出身
入社年月日
2000年10月入社

担当番組

「ちかくナルナル なるちか!」(土 午後5:00~)
「らぶちゅちゅ」(木 深夜0:25~)
「交通安全ココワンTube♪」(木 午後6:55~)
「高校野球実況」ほか

愛媛代表が決まる!2019年7月31日

「予想以上に、いい立ち上がりだった」

松山聖陵の背番号10平安山(へんざん)投手は連戦の疲れを感じながら、必死に右腕を振り続けました。

「途中、点を取られてから疲れと暑さでピッチングの質が落ちてきた」

チームは先手を取りながらも、中盤に逆転を許し、途中降板。試合前には「キャッチャーの岸田と一緒に甲子園へ行きたい」と語っていました。岸田捕手からも「バッテリーでヒーローインタビューを受けよう」と話していたといいます。春は肘に水がたまったこともあり、戦線を離脱。夏は右肩のケガで登板できなかった根本主将に代わる“エース”としての活躍を見せた平安山投手。悔しさをバネに「来年こそは頂点を」と強く誓っていました。

そして、59校58チームの頂点に立ったのは、宇和島東。平成最初の代表校が、令和最初の代表校になりました。今からさかのぼること4ヵ月前、長瀧監督が母校への異動にあたり「4月からは宇和島から南予を元気にするニュースを発信できるよう頑張ります」とメッセージをくれました。豪雨災害から2年、この夏は牛鬼まつりが復活。そして、9年ぶりの愛媛大会制覇。前に進もうとする地域に、大きな力を与えたと思います。

夏の甲子園は3日抽選会、6日開幕です。「愛媛代表・宇和島東」の大舞台での健闘を祈ります!

いよいよ頂点が決まる!2019年7月29日

夏の高校野球愛媛大会は、いよいよ決勝を残すだけとなりました。

改元をはさんでの春夏連続か?2010年以来9年ぶりか?

準決勝が終わった直後から、あすに向けた準備が行われていました。

さぁいよいよ決勝.jpg

甲子園まであと1つ!決勝の模様はぜひeatでお楽しみ下さい!

3連覇の夢、ついえる2019年7月26日

「キャプテンとして力不足だった。申し訳ないと思っている」

済美の芦谷主将は試合後、汗と涙が頬をつたう中、搾り出した答えの多くは、敗れたことについての反省の弁でした。誰よりも強く願った愛媛大会3連覇。その一方で、現チーム結成以降はエース不在の投手陣、センターラインに1年生が起用されるなど、昨季とは違う戦力をまとめる立場を担うことに。

「僕は甲子園に連れて行ってやれなかったけど、1、2年生はまだ可能性があるから、甲子園に行ってほしい」

取材陣から離れてダッグアウト裏に移動すると、ヒザを床について涙を流しました。目標を果たせなかった悔しい気持ちが募る中でも、根底には揺るぎない思いがあるようです。

「中矢監督をはじめ、いろんな方々に教えていただき、済美で野球ができてよかった」

夏空の下で.jpg

大会11日目松山第2試合/今治西7-0済美(7回コールド)

愛媛大会はいよいよベスト8が出そろいました。大会の冒頭、雨天順延した影響もあり、今年は準々決勝が1日で行われることになりました。一気に4強が決まる大会13日目。ぜひ熱戦の模様はeatで!

主将としての心構え2019年7月24日

11回表、味方投手のボークで勝ち越しを許した後も、それまでと変わらずグラウンドに転がるバットを拾い上げ、相手チームの選手に手渡す姿がありました。11回ウラ、逆転サヨナラ勝ちを収めた後。校歌を歌い終えると相手チームへ一礼してから、一塁側スタンドへあいさつに走り出す姿がありました。創部以来初の夏2勝を挙げた伊予農業の主将・堀内捕手です。

