県内ニュース

ニュース投稿

2017年02月21日(火) 19:38

松山市が耐震診断の結果公表

松山市内にある古い耐震基準で建てられた公共施設やホテルなど大規模建築の耐震診断の結果が公表されました。14の施設が震度6強以上の揺れに耐えられない可能性があります。これは松山市が、耐震基準が変わった昭和56年1981年の5月以前に建てられた大規模建築について、所有者に耐震診断とその結果報告を求め、取りまとめたものです。対象はのべ床面積5000平方メートル以上、ないしは学校や保育所などで63施設中14施設が震度6強以上の地震で倒壊する危険性があると診断されました。公共施設では、県庁の本館・第二別館、県議会議事堂、市が所有する松山市二番町駐車場などで、民間施設では、道後や中心市街地にある7つのホテルと2つの病院、そして松山市駅に隣接する立体駐車場が危険性を指摘されています。この診断結果は市のホームページで公開されていて、市では民間施設に対しては、耐震工事の費用補助などを活用し、速やかに耐震化を進めるよう呼びかけています。

Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です
週間番組表
  • eatみんながカメラマン
  • スーパーJチャンネルえひめ
  • ちかくナルナル なるちか!
  • らぶちゅ2
  • JA共済Presents えひめ農産品だより
  • ON&OFF~えひめリーダーの素顔~
  • ふるさと応援TV えひめのミカタ
  • 交通安全 ココワンTube♪
  • グッチョイ!
  • 放送番組の違法配信撲滅キャンペーン

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFマークがついてるコンテンツはAdobe Acrobat Reader4.0以上が必要です
Get Adobe FlashPlayer
このサイトをご覧になるためにはAdobe Flash Player7以上が必要です