「どんな試合でも相手がいてからこそ。敬意を払ってグラウンドに立つのが大事だと思っています」

そして、自らの仲間には、どんな状況になっても“笑顔”で振る舞うことを心がけます。それでも…。

「1回戦打ててなかったし、先制されて焦っていました。テンパることはしょっちゅうありますが、なるべく表に出ないようにしています」

そんな中、打席では出塁することだけを強く意識。ついに2回戦でヒットが出て、気持ちが楽になったのもあったか(サヨナラヒットを打った)一色選手には“自分で決めてこいよ”とハッパをかけていました。そして、2者が生還した後、一色選手の下へ誰よりも早く駆けつけたのは、堀内主将だったような。

「2回負けそうになりましたが、諦めずに頑張った甲斐がありました。次の試合も自分たちの野球をして1つでも多く勝ちたいです」

夏2勝伊予農業.jpg

大会9日目松山第3試合/伊予農業6-5松山中央(延長11回)

突然の雨2019年7月22日

21日(日)予定されていた3つの試合が終わった直後、球場通路を歩いていたら突然降り出した強い雨。

突然の雨.jpg

今年の高校野球は1日目から一部日程を順延させるなどして、当初の予定よりも少し遅れて2回戦に入りました。今年はスッキリしない天気が続いていますが、梅雨明けが待ち遠しいですね…。

22日(月)松山の3試合は雨天のため、翌日に順延となりました。

選手たちの入退場を見つめるのは2019年7月18日

坊っちゃんスタジアムの正面玄関1階ロビーには、59個のボールが飾られています。

坊っちゃんスタジアム正面入口.jpg

スーパーJチャンネルえひめ内「高校野球学校紹介」にあわせて、各チームの取材時に主将に依頼して制作している“球心”です。ボールにはチームや主将が大切にしている言葉が1つずつ書かれています。

きょうも戦いに向けて入場してくる選手たち。そして、戦いを終えてスタジアムを後にする選手たちを、静かに見守っています。

悔いはある、けれど良い思い出。2019年7月15日

夏の高校野球愛媛大会の開幕試合「北宇和対今治北」は15日、2日遅れで行われました。雨の中、北宇和のエース・大野投手は「試合に勝つ」と胸に誓い、調整に励んでいました。

迎えた試合当日、序盤は投手戦に。三振を重ねる相手エース左腕に負けじと右腕を振り、アウトを重ねていきます。しかし、5回に4連続タイムリーで4点を失うと、その後も失点を喫し、途中マウンドを譲る場面もありました。

「序盤はストレートを生かした自分らしいピッチングができたと思います。マウンドを譲ってからも、もう1度投げるんだという気持ちはありました」

8点差がついた7回ウラ、2アウトから打席に立ちましたが、三振で試合を、高校野球を、終えることになりました。

「部員不足で連合チームも経験したし、礼儀やきつい練習に耐える力も身につけられたと思います。負けて悔いはあるけれど、坊っちゃんスタジアムで開幕投手として投げられたことは良い思い出になりました」

来年は1勝できるように頑張ってほしい、果たせなかった思いを下級生に託し、球場を引き揚げました。

大会2日目坊っちゃんスタジアム.jpg

今治北8-0北宇和(7回コールド)

いよいよ開幕!したけれど...2019年7月14日

101回目を迎えた全国高校野球選手権。愛媛大会は13日雨のため、開会式が一部省略されて行われました。入場行進などが見られなかったのは残念でしたが、松山北の山本主将が選手宣誓を堂々披露し、雨音に負けない大きな拍手が送られました。令和初の節目だけでなく、200回大会へ向けた思いにも触れたことについて、開会式中継の特別ゲスト・長島三奈さんは「壮大なスケールの宣誓でしたね」と大絶賛していました。開会式の後の開幕試合に続いて14日も雨天中止。この先も天気が心配されますが、できるだけ選手たちのパフォーマンスが発揮されるよう、心よりお祈りしています!がんばれ!愛媛の高校球児たち!

開幕前日.jpg

(※写真は開幕前日の坊っちゃんスタジアムです)

首位山形と勝ち点わけあい、リーグ後半へ!2019年7月 8日

J2第21節「愛媛対山形」は両者スコアレスで、勝ち点1を分け合う結果となりました。同じフォーメーションでの対戦だったこともあり、序盤から相手の様子を探り合い、パッと見て低調に感じられる攻防となりましたが、いつ導火線に火が着くのか?ライブで見ているからこその、ジリジリした空気は、とても緊張感があって面白かったですね。愛媛は後半途中から組織で圧力を掛けながら個で仕掛けていく場面も見ごたえがあり、できれば勝ち点1を3にできたのではないかという気もする試合だったように思います。山形の木山監督は試合後の会見で、愛媛の戦い方について「主体性を持ってボールを回す動きがよく刷り込まれているなと感じた」と表現していました。

試合後の談話です。川井監督「勝ち点1だが、プラス2欲しかった。連戦と暑さの中、首位相手に100%やれた。チャンスを作ってのノーゴールだったが、そこでの得点力不足というより、もっとチャンスを作り出すことにフォーカスしたい。リーグ折り返しに差し掛かったが、ちょっと前進したかなと。手ごたえはあるし、やろうとすることは変わらないし、肉付けできていると思っている。山形にはセットプレーの対策を行ったくらいで、それ以外はしていない。選手たちの判断力が上がっていると感じる。下川も個人のパフォーマンスが上がっていると見れるが、周囲のお膳立てもできているからこそというのもあるのではないか」

FW神谷選手「首位と堂々とやれた。チームの順位は低いが、勢いがあるし、トゥーロンから戻ってきて状態も上がってきた。リーグ後半戦も頑張りたい」

MF長沼選手「リーグ前半戦を終えて攻撃での良さも出ているが、やはり守備の課題が残っている。ただ、チームには課題を克服しようと、よりよい方向へ改善しようというサイクルができている。これから夏を迎えるが、暑すぎるのも寒すぎるのもちょっと苦手。でも僕らは相手よりも多く走らないとダメなんでとにかく走ります」

DFユトリッチ選手「山形の阪野は前にも後ろにも動き回るタイプだが、うまく対応できた。チームの中で与えられた役割をこなし、守りきれたことを満足している。次は攻撃で貢献したい。そのうちチャンスは決められると思っているので(笑)」

FW吉田選手「カウンターでチャンスは作れたが、点を取るのが難しかった。善戦はしたと思うが、上位に行くためには、こういう試合を勝たないといけない。後半戦は今のやり方を継続していくこと。まず失点しないこと。そこから流れを呼び込んでいきたい。守備はかなり落ち着いてきているので攻撃陣としてはありがたい」

次節からはリーグ後半戦に突入します。13日(土)午後6時~山梨中銀スタジアムで甲府戦です。

首位山形、そして木山監督を迎え撃つ!2019年7月 6日

J2第20節の栃木SC戦は終盤…いやいや最終盤での大逆転!2-1で勝利を収めた愛媛FC。天皇杯2回戦・徳島戦は120分のスコアレス、そしてPK戦の末に惜敗しましたが、いよいよJ2はリーグの折り返しが目前に。第21節は首位を快走する山形、そして愛媛でプレーオフに導いた木山監督を迎えてのホームゲームです。難しい試合になるとは思いますが、期待しないわけがない!ぜひ勝ってリーグ後半戦を迎えよう!7月7日(日)午後7時~ニンジニアスタジアムでキックオフです。個人的には、長女が生まれた有田選手の“ゆりかごダンス”が見たいなーっ。

アナウンサールーム

アナウンサー
坂口 愛美

■坂口 愛美

吉井 万結

■吉井 万結

石本 桃子

■石本 桃子

斉藤 初音

■斉藤 初音

大沢 寧工

■大澤 寧工

市脇 康平

■市脇 康平

村上 健太郎

■村上 健太郎

戸谷 勇斗

■戸谷 勇斗

月別ブログ

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • オカンは俺より野球が好き
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅちゅ
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • JA共済Presents 愛ある農産品 えひめこだわりさがし

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です